无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
数多くの東莞企業は自身の優位資源に頼り、コールド・チェーン物流業界でレイアウト
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-10-30 [このページを印刷]    [クローズ]

■ コールドチェーン倉庫(資料写真) CFP

東莞コールド・チェーンブル物流業界は次第に「プーム」を引き起こす

物流業界の細分領域として、コールド・チェーン物流は食品品質に対する要求が高まってくることに従って、次第に資本の「寵児」になっている。コールド・チェーン物流が急速に発展している。

今月に行われた2018中国国際コールド・チェーン流通産業トップ会議のデータによると、我が国のコールド・チェーン物流全体はソフトとハードが共に発展し、革新融合の特徴が現れた。全国のコールド・チェーン冷凍庫の貯蔵量は2016年の900万トンから昨年末までの4775万トンに増加して、冷蔵車保有量は14万台に達した。

先月、東莞は国家第3陣の「台湾海峡両岸コールド・チェーン物流模範試験点」都市になって、コールド・チェーン物流企業は発展するきっかけを迎えた。いくつかの東莞企業は同様に各自の発展優位に頼り、コールド・チェーン物流でレイアウトし、サプライチェーン・マネジメントシステム、電子商取引業界へ邁進する。

業界の現状

コールド・チェーンは次第に「プーム」になって、インフラは解决に迫ったのだ

今年に入ってから、コールド・チェーン物流は急速に展していて、各方面の勢力は次から次へとどっと入ってきた。順豊、京東、蘇寧などの巨頭をそろえて次から次へと入って、レイアウトを加速する。

今月に行われた2018中国国際コールド・チェーン流通産業トップ会議のデータによると、我が国のコールド・チェーン物流全体の発展はソフトとハードが共に発展し、革新融合の特徴が現れた。全国のコールド・チェーン冷凍庫の貯蔵量は2016年の900万トンから昨年末の4775万トンに増加して、冷蔵車保有量は14万台に達した。

専門家は、「最初の1キロメートル」と「ラストワンマイル」に短い板が存在して、農産物産地と畑そばの市場の予備冷却、貯蔵などの初加工コールド・チェーン施設の建設が不足になっていると語った。

コールド・チェーン物流とは、製品の生産、保存運送、販売、消費前までのそれぞれの一環において定めた温度に維持し、製品の品質を保証し、過程損耗を減らすシステム工学である。最も主要な応用領域の一つは食品の新鮮領域である。

重い資産、高い投資の伝統業界として、コールド・チェーン物流は企業が全産業チェーンのコールド・チェーンのネットワークを創立する必要があり、規模効果を実現する。

「コールド・チェーン物流企業は生産、貯蔵、運送、販売などのそれぞれの一環の温度に対して全方位の管理監督を実施する。」東莞市信立実業有限会社(以下は「信立実業」と略称する)の副総裁である張小兵は先日取材を受けた際に表して、コールド・チェーン物流はシステム工学であり、源からレイアウトしなければならない。現在のところ、わが国の農業副産物の経営が分散していて、短い期間で全体の産業チェーンのコールド・チェーン運送を実現しにくい。

先月、東莞は国家第3陣の「台湾海峡両岸コールド・チェーン物流模範試験点」都市になって、コールド・チェーン物流企業は発展のきっかけを迎える。「東莞のコールド・チェーン物流業界はインフラ建設と市場育成において精を出さなければならなくて、業界のアロ異性機能で計画しなければならない。」と張小兵が表して、特に氷新鮮食品について、より高い運送費用が必要で、消費者の手に送る時、どのように消費者により高い価格で買うことができて、経営者の考慮する問題である。「確かにとれがコールド・チェーンによって運送された新鮮食品か、どれが冷凍食品かを目で区別できないのだ。」

東莞企業の実行

優位資源に頼り、発展の道を探求する

インターネットの巨頭が大量の資金でコールド・チェーン物流をレイアウトすることと違って、東莞企業のコールド・チェーン物流の発展する道は地味で実務に励む。その上、普通な業界が単独で発展する商業モデルと違って、コールド・チェーン物流の東莞企業は熟している商業体系に頼り、細分領域で優位を形成する。

3回のアップグレードを通って、信立実業の冷凍庫は第3期まで容量拡張し、取引先に4.2万トンぐらいの倉庫機能を提供できる。」張小兵が表して、農業製品で発展してきた信立実業は現在のところ、冷凍庫で経営している製品は新鮮、乾燥食品、冷凍食品が含まれる。

信立実業は東莞市物流業界協会の副会長企業であり、その所属する東莞信立国際農産物貿易城は主に農業副産物の取引に従事していて、約70万㎡で、一連の設備は4.2万トンの冷凍庫、10万㎡のは配送センターがある。

「信立実業は全力でサプライチェーンシステムを創建し、来年に営業し始め、その時コールド・チェーン物流の発展により科学化、精密化の管理を提供できる。」と張小兵が表して、コールド・チェーン物流の発展は会社の実際に立脚するべきで、着実に発展する。取引先に手っ取り早いサービスを提供する以外、会社はコールド・チェーン物流の「ビッグデータ」を創立するように探求している。

もう1社の東莞企業である華雪物流の発展の道は東莞市糖酒グループの所属する小売店ブランドである美宜佳に頼るのだ。最新の情報によるとは、美宜佳は1年で5000社の新店の開業を完成し、総計は15000社に達した。

正に美宜佳の拡張に伴って、華雪物流は著しい発展を得た。相前後してそれぞれ大きなメーカー、コンビニ、連鎖飲食、電子商取引、零担幹線と深く協力している。現在、毎日全国の5つの省、43の都市、共に15000余りの取引先のために多温層倉庫サービスを提供している。

「われわれはすでに盒馬生鮮、蘇寧と協力協議を締結し、近頃正式の調印式を開催する。」この会社の社長である葉卓軒は表して、今月10日、この会社の華東配送センター(蘇州倉)は正式に使用し始めた。

華雪物流がコールド・チェーン業界でのレイアウトと似ていて、広東嘉速物流有限会社の発展は同様に本土企業である嘉栄の発展に頼るのだ。この会社は温度範囲、温度制御管理体系で優位を持ち、運送方法を革新して、冷凍食品、冷蔵製品の運送において運送を実現した。

この会社の副社長である唐洪傑は、会社が全コールド・チェーン2期物流配送センターを新たに創建し、「大湾区の高品質のコールド・チェーン物流+マシニングセンタ」の模範企業に力を尽くすと語った。

出所時間網


无标题文档