无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
2018海糸博覧会は昨日閉幕し、事務局は成果発表会を開催し、25.5万延べ人数が入場して爆買
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-10-30 [このページを印刷]    [クローズ]

▲海糸博覧会の現場で人の流れが織りなり

▲各展示館は喜んで歌ったり躍ったりして製品を推薦・紹介した

4日間とする2018広東21世紀海上シルクロード国際博覧会(以下は「海糸博覧会」と略称する)は21世紀に昨日に(1028日)は閉幕して、27日午後、海糸博覧会事務局が開催した成果発表会で、広東省商務庁副庁長の陳越華は今期の展会の関連情況を通達した:全体展会は共に入場し、仕入れの人数は25.5万延べ人数に達し、専門仕入商は3.4万延べ人数に達して、展場の秩序が良好で、治安事件は「ゼロ」であった。

57カ国家と地区が展示に参加した

展示に参加する国別がこれまでの毎期を超えて、展示に参加する国家と地区が全部で57か所で、その中、フランス、ポルトガル、ベルギー、オランダ、フィリピンなどは初めて展示に参加して、その上テーマのフォーラムと仕入れる賓客に参加して、展示に参加する国家と地区が80を上回った。

今期の海糸博覧会はコーナー設置に対して最適化に調整して、より多くの国内外優良品質展示業者と展示物を吸い寄せた。

展会は海外で展示に参加する企業は全部で1732社、その中、海外企業は1221社、70.5%占めて、国内企業は511社、29.5%占めている。展示場所は2560個を手配して、その中、海外企業の展示場所は1405個、およそ55%占めて、国内企業の展示場所は1155個、45%占めた。

展会現場の情況から見ると、各国逸品は1か所に集まって、すばらしいものが数多くあった。たとえば、初めて展示に参加するポルトガル展の団はワイン、ジャムなどの製品を持ってきて、フランス展の団は手製石鹸などの特色の製品があって、たいへん現場の観衆の歓迎を受けた。往年ずっと展示に参加する国家と地区があって、これまでと少しも変わらないで見事な場面が続出し、たとえば、パキスタンの木製の家具、石器の工芸品、スリランカ展の団のろうけつ染めの絵、イタリアのコーヒーとチーズ、モーリシャスのラム酒、インドネシアの特色の軽食とファッションなど、最大の展団マレーシアは今年に雪蘭莪美食街を設立して、現場の人気が盛んであった。

面談の仕入れ陣容が活発になった

紹介によると、今期の展会会に出席する仕入商の陣容は更に巨大であった。欧米商工業会、オーストラリア東莞総商業会議所、馬中商工業会、モーリシャス中国商人総会、パキスタン華人華僑協会、南アフリカ展貿易総商業会議所、ケニア広東商業会議所などの20余りの外国商人協会、中国商業連合会、中国百貨商業協会、中国スーパーマーケット取引連合会議などの国家級の商協会、河南、湖南、福建などの連鎖経営協会、広東省商業連合会、商品取引市場協会、日用雑貨協会などの30ぐらいの商協会が仕入商を組織して展会に出席し、しかも人数の規模は前回を超えた。

昨日午後6時に閉館したまで、入場して仕入れの人数は25.5万延べ人数に達して、去年同時期のレベルを超え、その中、専門の仕入商は3.4万延べ人数になった。

出席した企業と展示業者の面談が活発で、仕入れるの成果が実り多い。その中、広東省商品取引市場協会は現場で面談して、契約金額は8500万元に達した。広東省日用雑貨協会は共に12卸売市場の384人問屋の現場の仕入れを手配して、契約金額は1000万に達した。湛江展団の海鮮乾燥食品、クラゲ、がやかん、手袋などの製品は人気があって、現場での契約金額は6085万元に達した。

今年新しく設ける電子情報と知能装備ハイエンド展区はたいへん関心を受けて、累計で専門の観衆の8000数延べ人数を受け付けて、その中の「一帯一路」沿線国家と地区の客の通商条約は40%占めた。その中、富威圧縮機械、亭一智能住まい、科創自動化、偉力合ロボットなどはそれぞれ500万~600万元ぐらいの注文書を受け取って、良い効果を得た。

15場の実務に励む高い効率のイベント

今期の海糸博覧会は共に15場の実務に励む高い効率のイベントを開催して、一連の協力の共通認識が成立して、著しい効果を見せた。

その中、1026日、組織委員会は広州白雲国際会議中心で「協力の新しいプラットフォームを革新して開放して、新しい動力を添える」のテーマフォーラムを開催し、800数名の国内外の賓客は重点的に引き上げの広東・香港・マカオの大湾区の創造能力と国際競争力をめぐって、広東・香港・マカオの大湾区を作って「一帯一路」が重要な中枢などの議題を建設して交流を研究討論を行い、共同で検討して協力して方向、凝集して協力して共通認識、実際的に協力することを推進する。フォーラムの時に、組織委員会聯合中山大学「一帯一路」と広東・香港・マカオ合作研究チームは『広東が「一帯一路」の建設に参与する青書(20132018)』を発表して、16広東・香港・マカオ大湾区貿易促機関と商協会が共に広東・香港・マカオ大湾区の建設呼びかけを進めて、「一帯一路」の沿線国家の相関機関は国際実用中国語育成訓練提携協議書を締結したのだ。

東莞展会の現場で、事務局は2018自由貿易協定と広東「外資の10条」(改訂版)政策の宣伝・説明会、東莞―インドネシア企業の貿易投資マッチング会、マレーシアの展示に参加する企業の製品展示会、『莞香に出会う』新しい本の発行記念式、2018全世界の社交新しい小売りトップ会議、タイのビジネス交渉会、欧米商工業会「一帯一路」一連の活動の西欧と経済と貿易交流会などの10余り場のイベントを開催して、広東と「一帯一路」沿線国家と地区の各領域での交流と協力を推進した。

有利影響

「一带一路」の重要な中枢に取り組む

今年は東莞市が引き受ける五期目の海糸博覧会である。五年以来、東莞市は海糸博覧会を引き受けることにより、更に沿線国家と地区との付き合いと協力を拡大した。市役所の副事務総長である鐘彬が記者の質問について、海糸博覧会は東莞企業が沿線国家の経済と貿易と交流する重要なプラットフォームを強化したと答えた。

ここ数年の外国貿易のデータから見ると、全市は「一帯一路」輸出入貿易総量が2013年の1271.0億元から2017年の2099.9億元に上がって、65.2%増加して、全市を占める比重は13.4%から17.1%に上がった。特に今年18月、全市は「一帯一路」地区の輸出入貿易総量の1872.5億元で、同時期と比べて22.6%増加した。輸出は1210.5億元で、同時期と比べて30.6%増加した。その中、機械・電力設備の輸出は78.1%を占めた。

海糸博覧会の建設した協力ネットワークに頼り、東莞は相前後して米国、アラブ連合共和国、南アフリカ、イスラエルなどで多数の経済と貿易代表処と事務所を設立して、アフリカ、アメリカとアジアが含まれる。今年8月まで、東莞市と「一帯一路」沿線国家の投資協力の国別数量は15まで増加して、投資項目数は49個、投資額は2.9億ドルに達した。

鐘彬は、東莞は陸路運送、海運、航空運送などから力を入れて、「一帯一路」の重要な中枢を創建し、積極的に企業に協力して物流効率を高めて物流コストを下げるのだ。

出所時間網


无标题文档