无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
中国・イスラエル国際科学技術協力産業園は調印式を開催した松山湖はいくつかのハイテク企業を迎える
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-04-01 [このページを印刷]    [クローズ]

328日、碧桂園本部企業イベントと中国・イスラエル国際科学技術協力産業園の調印式が行われて、いくつかの情報サービス、省エネ環境保護などの多数領域のハイテク企業を導入して、園区の企業進駐のために模範的な効果を持ってきた。

調査によると、松山湖に位置している中国・イスラエル国際科学技術協力産業園は去年12月末から企業誘致を始めた。今回の契約で、中国・イスラエル国際科学技術協力産業園はいくつかの情報サービス、省エネ環境保護などの多数領域のハイテク企業を導入して、中国ネットワーク通信有限会社松山湖支社、「聯通5G実験室」、福瑞莱環保科学技術(深セン)株式有限会社などの企業がある。導入した8つのプロジェクトは皆発展の見込みがあって、後続企業の進駐に模範的な役割を果たした。

調印式の後で、数名の企業家は協力モデル、市場シェア、資源マッチング、協力提案など多角度から園区と探求して、例えば中国・イスラエル国際協力産業園で5G展示館、共同建設アクセル、水処理技術のマッチングを建設した。

注目するのは、今回に導入したプロジェクトの中で、東莞の支柱産業の一つである情報産業を除き、福瑞莱環保科学技術(深セン)株式有限会社、福瑞莱水環境革新研究院、広東金潔燦環境保護科学技術有限会社などの環境保護業界の企業と研究開発機関がある。東莞が「湾区都市、品質東莞」の戦略目標を創建する際に、このいくつかの省エネの環境保護企業は東莞都市の実力向上に協力するのだ。

中国・イスラエル国際科学技術協力産業園はイスラエルと全世界の科学技術革新資源、産業プロジェクトを導入して、全世界領先科技と大湾区の十分な産業基礎を互いに結合して、企業のために競争力と優位のある資源を提供して、国際科学技術協力模範基地を創建する。中国・イスラエル国際科学技術協力産業園プロジェクトの第1期の面積は190ムーで、建築面積は約26万㎡、製品は企業本部、ビジネス事務、人材マンションなどがあり、科学技術の研究開発、中間段階の監視測定、創業インキュベーション、製品展示を一体化した産業クラスターを創建するのだ。

出所時間網


无标题文档