无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
2018海糸博覧会は開幕ハイエンド電子情報製品は華やかに登場
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-10-30 [このページを印刷]    [クローズ]

ボランティアが展示場所で展示業者にサービスしている。

12018海糸博覧会は開幕。

 2、各国の特色製品は仕入商を吸い寄せた。

3、ミャンマー館で現地特色のある器具を展示している。

 4、韓国館で各種の化粧品を展示している。

 5、観衆はタイ式マッサージを体験している。

 6、仕入商はマレーシアの製品を聞き取っている。

 7、イ族の女の子は現場で舞踊を踊っている。

東莞市偉力合ロボット有限会社が展示した高性能のマジックハンド。

25日、2018広東21世紀海上シルクロード国際博覧会は東莞広東現代国際展覧センターで開幕した。57カ国と地区からの1732社の企業が各自特色の製品を携帯して展会に登場し、新型製品を発表し、観光プロモーションなどの関連イベントによって、展示に参加する旅商人はいっぱいに収穫した。

初めて電子情報と知能ハイエンド装備展を設立する

1時間1200切れの太陽エネルギー電池板を溶接できるソルダリングマシン、子供がプログラミングと知能的にインタラクティブの教育ロボット、負荷20KGの農業用ドローン、3Dプリントペン。電子情報と知能ハイエンド装備展で展示された製品は国内外の仕入商に展位前で足を止めて見るように吸い寄せた。

組織委員会事務局の紹介によると、広東産業優位と特色計画を打ち出し、海糸沿線国家と地区消費の需要と結び付けて、今期の海糸博覧会は初めて電子情報と知能ハイエンド装備展を設立し、展示コーナーは200個、主に人工知能、電子情報などの製品を展示して、例えば工業自動化とロボット、動力伝動と制御技術装備、智能移動設備など。

東莞本場企業である五鑫オートメーション化科学技術有限会社のプロジェクト部マネージャーである楊忠煕は記者に教えて、今回の海糸博覧会、彼らは全自動電池板ソルダリングマシンを展示した。彼は紹介して、この全自動電池板ソルダリングマシンは1時間に1200切れの太陽エネルギー電池板を溶接することができ、人工では1時間最多で100切れ溶接する。効率から言うと、1台の機械は8人に取って代わることができて、1人は同時に4台の機械を監視することができる。その他に、この機械は6項の特許を持っている。

楊忠煕は表して、会社の機械は東南アジア、アフリカなどの地区で売られて、海糸博覧会に頼り製品をより多くの国家で販売したくて、同時に海糸沿線国家の太陽光発電業界の為に時間とコストを節約して、製品の品質を高める。

珠海羽人農業航空有限会社の外国貿易マネージャーである劉娜は表して、会社はすでに連続して多期の海糸博覧会に参加して、展示に参加する最初に、仕入商は農業用ドローンを了解しなかった。ここ2年、農業用ドローンは次第に熟知され、専門的に展会に来てドローン製品を探す仕入商がいて、「今期の海糸博覧会で、われわれは多機能で積載重量20KGの新しい農業用ドローンを持ってきて、展示の1日目に、商談しに来る仕入商がいた。

買い手はよりプロになって、一部の展示業者は規模を拡大した

組織委員会事務局の紹介によると、今年のコーナーは前回の「1+6」から「1+4」に調整され、「1」は海糸沿線国家(地区)総合展であり、主要に海糸沿線国家の特色製品を展示する。更に展会の仕入れ効果を向上させるため、事務局は欧米商工業が海外外国商人協会との提携を強化し、中国商業連合会、中国百貨商業協会などの国内重点の商協会との連絡を強化し、会員企業を始めて展示会に出席するように吸い寄せる。

欧米商工業会の事務総長である成立厳は、欧米商工業会は今回70社の企業を組織して展示に参加し、共に84展示コーナーがある。1日目に200余り社の仕入商を組織して参加した。

どうして数多くの仕入商を組織できるかに言及して、成立厳は、連続数年の開催を経て、海糸博覧会は海外で大きな知名度があった。「ルーマニア代表団は去年の海糸博覧会に参加した後、良好な販売量と注文書を得て、展示コーナーも去年の10余りから今年の40余りになった。

記者は、チリの展示コーナーで特色なレイアウトしてナトリウム塩、本土のコーヒーなどの製品を見つけた。チリからの展示業者である王竜は、とても光栄に今回の海糸博覧会に参加して、雰囲気がとても良いと感じて、ほかの国家の新しい商品も見ることができて、これからも海糸博覧会に引き続き参加したいと語った。

特色の真珠や宝石、特色の健康食品、カシュー・ナッツ、米、コショウ、ススキドライ・フルーツ、ドリアン、ジンコウマホガニーの家具。これらの展示物はすべてカンボジアコーナーから来て、すばらしいものが数多くある展示物は顔だけではなく、その上とても「栄養」がある。カンボジア広東商業会議所の副事務総長である鄭漢貴は、今回の海糸博覧会で彼らはその他2社の商業会議所を共同して、共に34社の企業を組織して展示に参加して、国内の仕入商のためにカンボジアの特色を高く備える商品を持ってきた。

カンボジアの宝石商であるタンマス氏のコーナーでは手作りの銀の碗、銀のやかん、銀の腕輪などの製品を展示して、タンマス氏は記者に教えて、彼はすでに連続5年に海糸博覧会に参加して、毎年に参加する展会では、すべて製品を問合せする人が大勢で、今年も良い販売量を得たいと語った。

30余り国家と地区は中国の観光客をねらう

現場製造のタイ式水ライト、特色のタイ式マッサージ体験、0基礎のタイ舞踊教育、今期の海糸博覧会の観光文化展で、これらはすべて現場で体験することができる。

組織委員会事務局の紹介によると、今年の海糸博覧会の観光文化コーナーに参与する400社の海糸沿線の30余り国家と地区の旅行社、観光地区、航空会社と郵便配達の船会社などの展示業者と専門の仕入商があった。この以外、去年の基礎で、今年展会は特にアフリカ、サバなどの特色コーナーを増加した。

タイの国家観光局広州事務所の従業員は表して、これはタイの国家観光局広州事務所の第4回にこの展会に参加したのだ。このプラットフォームを通して、より多くのパートナーを知っていて、双方の連絡を強化したい。彼は、東莞市は珠江デルタにおける重要な都市の一つとして、代表処はずっと現地のタイ旅行市場を広めて、より多くの広大な市民に独特なタイ体験を持ってきて、タイの国家観光局広州事務所はタイの役者と技師に東莞に来て現場の観衆にタイ風情のダンスを演繹する。観衆は舞台に上がってタイのダンサーとと一緒にインタラクティブを体験することができて、タイの舞踊を学んで、正統のタイ式マッサージも体験することができる。

タイコーナーと違って、アフリカコーナーはそれぞれの国家の小冊子をレイアウトして、現地からの展示業者は翻訳とと一緒に通る仕入商に本国の観光の特色を紹介した。ナミビア共和国現地の知名旅行社の総裁である浦葉は記者に教えて、彼女が初めて海糸博覧会に参加して、主にナミビアを広めて、ナミビアは旅行できる国家であるとより多くの中国観光客に知らせたい。

■関連情報

『莞香に出会う』の新刊書発表会が行われた

25日の海糸博覧会の現場、『莞香に出会う』は発行式典を行われた。海糸博覧会組織委員会の事務総長、東莞市委員会の常務委員である楊暁棠、海糸博覧会組織委員会事務局の副事務総長、東莞市の商務局局長である蔡康は式典に出席した。

莞香は東莞の地名で命名されるジンコウの貴重品であり、東莞の文化記号とシンボルであり、悠久の歴史の文化遺産である。蔡康は表して、「一帯一路」、広東・香港・マカオ大湾区などのチャンスの目の前、莞香は新しい生命力、新しいビジネスチャンスを配ると語った。

調査によると、この本は「東莞に入って、莞香に出会う」「歴史を通り抜けてジンコウを味わう」「革新を伝承してジンコウを愛玩する」「皆で知恵と力を出し合ってジンコウを広める」などの4つのページを含む。読者1歩ずつ東莞に「入って」、歴史の足どりについて行って、改めてジンコウ歴史背後の人文ストーリを発見する。

「『莞香に出会う』は、ジンコウという世界の最も見事な味に対する追跡からである。」この本の編集主幹である陳鏡順は表した。この本は今期の展会で発表して、海糸博覧会の影響力に頼りたくて、莞の香産業が改めて「歩いて出て行って」、より多くの「一帯一路」商店に知らせて、認識させ、莞香が好きになることだ。

東莞元素の文創製品は大人気があった

西城楼図案の布袋、「二居」(居巣、居廉)が描いた小さいうちわ、莞香、莞塩、莞草で作られたプレゼント。東莞市大外国語創伝播有限会社の展位で、濃厚な東莞元素の文創製品は大人気があって、多くの仕入商に足を止めて鑑賞するように吸い寄せた。

この会社のプロジェクトの責任者である王皓賢は記者に教えて、「今回の展示した200数件の文創製品の中ですべて東莞元素、或いは東莞の古跡、或いは東莞の有名人の名作、或いは東莞の伝統製品を含む。たとえば莞香、莞塩、莞の草は東莞の三宝と呼ばれている。」

彼がピンク色の細粒をいっぱいにしたガラス瓶を取って記者に教えて、人々は東莞の莞香、莞草を知っているが、莞塩はよく知っていない。ガラスの瓶の中に莞塩があって、莞塩は海塩である。今もこのものを製作する人は多くない。

調査によると、この会社は東莞本土高校である東莞理工学院の実習基地である。今回の海糸博覧会で、会社も60件ぐらいの学生の卒業作品を選んで展示に参加した。記者は現場で、これらの学生製品は各種の東莞の古跡を印刷してある布袋、莞香箱などの東莞特色の作品がある。王皓賢は漏らして、学生製作の作品は展示するだけ、販売しない。残りの展示物のすでに多くの人は引合、問い合わせを始めて、あるもの買いたくて、あるもの代行したくて、反響が良いである。

200数名の「青いベスト」海糸博覧会にサービスする

「お手伝いしますか」「通訳致しますか」海糸博覧会の現場で、青いベストを着る学生は異なる出店場所で泳いで、展示業者のために翻訳を含める各種のサービスを提供した。彼らは東莞理工学院外国語学部からのボランティアである。

チームを率いる先生の紹介によると、今回の東莞理工学院外国語学部は200数名のボランティアを組織して海糸博覧会でボランティアサービスを提供した。より良く海糸博覧会にサービスするため、学校は前の段階イベントを行った前に動員して、イベントの織規律、持ち場の職責に対して厳しく要求して、そして言語規格、翻訳技巧などの育成訓練を行った。同級生達は再度に旺盛な情熱で、堅固な専門の基礎、熟練している言語能力で2018海博会のボランティアを行い、シルク・ロード沿線国家からの海外の展示業者達のためにビジネス通訳サービスを提供して、莞工学生の風采を展示した。

調査によると、2014年第1期海糸博覧会が東莞で開催したから、莞工外国語学部は連続5年で学生を組織して大会のボランティアに参与し、5年来の累計で千延べ人数のボランティアを提供した。青いベストを着ているボランティアは毎期の展会で明るく美しい景色になった。ボランティアが仕事に対する熱意と専門の知識、何度も世界各地からの展示業者、仕入商と取引先の一致の好評を得た。

出所:南方日


无标题文档