无标题文档
現在位置: ホーム > 投資・東莞 > 園区概況
新区概況
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2016-12-16 [このページを印刷]    [クローズ]

  長安新区計画面積は20.36平方キロメートルであり、そのうち、海域面積は約12平方キロメートル、陸地面積は約8平方キロメートルです。新区の立地条件がよく、珠江デルタ東部の経済廊下、交椅湾の幾何中心地にあります。南部は深センと隣接しており(海より25キロメートルの距離)、北は東莞経済強鎮である長安と虎門に近く、西は珠江と広州南沙に臨み、区域交通の優越性が著しく、一時間交通圏内に、「1本の都市間鉄道、2本の高速道路、3つの国際空港、四大重要港湾、5本の都市軌道交通」という複合交通資源が形成されるようになり、環珠江口「国際湾区」の重要な空間スポットであり、また珠江口湾区における最後の面積最大の処女地です。

  長安新区は「濱海明珠」の発展方向を強くめぐって、海洋産業を主導とする現代サービス業は産業位置付けとして、海洋産業集積中心、海洋文化体験名都、海洋生態国際湾区と幸せで調和が取れて住みやすい都市を発展目標として、江空海隣接というメリットにより、海洋経済開発の力に頼り、「深ブルー新区」の建設に力を入れ、ハイレベル竜頭、新型海浜都市の模範と環珠江口の国際湾区になるように頑張っています。

  市委員会、市政府の正確な指導のもとで、各級各機関の大力なご支持のもとで、長安新区は東莞将来発展の重要な戦略プラットフォームとなる見込みです。2012年初め、長安新区区域建設用海計画は国家海洋局の審査に合格し、全国開発建設の促進において信頼性のある基礎を定めました。2013年3月、交替した新区指導者たちは、先人のものを集大成して、新しい分野を切り開いて、「進駐、収地、建路、開河、囲補、強基」という十二文字方針をめぐって、積極的にポイント業務を執行し、計画改善を続け、プラットフォーム構築を加速し、深ブルーを築いて前進し、新区開発建設において新しい局面の打開に力を入れています。

无标题文档