无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
旗峰観察:企業誘致・資本選択は「知能+」へ向かう
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-04-01 [このページを印刷]    [クローズ]

325日、市自然資源局の公式サイトでは『南城大通り周渓コミュニティのノキア工場建物の新型産業類ユニットなどの7つの更新ユニットの計画方案の審査前の公示』(以下は『批前公示』と略称する)を発表した。その中、南城に位置しているノキアの古い工場は「工改M0」によって改造する。

最近の2日間、ノキアの古い工場が取り除かれて再建の情報がいっぱいある。ノキアは機能携帯時代の3つのブランドの1つとして、人々にとって記憶にある時代の印であって、かつて、ノキア携帯電話はたくさんの人の第一部の携帯電話だった。この古い工場地区、生産能力の最高峰の時期において毎年に1億台の携帯電話を産して、たくさんの消費者の使ったノキア携帯電話はこの工場地区の傑作であった。今のところ、ノキア携帯電話の昔の誉れはすでに向こうへ行って、人々が日に華為、OPPOvivoスマートフォンを標準的な配置にする時、人々はもしかするととっくにノキアを忘れてしまって、しかし古い工場の建物の取り除いて再建するのは人々の記憶を喚起したようだ。人々はもちろん聞いて、誰がこの片区を使うか。将来どんな製品を生産するか。

『批前公示』の情報によると、この工場地区の未来の方向を指摘して、改造した後にプロジェクトは重点的に育成中企業の産業化方向をねらって、東莞知造のアップグレードの新興エンジンを創建する。この地区は東莞の建設する東莞国際ビジネス区まで遠くなくて、同じ地区の同類産業から配置する角度からみると、今後この工場地区の放置する産業は商業ビジネスではない。『批前公示』の公表した情報によると、依然として制造業方向であり、この工場地区は市街区の一等地があって、地価が普通ではない。だから、制造業を放置しても、ハイエンド制造業あるいはサービス業、ハイエンド制造業の前進するその他のハイエンド産業である。要するに、この地区の放置する産業は「育成中企業の産業化方向で、東莞知造アップグレードの新興エンジンを創建する」のだ。

現在のところの東莞にとって、企業誘致・資金導入すでに企業誘致・資本選択になった。鎮レベルで、中級品産業の導入も繰り返しすべて目方を量らなければならなくて、このような状況で、いくつかの中ハイエンドの産業の配置は更に合理性を備える。中心市街区域で、土地の開発は鎮区より何倍高い。そのため、ローエンド産業の導入を排斥するのはやらざるを得ないで、甚だしきに至っては中級品産業の企業誘致・資金導入も明細書に入るさえあまり容易ではない。ハイエンド産業に傾いて、ハイエンド産業の導入を選んで、ハイエンド産業の生産額、利潤と税収はとても大きくて高いコストの能力を過ぎて、関連産業とその他企業の成長を引率する能力を持っている。

私達からすると、東莞の企業誘致・資本選択は「知能+」に向かうべきだ。今年の全国両会の『政府活動報告』で、李克強首相は、工業インターネットのプラットフォームを創建して、「知能+」を広く開拓して、制造業のモデルチェンジアップグレードのために能力を与えると指摘した。新興産業の発展を加速するには、ビッグデータ、人工知能などの研究開発と応用を深めて、新世代の情報技術、ハイエンド装備、生物医薬、新エネルギー自動車、新素材などの新興産業クラスター、デジタル経済を強める。これは「知能+」が初めて『政府活動報告』で現れたのだ。5Gが次第に現実になっていて、人工知能はインフラとして、次第に産業と解け合って、経済構造のアップグレードを加速して、人々の生産と生活様式に対して深遠な影響がある。東莞制造業の成長を推進して、東莞制造業をハイエンドへ推進して、高品質発展に向かって、「知能+」はその道である。そのため、企業誘致・資本選択は更に「知能+」関連産業企業の導入と育成に向かうのだ。

出所時間網


无标题文档