无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
生益電子は江西で新しいプロジェクトを創建するプロジェクトの投資規模は15億元
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-10-30 [このページを印刷]    [クローズ]

1026日晩、本土上場企業である生益科技は公告を発表して、理事会は子会社である生益電子株式有限会社(以下は「生益電子」と略称すうr)は万江での生産能力の転移所在地を江西省吉安市井岡山経済技術開発区に選定し、高精度基板プロジェクトに投資して、一応プロジェクトの投資規模は15億元で、そして井岡山経済技術開発区管理委員会とプロジェクト投資契約書を締結した。

生益電子の生産能力を拡充する

26日、生益電子は井岡山経済技術開発区管理委員会と『ハイエンド印刷配線板プロジェクトの投資契約』を締結して、会社は井岡山経済技術開発区で約179ムーの工業用地(実際面積は赤ライン図による)の土地使用権を予定して、高精度基板プロジェクトに投資して建設し、一応金額は15億元で、主要に通信ネットワーク、サーバーとその他領域の高精度基板の研究開発、生産と応用に従事している。

生益電子は江西で新しいプロジェクトを創建するのは、どんな考えがあるか。生益科技の公告によると、「このプロジェクトの投資は、生益電子の万江工場の引っ越した後の生産能力の損失を補充することができて、生益電子の生産能力を増加して製品構造を最適化させる」。

公開された資料によると、生益電子の万江工場は4.4万㎡で、東城工場の総占有面積は18万㎡に達した。生益電子は主に通信ネットワークの高層、高密、高速板をコア製品にして、同時に通信端末の消費類別の家電製品の高位HDIELIC製品が含まれる。

ハイエンド製品のレイアウトを加速する

この前、生益科技の発表した半年報告書によると、会社は上半期に経営収入が58億元を実現して、同時期と比べて19.66%増加した。上場企業の株主純利益は5.33億元を実現して、昨年同時期に比べて1.25%減らした。

今年上半期、生益科技は生産ラインの最適化を実施し、製品構造を調整し、経営収入はわりに高いスピードの増加を維持した。でも、東莞上場企業の「金が儲かる王」であるが、生益科技の今年利潤能力はある程度下がって、その純益は同時期と比べて1.25%下がった。業績を分析する時、生益科技は、製品の価格変動と原材料原価の上昇に伴って、製品の売上総利益率が損失を受けた。

今のところ、生益科技の所属子会社はその一部の生産能力を江西に移転して、その外面へ拡張した戦略の意図も次第にはっきりなってくる。東莞で、生益科技も力を出しているハイエンド製品の研究開発と生産に取り組んでいる。

記者は聞かれて、生益科技は国内資本の銅張積層板の蛇口として、積極的に高周波、高速製品の市場を占拠していて、会社の自主的に研究開発した炭水素材料がアンプ領域に応用してすでに量産を実現した。2019年に5G商用の開始に従って、生益科技の高周波高速製品の注文書は爆発して増加を迎え、会社の業績を動かす見込みがある。

出所時間網


无标题文档