无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
拓斯達は業界のリーダーになって知能製造のために「東莞方案」を貢献する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-04-01 [このページを印刷]    [クローズ]

■拓斯達の生産現場

広東拓斯達科学技術株式有限会社(以下は「拓斯達」という)の仕事場に入って、工業ロボットが部類別によって整然と並んでいて、コンピュータのプログラミングによって現場のデモンストレーションは気勢が高い。多軸サーボマジックハンドが柔軟に操作していて、自動溶接、磨上げなどの複雑な工業手続きが整然としていて、簡潔明快で、人に無人、知能、高効率、安全などの未来工業の将来性を期待している。

拓斯達は2018年に東莞市役所の品質賞に入選された3社の企業の1つである。工業ロボットを主要業務とする上場企業として、拓斯達はこの数年において業務が急速に発展していることを維持して、中国知能製造のために「東莞方案」を貢献して、業界のリーダーになった。

乗り越えて発展して、オートメーション化の応用に取り組む

「東莞市役所の品質賞は市役所が公布した最高な品質賞であり、2年に1回公布して、毎回に3つの定員で、競争はとても激烈で、条件がとても厳格で、この賞の純度はとても高い。」拓斯達の理事長である呉豊礼が語った。

拓斯達が工業ロボットの生態システムと全体オートメーション化のソリューションに取り組んでいて、国家級のハイテク企業であり、会社は2018年に営業総収入が11.98億元を実現して、同時期と比べて56.73%増加して、そのロボット製品と工業ソリューションはすでに「一帯一路」沿線の多数国家で売れている。

2007年、軍隊出身の呉豊礼は東莞で拓斯達を創設して、2枚のデスク、1台のコンピュータ、50万元からやり始めて、10数年時間で飛躍的発展を実現した。創立してから、拓斯達はずっと工業オートメーション化の事業に取り組んでいて、2010年にマジックハンドを開発して、オートメーション化のシステム出力キャリアになって、2012年に国家ハイテク企業の称号を得て、2014年に新三板で開業し、2017年に創業市場をログインした。

会社の創立から資本市場に入るまで、全省初の創業市場で発売するロボット企業になって、拓斯達はただ10年時間を経ていた。

急速に急上昇するその前の数年間を経験して、拓斯達の業績は倍増して、企業の知名度も上がり始めた。但し、「速いことより穏やかのほうがいい」を信奉している呉豊礼は足どりを緩めて、発売を新しい起点にして、自分の技術と製品に取り組んで、絶えずに修行している。

修行に取り組んで、コア制御技術を掌握する

東莞で、知能製造に従事している企業がたくさんあって、拓斯達はどのように包囲を突破して東莞市役所の品質賞という品質に関する最高賞に入選されたのか。「会社はチームの建設と人力資本価値を重んじて、新技術の開発と自主的研究開発を重視して、業界の重点技術を探求する勇気をもって、市場マーケティング企画を重視して、直ちに業界の発展機会を捉えて、内部の技術革新によって、効果的に会社のコア競争力を高めて、これらは会社が包囲を突破する原因である。」と呉豊礼が語った。

2014年に拓斯達は真っ先に「機械で人工を交替」政策に応えて、初めてロボットの研究開発を起動した。2年以内に多くの領域の工業ロボットのオートメーション化、整工場水電気システム、セット設備の知能体系を形成して、2016年に自主的に6軸工業ロボット主体の発売を実現した。

呉豊礼は記者に教えて、コントロール・システムはロボットの「大脳」であり、会社は自主的研究開発によってマジックハンドのコア制御技術を掌握して、サーボシステムなどの肝心な技術上で突破を形成して、少数のコア核心部品技術を掌握するシステムインテグレーターの一つになった。

呉豊礼は、拓斯達は各種の生産情景のためにオートメーション化方案を提供できる。射出成型、磨上げ、プレス、ダイカスト、CNC進出料などの生産ステップに生産のソリューションを提供し、生産現場のために生産ソリューションも提供できる。水電気計画、中央供応システム、自動輸送システム、補充設備などにおいて整工場のオートメーション化を実現する。今のところ、コア部品から本体までの研究開発、技術から多業界にまたがって、拓斯達は多数業界で熟しているオートメーション化の実例を実現し、中国知能製造のために「東莞方案」を提供した。

正にオートメーション化の応用と工業ロボットの際立っている業績のために、今年2月に呉豊礼は中国共産党中央組織部事務所の評議して選出された第4陣の国家「万人計画」科学技術創業将才の名簿に入選された。

「工業製造を更にすばらしくさせる」は呉豊礼が志を変えない追求である。「拓斯達のて受賞は東莞市役所と評価専門家が拓斯達に対する激励であり、拓斯達はより高い方向へ発展する望みと励ましである。会社は絶え間ないで自分を励まして、後続経営管理の中で絶えず蓄積して、絶えず改善して、業界の発展のために自分の力を尽くす。」呉豊礼が語った。

出所時間網


无标题文档