无标题文档
現在位置: ホーム > 投資・東莞 > 園区概況
沙田鎮虎門港についてのご紹介
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2016-12-16 [このページを印刷]    [クローズ]

沙田鎮虎門港についてのご紹介

 


 

   沙田鎮、虎門港は東莞市の西南部、珠江出海口獅子洋の東岸にあり、面積は約111.5平方キロメートルであり、広州―東莞―深セン―香港など都市発展軸帯の中央と外向型経済発展の飛躍的な珠デルタ経済圏の幾何中心地に位置し、交通ネットが四通八達、すでに開通した広深港新幹線、広深沿江高速道路、港口大道、工事中の穗莞深都市軌道、虎門二橋、及びこれから着工する番莞高速道路、沿海道路など省、市交通中枢道路は鎮港を経由してインターチェンジ或いはステーションがあります。鎮港はそろそろ広州、深セン、東莞と半時間距離の同都市化時代を迎えてきて、香港、マカオ1時間の便利な経済圏に入ります。そのうち、沙田鎮が管轄している16の村委員会と2つのコミュ二ティーの戸籍人口は4万人余りに達し、「魚米の郷」と称せられており、「全国農業先進機構」と認められ、中国港湾物流重鎮、全国竜の形に飾った船の郷、中国水上民歌(咸水歌)の郷、国家衛生鎮、広東省教育強鎮、広東省庭園都市です。沙田は典型的な濱海水郷特色町であり、伝統的な文化が深く残され、疍家文化が豊かであり、疍家風習が多く保存されており、沙田咸水歌は省非物質文化遺産です。竜の形に飾った船の歴史は長く、沙田の竜の形に飾った船チームは国家を代表して国際試合に参加したことがあります。全部で13枚の金メタルを獲得しました。虎門港には条件が備わって開発規模のある53キロメートルの深水岸線があり、航道水深さ-13メートルに達し、国家一類港湾、東莞市竜頭パーク、東莞市対外貿易eビジネス産業パーク、初回台湾直行便港湾の一つ、全省最初の内貿無水港プロジェクトの港湾、東莞最初の国家級特殊政策を享受するパークである東莞保税物流センターがあり、計画開発埠頭岸線は22.3キロメートルに達し、計画バースは100個あります。主に西大坦、立沙島、新沙南作業エリアという三大区域を開発します。積卸保存運輸、移転取替、保税物流、臨港産業、区港連動、ビジネスサービスレジャー観光など機能があります。


   


 2012年年末、東莞市委員会、市政府が統括発展の重大な方策を公表しました。鎮港は安定する同時に進歩を求める業務遂行姿勢をもって、経済発展の新状態を主動的に適応し、「強港湾、興産業、育新城」という総体アイデアを確立し、人力、施設や環境など資源を整合し、港湾輻射牽引という役割をよく果たし、区港連動、産業都市融合を着実に執行し、臨港産業集積発展を速め、総合保税区、西大坦現代物流貿易集積区、立沙島精細化学工業産業パーク、泥洲島ハイテク産業集積区、新沙南穀物油加工製造産業区、沙田南部産業加工区など六大産業集積区の建設を計画し、珠江口に立脚し、穗莞深と繋がり、珠江デルタをサービスし、国内外に面する珠江口東岸臨港現代産業集積区における核心エンジンと濱海水趣という特色のある生態港湾新城を建設し、東莞をさらに一段と復興させることをサポートします。
統括2年来、鎮港の発展は速い道に入って、すばらしい態勢が呈しています。2014年、鎮港総生産高は93.38億元、同期比9.2%増、規模以上工業増加値は43.33億元、同期比9%増、財政総収入は10.74億元、各税収総額は20.12億元、同期比30%増、全港貨物取扱量は1.3億トン、その中で鎮港総貨物取扱量は1.06億トン、コンテナー取扱量は289.23万標準箱、その中で虎門港グループコンテナー取扱量は229.36万標準箱、同期比51.6%増、増加幅連続3年間全国百万以上標準箱コンテナー港湾の第一位を保っており、珠江デルタ二大目貿易港湾区となりました。保税物流センター対外貿易輸出入貨物総金額は65.21億米ドルに達し、全国保税物流センター(B型)四強にランクされています。

経済発展



无标题文档