无标题文档
現在位置: ホーム > 投資・東莞 > 園区概況
銀瓶創新区
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2016-12-16 [このページを印刷]    [クローズ]

銀瓶創新区

  銀瓶創新区の戦略的な位置付けは、国家知能製造産業発展の新高地、珠江デルタにおける新発展を実施する新しいプラットフォーム、広東国営企業投資開拓の新キャリア、東莞産業タイプ転換グレードアップの新模範区、新型都市農村化を推し進める生態知恵新都市を主に建設することです。
   その中で、広東粤海ハイエンド装備技術産業パークプロジェクトは東莞市謝崗鎮の北部に位置し、計画総面積は17.4平方キロメートルに達しています。企業パーク進出を含む総投資額は600億元以上、総出来高は3000億元に達する見込みです。当該プロジェクトは知能製造、ハイエンド装備、精密製造など産業を主導産業とします。初期産業は自動車重要部品の生産、設計、研究開発、教育トレーニング、物流貯蔵、金融サービス、ビジネス展示などを含みます。

   粤海プロロジスeビジネス物流プロジェクトは、銀瓶創新区の最初産業プロジェクトであり、初期面積は336ムー、総計画面積は約1500ムー、竣工後総建築面積は約80万平方メートル、予測総投資規模(進出した客先の二次投資を含む)は約30億元(RMB、以下も同じ)に達します。当該プロジェクトは広東省乃至珠江デルタの海外、国内eビジネス企業ワンストップeビジネス企業物流サービスプラットフォームを建設し、eビジネス生態圏を集積します。
   粤海環普工業パークは核心製造をメインとし、「ハイエンド自動車製造産業基地」と「サプライチェーン一体化見本パーク」として建設します。当該パークでは自動車部品、自動車電子事業を主に発展させ、次第に新エネルギー自動車部品の核心製造業まで広め、粤海産業パークの全体産業と付属施設の発展を有効にサポートすることができます。当該プロジェクトの初期敷地面積は約392ムー、工業パーク投資額は約6億元に達しています。

 


左上図:中央ビジネスエリア、右上図:全景鳥瞰図
左下図:西部鳥瞰図、右下図:中央ビジネスエリア

 

 

 

 

 


无标题文档