无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞企業はアフリカで木材の高度加工基地を建設する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-03-21 [このページを印刷]    [クローズ]

■東莞家具企業である徳潤は第41期国際名家具展で新規中国式家具を定番商品にした

316日、第41期国際名家具(東莞)展が開幕し、1200数社の企業を吸い寄せた。この2年以来、新規中国式家具は持続的によく売れていて、今期の展会も1番館の12層を新規中国式ブランド館にした。寮歩に位置している徳潤グループは一気に2000余り平方メートルの独立展示場所をもらって、多くの観衆を吸い寄せた。調査によると、この会社は業界において少数の木材の原材料から加工までの家具メーカーである。原材料の束縛を突破するため、この会社は6年前にアフリカに行って、続々と林地を買い付けて木材の高度加工基地を創立した。

技術が独自の境地に至っている:

10年を経て「東方」家具をねらう

昔から、中国人は木を運用するが最も得意で、ほぞ接ぎはきわめて精巧な発明だった。記者は昨日に徳潤グループの生産現場に入って、中国人の千年知恵を持った手作業のほぞ接ぎの技術が見えた。何人かの年上の大工は型、ほぞ、ワシ、磨きの方法での木を磨き上げていて、家具ごとに繰り返して線、割合の微妙な変化をよく考慮している。

徳潤グループの理事長である田錫は祖先4世代は家具業界に従事していた。田錫は多くの従業員の眼中の伝奇人物である。「70後」の彼は「勉強家」であり、故郷の大学入試の状元だって、哲学と法律の双学位で南京大学を卒業した。大学卒後、重慶市政治・法律システムに入って、公務員になった。しかし、1年未満で彼は南下して広州に来て、広告の達人になった。その後TCLグループに入って、4ヶ月に昇進していた。2009年、田錫は家具業界に復帰して、東莞で徳潤グループを創立して自主ブランドである「東家」を運営してきた。

彼が家具業界に復帰した都市に家具の風格で「贅沢」「工業」などの優秀な新人がいて、消費者の大人気の風格は次第に市場で地位を失われた。市場に直面して、誰も安穏を求めるのだ。田錫は「新規中国式」を選んだ。「とても長い間で、欧米家具は中国家具業界の圧倒的多数の市場占有率を占拠して、しかし中国経済の高速発展に従って、消費者は初めの心に復帰して、自身の民族文化を重視してきた。そのため、会社はブランドを創立してから今まで、ずっと「東方」をねらって、東方風格の製品しか生産しないで、中国人に属する家具ブランドを創立したかった。」と田錫が語った。

ここ数年以来、新規中国式風格の家具が盛んになってきて、10年前の田錫の目も検証した。データによると、多数の消費者は更に実木家具が好きだった。2018年、新浪と13社の業界は共に発表した『2018新中産すまい消費指数報告書』によると、72%の消費者は実木材質が好きだった。徳潤グループの発展が迅速で、現在のところは東莞に3つの生産工場を持っていて、生産面積は10000㎡に達した。

プレミアムを増加した:

設計と文化内包に持続的に力を入れる

家具製品は快速消費品のように粗利の低い、販売高が高い販売モデルではなく、純利率を高めるこそ生存の道である。競争が激化している家具業界において、ずっと東方風格の家具を重んじるブランドはきわめて少数である。田錫は一歩一歩着実に進めて、「東家の1つ目のシリーズは「東家・阿禧」といい、このシリーズを4年堅持してきた。2013年に至って、2つ目のシリーズ「東家・花梨院子」を研究開発してきた。基礎を作り終わった後、次第に新しいシリーズを発布する。今なお、東家はすでに7つのシリーズ製品を持って、完全に東方風格の家具体系を形成してきた。」

「一歩一歩着実に進めるのはただ第1歩で、自主ブランドが包囲を突破するには更に重要なのは革新である。」と田錫が語った。伝統家具製品を除いて、田錫は消費者のために空間方面の問題を考慮に入れて、ここ数年以来、彼は「量房社・新中国式全方案装飾」を発布し、取引先のために空間改造、設計装飾、オーダー、家具の関連施設、装飾などのワンストップサービスを提供する。それ以外に、彼は「東方・生活館」を通して、更に東方の器物、東方の流行と東方の生活様式を展示し、更に住まい体験館を万達広場などの商業体で運転している。

田錫は実木材質、オリジナルな設計、文化内包で持続的に力を出して、徳潤家具の製品にプレミアムを増加した。現在のところ、この会社の主な3つのシリーズである「阿禧」「花梨院子」「胡桃里」は全国各地での店鋪が300社に達した。

今年初め、徳潤は東莞で2つの新しいシリーズの鑑賞会を開催して、主にブラック系のきわめて簡単な新規中国式家具を定番商品にした。3百数名の全国各地の販売店は鑑賞会に参加して、当日にみごとに50数社の取次販売店と授権契約書を締結した。

難題を突破する:

アフリカで木材の高度加工基地を創立した

中国式家具がいっしょに高らかに歌う同時に、環境保護の政策の登場は、伝統の木製家具の原材料コストとして絶えず上昇して、業界利潤も絶えず圧縮して、業界のモデルチェンジアップグレードの陣痛期に入った。

「実木家具の源は材木にあって、誰が材木を掌握しているか誰が発言権を持っている。」田錫が表して、新規中国式家具の材木は主に実木であり、アフリカは大量の花梨木の森林資源を持っていて、これに基づいて、この会社はアフリカの森林と材木の高度加工基地を開拓することを決定して、先行チャンスをとらえて業界の要害の高地を占領する。

「アフリカに行って投資するにはたくさんの困難を克服する必要があって、アフリカ国家の国情が複雑で、その時更にエボラウイルスの疫病発生の情況に直面して、われわれを阻止していなかった。」田錫が語った。2014年にこの会社はアフリカモザンビークで16万数ヘクタールの森林を購入して、MR.FOREST会社を設立した。初めての材木高度加工基地を作り上げて、苗を育てる専門家を招聘して、林木の種播きを行った。

国家「一帯一路」の呼びかけが深く突っ込んで進めることに従って、徳潤がアフリカでの投資は絶えずに値上げしている。今年1月、この会社はアフリカで2つ目の材木高度加工基地を作り上げた。

出所時間網


无标题文档