无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
明門会社は何度も東莞で増資拡張目前で第四間の工場を建設している
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-04-01 [このページを印刷]    [クローズ]

■加博会の参与者である明門(中国)幼児用品有限会社が生産した乳幼児製品

「それは私達が建設している第四間工場であり、土木建築だけでの投資は5.5億元に達して、建築面積は14万㎡を上回って、ハイエンドのオートメーション化倉庫、オートメーション化生産現場を建設する。」明門(中国)幼児用品有限会社(以下は「明門会社」という)の副社長である宋志釗は記者に教えた。

「今年の加博会、私達は重点的にドイツレットポイント賞を獲得した製品を展示する。」宋志釗が語って、2009年から、明門会社は毎年にも加博会に参加する。展会の推進で、この会社に属する2つの自主ブランドがヨーロッパと内陸での売上高は年平均増長しつつあり、その中のJOIEブランドの幼児用品はイギリス市場での占有率は1位になった。

何度も東莞で増資拡張した

1993年に成立した台資企業である明門会社は世界で有名な幼児用品の設計開発と生産販売に従事している企業であり、主に自動車の安全座席、ベビーカー、ベビーベッド、高足椅子などの乳幼児製品を研究開発・生産・販売していて、すでに同類業界の有名な企業になった。去年の売上高は30数億元に達して、その上関連企業を加えて、総売上高は50億元を上回った。今年の第1四半期の販売は18%増加した。

東莞に定住してから、明門会社はすでに連続して何度も増資拡張して、現在のところは第四間工場を建設している。プロジェクト計画は2021年末に竣工して生産し始めて、300万台のベビーカーと部品の製品の生産能力が新たに増加する。

宋志釗は明門会社は東莞で連続して増資拡張して、一方は東莞の投資環境を期待していて、一方は製品が市場で広く歓迎を受けたのだ。明門会社は去年各類の製品の年間生産量は1200万件を上回って、主に欧米地区に売って、すでに欧米市場の当該製品の最大のOEM/ODM/OBMメーカーになった。

宋志釗は記者に教えて、会社が急速に発展するのが主に企業の研究開発革新とブランドの戦略のおかげである。調査によると、2004年に、明門は真っ先に国内初めての衝突テスト設備を導入して、国内初ての自動車用チャイルドシートの製品の衝突試験の実験室になった。2017年、明門会社は国家ハイテク企業に認定され、毎年の研究開発の投入は販売収入の3%以上を占めた。「会社の万人近くの従業員の中で、12%は科学技術の研究開発人員である。」と宋志釗が語った。

ブランドについて、現在のところ、明門会社はNUNAJOIEなどの2つのオリジナルブランドを持っている。ここ数年来、この2つのブランドはヨーロッパと中国大陸での売上高は年平均増長しつつある。宋志釗は去年、この2つのブランドの販売収入は明門会社の総販売収入の15%以上を占めたと語った。

加博会で10数個の最新シリーズの製品を発布する

NUNAは主に海外市場に向かって、JOIEは主に国内市場に向かっている。しかし思い付かないで、JOIEがイギリスの幼児用品市場での占有率は1位になった。」宋志釗が語った。

どうして専門的に国内販売するブランドがイギリスでこのようによく売れているか。宋志釗は記者にその中の秘密を教えた。JOIE製品はイギリスと中国のデザイナーが共に設計したので、イギリスのデザイナーは外観設計を担当して、中国のデザイナーは構造設計を担当した。「同時に、JOIEがイギリスでの販売責任者は以前にサッカースポーツ選手だったので、イギリスに大量の資源を持って、だからブランドの普及が良くて、消費者の受け入れる程度がより高い。」と宋志釗が語った。

宋志釗は、加博会は企業のために国内と海外市場を開拓して1つの優良品質のマッチングプラットフォームを提供して、企業に国内販売市場の開拓する難題を解決するように協力して、企業の国際市場を開拓することもプラス影響を発揮する。今年の加博会で、NUNAJOIEなどの2つのブランドの最新製品を発布して、大体10数個のシリーズがある。多くの製品はすべてドイツレットポイント賞を獲得した。NUNAブランドのDEMI growベビーカーなど。

DEMI growベビーカーはファション、機能性などの特徴が強く、手提げのかご、睡眠箱、座席を加えて、異なる家庭の需要を満足させ、二子がいても、新しいベビーカーを買う必要がなくて、とても実用的である。」と宋志釗が語って、売価は1万元を上回ったが、ヨーロッパ市場でとても人気があるのだ。

出所時間網


无标题文档