无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
長安鎮ハイテク企業である瑞谷光網は技術的難関を攻略したスマート製造能力は同業界の首位になった
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-03-21 [このページを印刷]    [クローズ]

■広東瑞谷光網通信株式有限会社の生産現場

編者付記:東莞題材の大型記録映画:『製造時代』は中央テレビ局でCCTV9の番組で放送した後、社会各界の強烈な反響を誘発した。東莞は制造業の労働者、技師、創業者、企業家などの奮闘して成長するストーリを語って、人に鼓舞して、誇りをますます感じて、「東莞製造」の本質的な引き上げが現れて、東莞都市のイメージを広めたのだ。読者はこれらのモデルストーリによって、更に「東莞製造」の魅力を理解して、今日から、本紙は『製造時代』が放送した後のシリーズの答礼訪問を報道して、ストーリ背後のストーリを解明する。

0.5秒に2000万元持ってくる」の背後

長安鎮上沙コミュニティ福康路に「地味」なハイテク企業がある。225日、記録映画『製造時代』が中央テレビ局で放送した後に、広東瑞谷光網通信株式有限会社(以下は「瑞谷光網」と略称する)は「一夜に人気になった」と言えるのだ。この会社のオートメーション化シニアエンジニアであるは戴克明は研究開発チームを率いて、自主的な研究開発によって、共晶設備の単品溶接時間を5.5秒まで短縮して、日本とドイツのこの領域での6秒の記録を打ち破った。この技術突破は企業に2000万元の利益の潜在する価値を持ってくる。「0.5秒に2000万利潤を持ってくる」のストーリ、生き生きと「東莞製造」の力を解釈して、人々に自慢げに話される。

瑞谷光網はどんな魔力があって、国外の技術封鎖を突破したか。先日、記者は長安鎮に来て、「0.5秒に2000万元の利潤を持ってくる」背後の瑞谷光網を訪問した。

苦痛の後にそれを思い出して技術封鎖を突破した

瑞谷光網のオートメーション化の生産現場に入って、ガラスの窓を通して、多忙な生産光景が目の前に現れた。全身が静電気防止作業服に置かれた労働者は、一心不乱に設備の運行状況を監視していて、ごく短いカウント、合格な光部品製品が生産し出されたのだ。

瑞谷光網の理事長補佐である肖華平の紹介によると、これらの生産現場は効果的に運行し、企業研究開発チームの技術支持に頼るのだ。実は、企業が創立してから、瑞谷光網は多くの企業とと同じに、最も簡単なOEMの一環からし始めたのだ。生産効率を高めるため、瑞谷光網はどうしても国外企業でオートメーション化の生産設備を仕入れなければならない。しかし、自分が設備を製造する技術がなくて、至る所に国外の企業に「首を絞めつけられる」、瑞谷光網は9割の前払金を払って、設備が1年後に納品するひどい条件を承諾しなければならなかった。

物事の発展は二面性がある。国外企業の「首を絞めつける」苦痛で、更に瑞谷光網の自主的な革新する信念を固めた。国外のオートメーション化の生産設備と技術を導入する同時に、瑞谷光網は全力を傾けて各領域の専門人材を統合し、2015年までそれぞれの研究開発チームを創立して、そして300㎡のオートメーション化のエンジニアリング研究センターを設けて、スマート製造能力は同業界の首位になった。

「東莞製造」は独特な風格を形成した

長年の自主的な研究開発によって、今のところ瑞谷光網はすでに数項の業界トップの水準を持つ主要製作の新技術を掌握した。自主的に研究開発した設備TO56チップの共晶機械技術は国内のトップ水準に達した、自主的に研究開発した自動的の封帽機械は低いコスト、効率が速い、精度の高い優位を持っている、回転多機能マジックハンド技術は全世界の創始であり、全自動レーザー発射カップリング技術を持っている。

今のところ、瑞谷光網はみごとに東莞市「倍増計画」企業に入選され、長安鎮第1陣の12社の企業の一つになった。

肖華平は、「2000万元の利潤を持ってくる0.5秒」のストーリは瑞谷光網の発展で堅塁を攻略する典型的な描写であり、瑞谷光網は東莞の数多くの製造業企業の縮図である。記録映画『製造時代』の詳しい陳述のように、東莞製造は40年続くの高速発展を経て、深い制造業の詳細を蓄積して、「堅塁を攻略し、絶えず改善する」という風格を形成した。

「東莞都市文化、環境施設が絶えず整っていることに従って、東莞はハイエンド人材に対する吸引力が次第に強くなって、「湾区都市、品質東莞」の建設が次第に進めて、東莞製造の将来性は更に明るい。」と肖華平が語った。

出所時間網


无标题文档