无标题文档
現在位置: ホーム > 投資・東莞 > 園区概況
松山湖(生態パーク)概況についてのご紹介
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2016-12-16 [このページを印刷]    [クローズ]

松山湖(生態パーク)概況についてのご紹介

 


  松山湖(生態パーク)は東莞幾何中心、「広州、深セン、香港」の黄金廊下ヒンターランドに位置し、南には香港、深センに臨み、北は広州と接し、パーク総面積は103平方キロメートルに達しています。当パークは東莞の科学技術中心と革新中心の構築を目指し、リサイクル経済の発展、生態文明の構築に力を入れており、東莞のモード革新、構造調整、産業グレードアップ、都市農村品質の向上、「一中心四ユニット」という都市レイアウトを発展させる重要な核心構成部分であり、核心で発展を駆動する全市の集積区、主力軍と加速器です。
  設立してから現在まで、当パークの発展過程は以下の三つの段階に分けられています。つまり、一は初期創設発展段階です。2001年、松山湖科学技術産業パークを設立し、計画制御面積は72平方キロメートルに達しています。2006年、東莞生態産業パークを設立し、計画制御面積は31平方キロメートルに達しています。二は加速発展段階です。2010年9月、松山湖は国家ハイテク産業開発区として昇格しました。2011年、生態パークは広東省初回省級リサイクル経済工業パークとして承認されました。2012年、生態パークは国家建設生態模範工業パークとして承認されました。三は革新で発展を駆動する段階です。2014年12月、市委員会、市政府は、松山湖ハイテク産業開発区、東莞生態パークを統括して発展させ、東莞の科学技術中心と革新中心を作り上げることを決定しました。2015年9月、当パークは珠デルタ国家自主革新模範区に加入しました。現在、当パークは全国ハイテク産業開発区の総合実力ランキングは2013年の第53位から2015年の第30位まで上がりました。
    


 当パークは終始、科学技術革新で牽引し、革新で発展を駆動することを核心戦略とし、全面的に各項目の改革を執行し、着実に各業務を遂行し、伝統的な発展方式を次第に廃棄し、新しい発展動力が形成されるようになり、革新発展成果が次第に現れるようになり、東莞の科学発展観の遂行、生態文明の構築、革新で発展を駆動することを執行する生き生きとした見本と安定成長構造転化方式の実施、ハイレベル復興を実現する重要なプラットフォームとなりました。
  一は生態に優れた都市枠の構築。当パークは、「科学技術は山水と共に一色し、新都市は産業と共に飛躍する」、「生態は産業と並行して進め、創業と過ごしやすいことが併存する」という計画理念をめぐって、生態環境保全に有利する内核式圏層構造レイアウトを取り、産業集積発展に有利する機能区域レイアウトを取り、自然生態環境と人工施設を有機的に結合します。発展初期には当パークが高い起点と高い基準で生態環境と都市インフラ、付属施設の建設を行い、松湖煙雨、月荷湖公園など総面積が350万平方メートルに達した生態公園を建設し、グリーンカバー率が60%以上に達した国家4A級景勝地となりました。下沙湿地、燕嶺湿地、大圳埔湿地と中央水系など敷地面積約650万平方メートルに達した国家都市湿地公園を建設しました。また、300キロメートル以上の道路と生態芝生道路を建設し、道路沿線の通信、電力、給排水、ガスなどインフラを建設しました。大量資金で水改善と湿地改造工事を通して、「一つ水系、二つ排出経路、三つ排出ステーション」という区域性の水改善工事を通して、当パーク水生態修繕を実現しました。優れた生態環境はパークの著しい優勢であり、すでに松山湖(生態パーク)の輝きポイントとブランドとなりました。
  二は初歩的な規模となった産業群が形成されました。当パークは「4+1」現代産業体系の構築に力を入れており、ハイエンド電子情報産業レベルをアップし、バイオ技術産業の促進を強化し、ロボット産業を重点的に発展させ、新エネルギー産業の発展を速め、カルチャークリエティブ、eビジネスなど現代サービス業の育成発展を積極的に行います。「4+1」産業体系をめぐって、相次いで大学創新城、台湾高科技パーク、両岸バイオ技術産業提携基地、中以産業パークと国際ロボット産業基地など産業プラットフォームを築いて、現代産業を発展させるには広い発展スペースを提供しました。当パークには相当な規模のある工業企業は68社、相当な規模のあるサービス企業は33社、限度額以上卸し小売業は13社あります。華為機器、華為末端本社、中集グループ、新農源、宇竜通信、生益科技、易事特、普聯、東陽光薬業本社、大連旋盤、光启、普門科技、合泰半導体など数多くの国内外業界のリード企業、かつ350社の発展潜在力の強い中小科学技術企業が進出しました。現在、上場企業は20社、上場予備企業は14社あります。
  三は完璧な革新生態体系を築きました。当パークでは、革新で発展を駆動する戦略を実施し、企業を主体とし、人材を核心とすることを堅持し、各種革新要素の集積に着眼し、人材、ハイテク企業、孵化器、加速器を一体とする革新生態体系を立てます。ハイレベル人材募集に力を入れており、博士と修士を3400名余り募集しました。そのうち、17名国家「千人計画」専門家、2名広東省先頭人材、37名東莞市革新創業先頭人材を含みます。ハイテク企業育成を強化し、国家ハイテク企業107社あり、省ハイテク企業育成庫に入った会社は51社あります。企業に対して核心技術の把握を促進しています。ハイテク企業の育成に着眼します。2015年まで、当パークは2.33億元科学技術発展専門資金を投入し、企業の核心技術開発を助成し、絶対値エンコーダー技術を持つ盈動高科会社、開放ロボット視覚とプログラミングシステムの李群自動化会社など数多くの核心技術の科学技術企業を成功に育成しました。大孵化器戦略を実施します。現在、国家級孵化器4社、国家級衆創空間5社、省級衆創空間8社、市級孵化器15社、新型研究開発機構24社、孵化キャリア面積は100万平方メートル近くに達し、孵化企業は550社を超えました。科学技術金融産業融合の発展を促進し、金融サービス企業は60社近くを導入し、5つの政府助成基金を設けました。
  四は便利で完璧な都市サービス施設を設けました。当パークでは、産業都市融合の発展理念を堅持し、付属施設の建設と都市管理業務に着眼し、企業と従業員に対して便利な生活環境を提供しています。商業住宅付属施設において、万科生活広場、クリエティブ生活城などショッピングエリア、レンタル住宅3849戸を投入使用し、工事中のレンタル住宅は約8000戸に達し、台科ガーデンショッピング歩行者天国と台湾園両岸バイオ技術総合ビルという二つの新しい商業付属施設が計画されています。教育施設においては、東莞理工学院、広東医科大学、東莞職業技術学院、東莞市職業教育城、東莞中学松山湖学校、東華学校、実験中学、中心小学校、実験小学校、芸鳴幼児園など数多くの学校があります。高等教育から幼児教育までの完璧な教育チェーンが形成されるようになり、「松山湖で学ぶ」という教育ブランドを打ち出しました。インターネットサービスにおいては、知恵パークを作り上げ、無料WiFiは20平方キロメートルをカバーしています。今年はパーク全体をカバーする予定です。乗客が公衆バスで無線ネットと市全域バスのリアルタイムオンラインアクセスをすることができます。「松湖無限」というAPPオンライン支払サービスを提供しています。医療衛生付属施設においては、コミュ二ティー衛生サービスを完備する上で、社会資本の導入と漢方医学薬品の発展に大いにサポートし、すでに広州漢方医学薬品大学国医堂、泓徳漢方医療外来診療部を開設しました。東莞第二人民病院の建設を推し進め、生態パーク病院の建設を計画しています。文化生活においては、定期的に松湖大講堂を開催し、松湖LIVEなど文化ブランドイベントを行います。クリエティブ集会は毎週週末行い、初回東莞科学技術マラソンを成功に主催しました。政務サービスにおいては、科学革新、産業発展と人材業務を核心とする行政サービス枠を築きました。「一つの窓口で取り扱う」、「ワンストップサービスの企業サービスモード」を執行し、「不執行」という責任検査メカニズムを実施し、パーク管理サービスレベルをアップします。  


  今後、当パークは「革新、協調、グリーン、開放、共に享受」という五大発展理念の実行に努力し、革新で発展を駆動することを趣旨として、珠江デルタ自主革新模範区の全面的な建設を総目標とし、大胆に探索し、改革革新を行い、「1+2+N」という東莞自主革新模範区の各計画を着実に実施し、区域内提携で開放提携新レイアウトの構築を全面的に推し進め、珠デルタ国家自主革新模範区の建設において前列を並べることに力を入れます。2020年まで、松山湖(生態パーク)が全国国家ハイテク産業開発区の総合ランキングにおいて20位前後をリンクするように努力し、東莞の総合的な実力と都市地位とマッチングします。2025年、松山湖(生態パーク)は全市経済総量10%以上、全国国家ハイテク産業開発区の総合ランキングは18位前後、東莞GDPが全国大中都市でのランキングを上回り、全市革新新資源の最も密集、輻射牽引力の強い革新中心地になるように努力します。全市生態環境が最も奇麗で、都市機能完備の現代都市、全市企業成長環境が最も優れ、経済貢献度の大きい経済増長極となり、全市人口の素質が最も高く、人材構造に優れた人材高地になるように努力します。


无标题文档