无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
加博会は初めて海外でプロモーションを行い、国際化のプラットフォームを建てる
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-03-21 [このページを印刷]    [クローズ]

加博会は相前後してインドネシア、マレーシア、タイでイベントでプロモーションを開催する

11期中国加工貿易製品博覧会(以下は加博会という)は間もなく来月に開催する。3月以来、加博会事務局の事務総長、商務庁副庁長である陳越華はチームを率いて海外に行ってプロモーションを行い、相前後してインドネシア、マレーシア、タイなどの3つの国家に行った。調査によると、これは加博会が開催して以来、初めて海外でプロモーションを行ったのだ。

調査によると、輸出要素は第11期加博会の重点的に際立っている「4つの要素」の1つである。今期の展会では十分に輸入で消費を高める、構造を調整する、開放規模を拡大する重要な効果を発揮し、的確に海外企業を始め展示に参加することを組織して、国際化のプラットフォームを建てて、海外の優質製品が加博会のプラットフォームを通して国内市場に入ることを促進する。

インドネシアの首都ジャカルタは今回の加博会の海外シリーズのロードショーのイベントの第1駅であり、現地の150数名商協会の代表者と企業の代表者が参加した。我が国の在インドネシア大使館の公使と経済商務参事官である王立平、印中商務理事会の常務副理事長である許再山はイベントに出席して挨拶した。

陳越華は主旨講演を行い、広東省の新しい「外資10条」の積極的に外資を利用して、広東・香港・マカオ大湾区の発展チャンスを捉えて対外開放のレベルを高めるなどの情況を紹介した。彼は、広東・香港・マカオ大湾区の建設は広東新時代における改革開放に重大な発展プラットフォームを提供して、広東が全力で広東・香港・マカオ大湾区の建設を進し、積極的に「一帯一路」建設に参与し、積極的に新しい「外資10条」を実行して外資利用を拡大し、貿易強省の建設を加速し、より高いレベルの対外開放を引き続き推進すると指摘した。彼は、広東はずっとインドネシアとの経済と貿易の協同関係を重視して、インドネシア企業が組団して第11期加博会に参加して、ビジネスチャンスを探して、共に発展をはかると語った。

ロードショーの第2駅はマレーシアクアラルンプールであり、陳越華は加博会と広東省開放型経済の発展チャンスを巡って主旨講演を行った。現地政府部門、商業貿易の企業、メディアの代表などの160人は会議に参加して、来賓は加博会と仕入れに対して積極的に応対する以外、いっそう広東の新しい「外資10条」に対して、広東・香港・マカオの大湾区の発展の見込み、企業に支持して革新などを研究開発するように支持する注目個所の問題に対して濃厚な興味を表した。

タイバンコクで、加博会は海外のロードショーの第三場のプロモーションを開催した。推薦・紹介はタイ中華総商会、タイ華人青年商業会議所、タイ中商工業連合総会などの主要な僑界の商業団体の支持を得て、70余り機関からの180数名のタイの華僑指導者、賓客代表者がイベントに参加した。イベントは良好な効果を得て、現地の商工業の企業界は加博会と広東の経営環境に対して濃厚な興味を表して、特にいくつかの食品企業と商業貿易流通協会はその場で展示に申し込んだ。

代表団は現地メディアの広範な関心を持たれて、イベントの準備段階で積極的に報道を行ったのだ。

出所時間網


无标题文档