无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
大朗毛織は「中国紡織服装業界の十大特色クラスター」に評価された
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2019-03-21 [このページを印刷]    [クローズ]

近日、「2018中国紡織服装業界の年度精鋭ランキングと中国紡織服装エリートフォーラム」は上海国家会議・展示センターで行われた。その中、大朗毛織は「2018年中国紡織服装業界の十大特色クラスター」と評価され、連続2年で「中国紡織服装業界の年度精鋭ランキング」に入選されたのだ。

このイベントは中国紡織工業連合会より指導し、『紡織服装週刊』雑誌社が主催し、全国各地の紡織服装業界産業クラスター、専門市場、有名企業、権威メディアが合計で150数人の代表者が出席し、業界の新しい注目個所、新しい発展モデルについて深く交流・探求した。イベントで「2018中国紡織服装業界の年度精鋭ランキング」を公表し、大朗毛織はランキングに入選された。同時に、大朗毛織は「2018年中国紡織服装業界の十大特色クラスター」と評価されたのだ。

ここ数年来、大朗毛織は受賞が無数で、その中できわめて影響力を持つ「国家級」の栄誉がかなりあって、全鎮の21枚の国家級名刺の中で、14枚は毛織業に関連している。たとえば、大朗は全国第1陣の「中国セーター名鎮」、「全国紡織模範産業クラスター」「国家外国貿易モデルチェンジ昇級専門型模範基地」である。

毛織業は大朗富民強鎮の特色産業と支柱産業の一つである。ここ数年以来、該鎮は各種の措置によって、全力で毛織産業のモデルチェンジアップグレードを推進し、良好な効果を果たした。現在のところ、大朗毛織産業はおよそ全鎮の工業経済規模の1/3を占めていて、全鎮では万社以上の毛織企業があり、デジタル制御織機の使用総量は5万台を上回って、3つの毛織専門市場、6つの毛織配套片区と12条の毛織専門店街があり、規模、等級をもつ10平方キロメートルの毛織商業貿易城を創立した。統計によると、大朗毛織物市場の年取引額は600億元に達して、広東省の販売総額の70%以上を占めていて、華南地域の最も重要な毛織物取引市場になった。

出所莞日


无标题文档