无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
海糸博覧会を通して、東莞は全世界における「モーメンツ」を拡大した
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-10-30 [このページを印刷]    [クローズ]

海糸博覧会によって再び「モーメンツ」を拡大した

海糸博覧会は各参展国家と地区の人心の相通、政策の疎通、商品の流通、貿易の融通を促進した

上手な中国語を喋れる朴帝怡は韓国牙山市の出身であり、今年はすでに5回目で海糸博覧会に参加したのだ。「韓国牙山市と東莞市は親密な関係を持っていて、わが社は毎年に海糸博覧会に参加する。」朴帝怡は喜んで記者に教えて、中国はすでに彼らの会社のフェイシャルマスクの主要な輸出国家の一つになった。

これは海糸博覧会のシーンである。これらの海外からの展示業者達はあまねく理解して、中国の巨大な市場は次第に高品質の製品が必要になって、中国市場の開拓はとっくに共通認識になって、「商売して、協力して、広東へ来る」の理念は更に人の心に染込まれた。

国内の「海上シルクロード」をテーマにする最大の展会として、5年来、賓客と展示に参加する企業の数量は持続的に増加してきて、外部に海糸博覧会の日に日に強める呼びかけ力、影響力とブランド力を見せた。5年来、展会を通して、広東と参展国家と地区の各参展国家と地区の人心の相通、政策の疎通、商品の流通、貿易の融通を促進した。

海糸博覧会を通して、東莞は全世界における「モーメンツ」を拡大した。異なる業界からの東莞企業は展会によって「歩いて出て行く」「導入してくる」、東莞と沿線国家の貿易を増長しつつある。東莞は連続5期の開催都市として、積極的に展会を準備する以外、更に東莞から沿線国家への「空中シルク・ロード」などの方法によって、陸路運送、海運、航空運送などから、「一帯一路」の重要な中枢地域を創建するのだ。

人心の相通を促進する

一步深化人文交流与合作

1025日、今期の展会は開幕を宣言したばかりで、タイ館はすでに人出はわき返った。展示台でのパフォーマンスは展示に参加する賓客にたくさん足を止めて観覧し、記念写真を撮るように吸い寄せた。調査によると、今年はタイ国家観光局広州事務所が4回目に組団して海糸博覧会に参加したのだ。

記者は聞かれて、広大な市民に独特なタイ体験を持ってくるため、この事務所はタイの役者と技師を招請して東莞の現場で観衆にタイの風情を演繹した。観衆は舞台に上がってタイのダンサーとと一緒にインタラクティブを体験することができて、タイの舞踊を学んで、正統タイ式マッサージも体験できる。「このプラットフォームを通して、更に中タイ人民の情誼を促進して、より多くのパートナーを知っていて、双方の連絡を強化したい。」タイ国家観光局広州事務所の広報活動のマネージャーである葉虎は記者に教えた。

国の交流は人民の親密にあり、人民の親密は人心の相通にある。一般民衆にとって、海糸博覧会の第1印象は貿易と投資促進のプラットフォームだけではなく、更に人文交流協力のプラットフォームである。

組織委員会の統計によると、5年来、この展会は累計で各類のイベントの70余り場を開催して、100万延べ人数近くが入場して展を見て、巨大な人の流れ、フローはいっしょに集まって、各国の旅商人と観衆は展示して、交流と対話を通して、相互の理解を増進して、人文の交流と協力に深くなった。

このように人心が通じ合っていて、たくさん1千里、はるか海のかなたにある海外の賓客gが名を慕ってきた。「海糸博覧会の旅商人は全世界のそれぞれの地区から来て、たとえば南米、ヨーロッパ、アフリカ展示業者、彼らは遠方をいとわないで展示に参加しに来て、その上たくさん初めて展示に参加しに来るのがあって、彼らの行動は人をたいへん感動させた。」今期の海糸博覧会の成果発表会で、省商務庁副庁長である陳越華は記者に語った。

「私に最も感動させたのはポルトガルの赤ワインを生産しているMCMMEDIASIA会社である。この企業のCEOであるアルべトさんは、今年7月のプロモーションに参加したとき、足どりが不便だが、彼は依然として28時間を経てここに来た。これも彼が初めて中国に来たのだ。」貿易促進会党組織の成員、事務総長である敖妍は記者に対して表して、正にこれらの企業の支持をもって、今日の海糸博覧会の絶え間ない成長しつつある。

5年来、海糸博覧会の「モーメンツ」は絶えず拡大して、「古くからの友人」の展示場所は次第に多くなって、「新しい友達」も絶えず現れてきた。たとえば、5年来、マレーシアはずっと海糸博覧会の最大展団である。特に、今年マレーシアの経済の最も発達している雪蘭莪州政府は直接今期の海糸博覧会に参与して、いくつかの食品の企業を招き寄せて「雪蘭莪美食街」を創設して、現場の旅商人の絶大な支持を得た。

海糸博覧会は今年より多くの国家と地区の政治的要員、企業と旅商人に参与しに来るように吸い寄せ、影響力は更に上がってきた。展示に参加して国別はこれまでの毎期を超えて、全部で57カ国家と地区で、その中、フランス、ポルトガル、ベルギー、オランダ、フィリピンなどは初めて展示に参加して、その上テーマのフォーラムと仕入れる賓客に参加して、展示に参加して参加する国家と地区が80を上回った。

政策の疎通を促進する

全世界の経済貿易協力ネットワークを一層発展した

「私達の濃縮ジュースの価格は中国市場の大部分の同類輸入製品に比べて20%下回って、今回の展示に参加する目標は中国市場に入るのだ。」マレーシア百香濃会社の社長である陳政輝は釈明して、製品の価格優位は中国―アセアンの自由貿易協定の関税特恵のおかげで、「マレーシア原産地の認証をもって、私達の製品を中国に輸出するには関税を免除してくれたのだ」。

陳政輝は漏らして、2010年から中国―アセアン自由貿易地域が創立した後に、中国はマレーシアとインドネシアなどのアセアン国家に対して90%の輸入商品のゼロ関税を実行して、相関国家の企業が製品を持っていて中国に来て市場を切り開くように励ました。これらの政策の情報がマレーシア当地に伝わった後に、多くの中国展会の企業誘致に便宜を持ってきた。今期の海糸博覧会は170社のマレーシア企業と100社のインドネシア企業があって、主催側は両国展示業者のために専門的に施設を開設した。

たくさんの展示業者にとって、海糸博覧会は業界の風向計だけではなく、更に中国最新の政策のプラットフォームに知られている。今期の展会で行われた2018自由貿易協定と広東「外資10条」政策の宣伝・説明は、多くの海外展示業者に参加するように吸い寄せた。「今まで、中国はすでに24カ国家と地区と16自由貿易協定を締結して、貿易の‘モーメンツ’が更に拡大した。」商務部投資促進事務局自貿易区協力部処長である閆花はが現場で使って我が国自貿易区の全体建設の情況と進展を紹介した。

展会の準備と開催は、全部で月数だった。中国からの最新貿易政策は、駐現地経済と貿易機関が海外の商人より広めるのだ。記者は聞かれて、この数年、海糸博覧会によって、広東と50余り「一帯一路」沿線国家と地区の政府部門、ビジネス機関と商務部門は各方面の疎通と協力の構造を創立した。

陳越華は表して、現在のところの広東は累計で海外経済と貿易代表処の21個、海外広東商業会議所16個を設立して、沿線国家の60余り商工業の組織と長期の協力協議を締結して、更に広東の対外合作の交流する「モーメンツ」を強化し発展させて、広東と「一帯一路」沿線国家と地区の協力でに深くなってために交流体系を作り上げた。

海糸博覧会に頼り協力ネットワークを建設し、東莞も相前後して米国、アラブ連合共和国、南アフリカ、イスラエルなどで多数の経済と貿易代表処と事務所を設立して、アフリカ、アメリカとアジアが含まれる。

今期の展会の成果発表会で、市役所副事務総長である鐘彬は本紙記者の取材を受けた時に、これらの海外サービスネットワークに頼り、東莞は積極的に沿線地区と国家と製造加工などの重点領域の協力を推進して、強力にエチオピアと―中国と東莞華堅国際軽工業園、唯美陶磁器(米国)生産基地などの重点プロジェクトの建設を進めて、「東莞製造」の製品、技術、標準とサービスを順調に「歩いて出て行く」ように促進した。

同時に、展会で接触した後、東莞も相前後して東莞優良品質の企業を組織して南米、アフリカ、ロシアと中東、アセアンのなど新興市場を開拓して、ドバイ、南アフリカで東莞ブランド展示即売センターを創立して、力を入れていつまでも幕が下りない展貿易会を創建する。

商品の流通を促進した

東莞企業に協力して更に「導入してくる」「歩いて出て行く」を実現する

毎期の展会で全世界の50余り国家と地区の各種の特色の商品が争い合っている背景で、中国製品、特に東莞製造の製品、展会中で包囲を突破して、更に競争力を備えなければならない製品が必要になる。記者の取材で発見して、「一帯一路」市場に対応して、会社の目玉品目を取り出す東莞企業があり、中国文化、歴史の気持ちで文章を作る企業もある。

東莞市大洋文創伝播有限会社の展位で、西城楼図案の布袋、「二居」(居巣、居廉)を印刷してある小さなうちわがあり、莞香、莞塩、莞草で製作されたプレゼントがある。いくつかの濃厚な東莞元素がある文製品は大人気を受けて、多くの仕入商に足を止めて鑑賞するように吸い寄せた。

東莞市天鋮錫業有限会社の社長である陳敬東、今期の海糸博覧会3040モデルの中国特色のあるすず器を展示した。たくさんの人がこの手慣れた仕事を忘れた。陳敬東は、社会の工業化過程に従って、アルミニウム製品、プラスチック製品はすずの製品に取って代わって、すず細工職人の業界は減らしたと語った。この展会に頼り、次第に人々のすず器に対する追憶を呼び覚まして、海外の人なだけではなくて、たくさんの国内の旅商人はすべてすず器に対して興味を満たして、モーメンツの「タイムカード」になった。

最も中国特色のある茶文化コーナーで、今期の展会の前2日間で、パキスタン、ケニア、ウクライナなどと10余り国家からの旅商人を受け付けて1200延べ人数に達した。一応の統計によると、2日間、茶文化コーナーの展示に参加する企業と「一帯一路」沿線国家の旅商人の意図の成約が約2000万元になった。多くの茶企業は近年「一帯一路」と沿線の企業の協力が絶えず増加してきた。

「展示に参加する前の数日間、われわれはロシアからきたウリヨノフスク経済特別区の副総裁であるデニス氏の率いたロシア視察団を迎えた。」東莞元和本茶有限会社の社長である劉潤佳が語った。この会社は去年の海糸博覧会でスイスの旅商人の愛顧を受けて、双方はスイスで合弁会社を創立した。今年、この会社が更にウクライナなどの国家の旅商人を迎えて、面談して協力で中国の伝統のプーアル茶を現地で販売する。

東莞市詹森褚斯貿易有限会社が建てた非遺館コーナーで、パキスタン、カンボジアなどの国家の旅商人を受け付けて、彼らは中国の陶磁器文化製品に対してたいへん興味を持って、双方は270万元の協力意向を締結した。

今年展会の新たに増加する電子情報と知能装備ハイエンドコーナーは最も「東莞製造」特色のコーナーである。このコーナーは主に人工知能、電子情報などの製品を展示して、たとえば工業自動化とロボット、動力技術装置、知能伝動制御設備、知能住まい、バーチャル・リアリティー移動と現実、3Dプリントなど。

概算統計によると、このコーナーは2日間受け付けてただ「一帯一路」沿線国家の旅商人から来て3000数延べ人数に達した。記者は取材中で発見して、東莞市科創オートメーション化科学技術有限会社は2日間連続してベトナム、ロシア、シンガポールのなど国家からの旅商人を受け付けて、彼らの会社のオートメーション化設備、組み立てに対してオーダー制などの製品を表示しないでたいへん興味を持ちを包装して、協力意図金額は100万元に達した。

貿易の融通を促進した

更に貿易便利化のレベルを高めることを促進する

毎期の展会で、すべて50の国家と地区が各類の商品の数万種類を展示し、その中にこれまで国内市場に入っていない商品がある。どのようにこれらの商品に更に順調で手っ取り早く国内に入ることができて取引を展示するのか、滞りがない貿易のルートを開通するかは東莞の解決するべき問題である。

「道さえ通じれば財が通じる」。鐘彬は本紙記者に教えてて、東莞は陸路運送、海運、航空運送などの3つの方面に力を入れていて、「一帯一路」重要な中枢を創建し、積極的に企業に物流効率を高めて物流コストを減らす。

陸路運送について、中ロ貿易産業園と石竜鉄道国際物流基地の建設を牽引にして、強力に国境を越える列車業務を発展する。今昨年第3四半期、東莞始発の国際列車は8312コンテナで、同時期と比べて18.3%増加した。貨物輸送量60881.6トン、同時期と比べて40.45%増加した。

海運について、現在のところの東莞がまっすぐでしっかりと「一帯一路」提案をめぐって、複合一貫輸送の水陸の中枢を創建している。十分に東莞港の台湾直航、香港の密集している外国貿易の艀優位を持って、東莞港と日韓と東南アジア諸国沿線港の直航を推進して、現在のところの東莞港は19条の国内取り引きの航路と5条の外国貿易の航路を持って、全国港の前列に登った。

航空運送について、十分に東莞の広州、深セン、香港などの三大空港の中心に位置している優位を利用して、万唯物流園有限会社の運営する「中国スーパー幹線」プロジェクトの全体が寮歩車検場に移転して倉庫を建設することを推進して、東莞通達沿線国家のの「空中のシルク・ロード」を敷いた。

鐘彬は思って、「陸海空」国際大通路の建設を通して、わが市の「一帯一路」の中の「交通の中枢」地位を更に強化して、全面的に立体の化の開放的で新しい構造を作り上げたと思っている。

このおかげで、ここ数年来広東は更に「一帯一路」沿線国家と地区の取り引き提携を拡大した。海糸博覧会も東莞企業の沿線国家の経済と貿易と交流する重要なプラットフォームになった。このプラットフォームを通して、東莞は自身を形成する経験と基礎に発展して、各国の発展の願望と比較優位と結合して、「一帯一路」沿線国家を東莞企業の貿易の業に盛んになる肥沃な土地になる。

ここ数年から外国貿易のデータからみると、全市は「一帯一路」輸出入貿易総量が2013年の1271.0億元から2017年の2099.9億元まで、65.2%増加して、全市を占める比重は13.4%から17.1%まで上がった。

特に今年18月、全市は「一帯一路」地区の輸出入貿易総量は1872.5億元で、同時期と比べて22.6%増加して、1210.5億元輸出して、同時期と比べて30.6%増加した。その中、機械・電力設備の輸出は78.1%になった。今年まで8月、東莞市と「一帯一路」沿線国家の投資協力国別の数量は15まで増加して、投資項目数は49個、投資額は2.9億ドルに達した。

出所時間網


无标题文档