无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
はしごの「エルメス」は今年の加博会に登場する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-04-01 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞長谷川金属製品有限会社が生産した各類アルミ製はしご

東莞長谷川金属製品有限会社の2階の応接室で、生産現場の片側でガラスを設けて、明るいガラスを通して、全体の生産現場は一望に収める。この会社の理事副社長である村田安弘は誇りをもって表して、工場に来たお客様にいつでも製品の生産全過程を見させて、長谷川自身の製品に対する自信を体現している。

この2001年に東莞橫瀝で成立した日系企業は毎年に各類アルミ製はしご50万個を生産している。はしごの品質がよくて、価格は2000元から1万元まであって、はしごの「エルメス」と言えるのだ。

2009年から、長谷川はすでに連続10期で加博会に参加して、そして第2期の展会で「希望の光――最も国内販売する潜在力の製品賞」を得た。加博会に参加する回数が次第に多くなってきて、長谷川製品の知名度も次第に高くなっていて、最近の展会で、多くの仕入商はわざと長谷川のために来て、展会の最後の1日は公衆開放日であり、長谷川の数百個の展示物は消費者に全部買われたのだ。

調査によると、今年の加博会で、長谷川は主に各類工業人字はしご、宿題台、家用踏み台を展示して、その中は一部はドイツのレットポイント賞を得た製品である。その庭園用の三角形はしごは竜眼、レイシなどの果物をとりに用いて、木を切り揃えることができ、だから広東地区で人気があるのだ。

長谷川は2010年から中国市場を重視し始めた。国内販売の開拓について、長谷川は専門的な国内向けの商品部門を設けて、日本から2人のデザイナーを招聘して、専門的に国内向けの商品設計に従事する。デザイナーが国内向け商品を設計する時、中国消費者の趣味によって設計して、色、デザインで変化がある。20169月、長谷川はTianMaoフラッグシップショップを設立して、あとで京東フラッグシップショップを設立した。「オンライン販売は毎年に着実に増加していて、現在のところは国内販売の売上げの30%を占める。」と村田安弘が語った。

村田安弘が記者に教えて、去年に長谷川の輸出金額は1.5億元、2017年に比べて5%上昇した。国内販売の金額は1800万元に達して、30%上昇した。同時に、加博会の強力な普及宣伝に頼り、長谷川製品はみごとに全国各地の市場を覆って、現在のところの全国における代理店は300社以上ある。

村田安弘は記者に教えて、国内販売の売上げの増加に従って、長谷川は第2工場を開設するつもりがある。

■前回の加博会、多くの旅商人が展示に参加した。資料写真

関連ニュース

囲碁をするロボットは加博会に登場、挑戦したいか。

囲碁世界チャンピオンである李世石とAlphaGo人工知能の人機大戦は1度プームになって、実は、あなたもロボットと囲碁をすることができる。今期の加博会で、東莞広涵オートメーション化科技会社(以下は「広涵科技」と略称する)の展示場所で、囲碁をするロボットが現れる。同時に、観衆は「目のあるねじ機械」、協力ロボットなどのハイテクのインテリジェント化の製品が見えるのだ。

新興のオートメーション化科学技術会社として、広涵科技はオートメーション化設備の設計に立脚して、マジックハンド視覚ソリューション、ソフトウェア開発とサービスを始め、主に研究開発する製品はロボット知能装備、機械ビジョンシステムおよび自動化ソリューション、ゴム機、ねじ機械と標準部品など。

広涵科技の創始者である葉露は記者に教えて、会社と北京深度奇点会社と協力で第一個のロボットを発布し、人工知能技術と中国の伝統囲碁文化を互いに結合して、人機対局、カンニング指摘などを実現でき、操作が簡単で、音声は老人と若者に全て良い、家庭の娯楽、休む場所、幼児教育楽園の最も良い「知能パートナ」である。

この会社は視覚位置付けを重点方向にして、伝統設備製品に「視覚の目」を付けて、その調節により便利と高効力になる。マシンビジョン外観瑕疵検査システムはシーン表面の0.01mmのほこりを検出することができ、高光面のプラスチック製品の表面キズ検査率は99%以上に達する

葉露の紹介によると、今年の加博会で、広涵科技は企業、社会にロボットシリーズ、視覚検査システム及び「目を入れる」知能装備を展示して、応用領域と業界との交流を強化する。

出所時間網


无标题文档