无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
290億元の投資項目は東坑の新しい発展の「爆発」を触発
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-04-01 [このページを印刷]    [クローズ]

326日午前、東坑鎮では2019年企業誘致・資金導入のプロジェクトの調印式と重点プロジェクトの施工式典を行われた。イベントの現場で、29産業プロジェクト、10都市品質向上プロジェクトは集中的に契約して、10重点プロジェクトは施工し始めた。プロジェクトの合意投資総額は290億元に達して、すべて生産に入った後に、年産価値は534億元に達して、年間税収は約41億元に達する見込みがある。

年産価値は534億元で、年間税収は約41億元

29産業プロジェクトの中で、新世代の情報通信プロジェクトは8個、新エネルギープロジェクトは3個、新素材プロジェクトは2個、ハイエンド医薬プロジェクトは2個、半導体、ロボット、精密技術プロジェクトはそれぞれ1個、農業旅プロジェクトは1個、その他プロジェクトは10個。海王集団、貴豊薬業、莱爾照明、碩擎エネルギーなどの利益志向型、科学技術型の企業を含む。プロジェクトの合意投資総額は290億元、総用地面積は1382ムーである。プロジェクトがすべて生産に入った後に、年産価値は534億元で、年間税収は約41億元に達する見込みがある。投資規模から見ると、プロジェクトの投資額は皆1億元以上で、その中の投資額が10億元を超えるプロジェクトは4つある。産業分布から見ると、プロジェクトは主に新世代の情報通信、知能製造、新エネルギー、新素材、ハイエンド医薬などの新興産業に分布している。

海王集団は110億元を投資してハイエンド医薬製造基地を創建する

電子通信は東坑の蛇口産業であり、一定規模以上の企業の増加額の70%を占める。当日に集中的に契約した産業プロジェクトの中で、12個は知能製造、新素材と新エネルギーなどの新興優越製造産業であり、40%を上回った。特に海王集団、今回は110億元を投資して、東坑鎮で海王ハイエンド医薬製造基地などの関連プロジェクトを創建する。万旅グループは60億元を投資して、現代農業産業、文化旅行、健康養生、レジャーを一体化した「農業旅小鎮総合体」を創建する。

未来5年において東坑では生産総額が1000億元を突破することを実現する

東坑では未来の35年において、電子通信、新世代情報科学技術、知能製造、新素材、新エネルギー、医薬健康などの産業の企業誘致をねらって、電子通信のクラスターを推進して、生産額は400億を突破して、戦略新エネルギー産業の生産額が100億を突破することを推進して、知能製造産業の生産額は100億を突破して、医療健康産業の生産額は200億を突破して、その他の産業の生産額は100億を突破して、東坑の新しい発展の「爆発」を触発して、経済社会の高品質発展の基礎をしっかりして、生産総額が1000億元を突破することを実現する。

これから東坑は「湾区都市、品質東莞」という戦略を徹底的に実行し、重大プロジェクトの集中的契約と施工をきっかけにして、しっかりと先進制造業のコア位置付けをめぐって、自発的に松山湖の先導作用を受けて、産業分布を合理化させ、力を出して新エネルギー、新素材、知能製造、半導体などの新興産業を育成して、企業誘致・資金導入、本部経済、倍増計画、革新駆動を重要な取っ手にして、先進制造業、ハイ・ニューテク企業クラスターを推進して、産業の高品質発展を実現するのだ。

出所陽光網


无标题文档