无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
2019中国(東莞)国際紡織縫製・靴マシン・靴素材展覧会が開幕
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-04-01 [このページを印刷]    [クローズ]

全世界の優秀な縫製靴製造技術企業が登場する

AI人工知能が来襲、紡織縫製工場では労働者が見えない。三分の一靴製造工程はすでにオートメーション化を実現した。昨日、2019中国(東莞)国際紡織縫製・靴マシン・靴素材飛織工業技術展(以下は「DTC&DFM展」という)は厚街広東現代国際展覧センターで行われて、展会は30日まで開催し、展示規模は5万㎡で、中国香港、中国台湾、日本、韓国、ドイツ、インド、イタリア、米国などの500社の企業が同じ舞台で競い合って、33500数人の観衆、30買い手チームが出席して応援する。

業界の関心を持つ盛会として、DTC&DFM展会も第20年に入って、業界のために世界紡織縫製の靴製造の最新技術、設備を展示して、伝統業界の「機械で人工を交替」により多くの可能性を演繹する。

人工知能は紡織縫製の構造を変える

華南地域における最も規模と影響力のある紡織縫製技術展として、今期の展会は世界各地からの紡織縫製機械装置メーカーが展示に参加する。その中では裁縫設備領域の重機、金輪、銀矢、士多宝、上工申貝などの有名な企業がかなりあって、多くの関連するオートメーション化設備および熱設備、面補助材料企業がある。

紡織縫製は昔の「こまごました日用品」の手作業ではなく、人工知能は全体業界の発展構造を変えている。記者が発見して、以前に大量の人力、オートメーション化に頼りにくい技術は今のところもう難題ではなくなった。生地を2切れのプラスチック版にはさんで、またミシンの縫う路線を設定して、「さらさら」と、ひとつの生地は1着の服になって、甚だしきに至っては「一筋の既製服」黒科学技術に頼って、1本の線から1着の服まで()ただ40数分だけ、オートメーション化生産を除いて、倉庫、分装、品質検査も完全的な自動流れ作業ラインもあって、倉庫で様子を探すさえロボットが完成できる。続けざまにもし海外で業界「百年の老舗」を買収合併する企業である上海国有企業「上工申貝」が初めて展示に参加して、各類の開袋新設備を展示する。「珠江デルタでの市場占有率の中で重要な地位を占めて、多くの取引先は私達が展示に参加してほしい。」上工申貝の関連責任者が語った。

「今期の展会の刺しゅう機の傾向は次第に長くなってで、17メートルのがたくさんあって、10年前に普遍的な7メートルより2倍増加して、刺繍の生産能力の需要が次第に大きくなると説明する。」展会の主催者である広東訊展会議展覧有限会社の関連責任者が紹介して、同時に、国産ベッド設備技術が次第に熟していることに従って、高価格性能比で市場の愛顧を得て、ドイツ、日本からの企業が同じ舞台で競い合うのだ。

紡織縫製領域は人工知能領域に取り組んで、国内外の140社の靴マシン、靴素材、飛織技術企業が同じ舞台で競い合っているDFMコーナーは「千機変」を上映する。今期の展会で、観衆は現場でこれらの靴製造の最新知恵技術と設備を体験できるのだ。

33000数人の専門観衆が観展する

毎期のDTC&DFM展会も技術交流、情報共有、ビジネスチャンスを開拓する盛会である。今期の展会は広東省靴機協会、広東省縫制設備商会、香港衣車協会などの協会が積極的に組団して展示に参加し、全国の30数社の商業協会の会長が専門買い手を組織して展会の現場で見学して、仕入れする。関心を持ったのは、「スポーツカジュアル技術展示」「骨董ミシン展示」「香港靴設計展」「すばしこい試合」「地形模型アナログ大会」などのシンポジウム、新技術、新素材「立体技術と環境保護概念の靴製造技術」を分かち合って、「世界経済が変化していて、どのように次のチャレンジを迎えるか。」シンポジウムなどのイベントは強力に新しい技術、新技術を推進して、展会は今年に設計を推進して、デザイナーのフォーラム会議を増加して、中国台湾の有名なデザイナーである潘国瑶は「新鋭設計ブランドの国際開拓」を講演して、中国大陸の有名なデザイナーである呂涛は「さっぱりしていて上品な中華&民族の風潮」を講演して、そして現場で広州皮革靴業商会のデザイナークラブ靴品物展示区などを設立する。

組織委員会の統計によると、その時、今期の展会は33500数人の専門観衆、30買い手チームが展示に参加する見込みがある。

出所時間網


无标题文档