无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
加博会は加工貿易製品の「全球行」を推進するテーマフォーラムは開放型経済を重んじる
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-04-01 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞陽光網のニュース 第11期加博会は418日~21日に厚街に位置している広東現代国際展覧センターで開催されす、今年の展会は主任委員数名専門家の学者と企業代表者を招待して加工貿易の発展について交流、探求協力を展開して、共同で発展を検討して、現在のところ、各募集は順調に進捗している。

今期の加博会は全面的に製品向上と機能向上を実現し、重点的に国内販売、ブランド、電子商取引、元素を重んじる。同時に、力を入れて国際展示業者と仕入商を導入して、展示に参加する企業と仕入商の品質を高めて、国内貿易と外国貿易の一体化を促進して、新しい時代の加工貿易製品「全球行」を推進する。イベントの際に12場の関連イベントを開催して、その中、テーマフォーラムはそのコア部分であり、中国開放型経済の発展フォーラムは418日午前に開催され、そしてブランド消費、知能モバイル端末成果革新などをテーマにして、一連のフォーラムを開催する。

中国(深セン)総合開発研究院地区発展計画研究所の総監督である劉容欣:「今年のテーマは加工貿易について加工貿易を討論するだけではなく、それを全体の中国開放型経済という大きな環境に置いて、加工貿易がどのように発展するか、対外開放はどのように発展するか、広東香港マカオ大湾区が全体開放型経済の発展に対して効果がある。この方面でいっそうヘビー級の賓客を招待して、樊綱院長を主にして、もう2人の北京からの専門家がいる。同時に丸テーブルの討論する一環を増加して、企業を招待していっしょに討論する。企業は彼らが対外開放領域におけるいくつかの具体的な発展問題を提出して、専門家は巨視的な角度から解答するのだ。」

テーマフォーラムの引受側は中国(深セン)総合開放研究院(深総院)である。講演賓客について、現在のところはすでに有名な経済学者、深総院の院長である樊綱を確定して、彼の講演する議題は「広東香港マカオ大湾区戦略における開放資源の融合、開放措置の連動に関する発展パス」である。

聞くところによると、現在のところの加博会はすでに広西、海南などの19カ省、自治区、直轄市と香港と台湾地区の800社の企業が申し込んで、、展示場所が2195個を申請した。OPPOvivo、歌爾、徐福記、菜鳥、網易厳選、網易コアラなどの有名な企業は加博会に登場する。

出所陽光網


无标题文档