无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞茶商は海糸博覧会に頼り「一帯一路」旅商人を吸い寄せた
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-10-30 [このページを印刷]    [クローズ]

茶は古代海上シルクロードの重要な商品であり、21世紀の今日なお、中国のお茶は依然として国外旅商人の歓迎を受けている。今年の海糸博覧会で、東莞茶商達はすでに準備万端で、海糸博覧会に頼り、より多くのビジネスチャンスを迎えたい。

茶商は展会によってロシアからのお客を吸い寄せた
東莞の茶保存量は驚異的で、そのため「藏茶の都」との美称があった。
市茶文化促進会の事務総長である楊鋒の紹介によると、東莞にはおよそ40数万トンの茶量があり、その中でプーアル茶を主にして、市場価値はおよそ1500億元で、海糸博覧会で、東莞茶商は次から次へと登場し、多くの国外の旅商人を吸い寄せた。
東莞元和本茶葉有限会社は海糸博覧会によって、スイスの合作会社を見つけて、自分で歩いて出て行く表門を開けた。
「黒茶の落ち着き、プーアルの重々しさ、紅茶の高さ、白茶の清明、緑茶の美しさ。」この会社の社長である劉潤佳は取引先にこのように紹介した。正に各種の展会によって、元和本はロシアの旅商人を吸い寄せた。
「私達の毎期の海糸博覧会に参加して、主に海外市場とマッチングするのだ。」劉潤佳は記者に教えて、今回に展示に参加するのは主に海糸博覧会の海外市場での輻射力と影響力が気に入るので、いくつかの海糸沿線国家の大販売店、代理店とマッチングする。

東莞茶商は白茶を携えて初めて展示に参加した
2003年、東莞人の尹錦平夫妻は「福麟茶業」を創立して、彼らは2003年からお茶と縁ができて、石美の茶市場で雲南の優良品質のプーアル茶ブランドを経営して、お茶の商売をしっかりと行うため、彼らは長年にわたり雲南の各大茶山を行き回って、異なる茶原料の茶性を訪れて、生産したプーアルは陳香で、東莞市場の歓迎を受けている。
東莞にはたくさん尹錦平夫妻のように自分のブランドを創立した茶商がいて、紹介によると、今年彼らは主に竹筒茶を展示して、それ以外に、現場でお茶を味わうためにティーバッグを製作した。
東莞市喬制白茶有限会社の社長である翟国堅はここ数年にわたり白茶と縁ができて、自ら福建福鼎の白茶生産区に来て、自己ブランドの白茶を研究開発・生産している。会社は2017年に自主ブランドを創立した。ここ2年、白茶の効用と市場の潜在力は資本に関心を持つように誘発して、企業の急激な発展を動かして、現在のところ、この企業はすでにそれぞれ広東、遼寧、陝西、台湾、香港などで9社の専売店を設立した。 今年彼らは初めて海糸博覧会に参加したのだ。
「この海糸博覧会によって海外市場に入りたくて、この機会を利用して広めて、この期は主に白茶概念を広めたい。」と翟国堅が語った。

大益茶は展示に参加して中国の茶文化を広めた
プーアル茶を言えば、大益茶が欠けられない。東莞市茗悦居茶業有限会社は大益茶の授権販売店であり、責任者である王柱銘も同時に省茶文化促進会の常務理事、東莞茶文化促進会の副会長、茶業界協会の副会長に務めている。現在のところ会社は既存の5社の自営大益店で、50ぐらいの聯営大益店は東莞の各鎮区に分布されている。
去年の海糸博覧会で、この会社は大益ハイエンドの古木熟茶「柔侠・宝箱」のイベントを開催して、直接にプームを引き起こした。この会社の展示館の現場で、その年に15万元/板の呉遠之さん署名版の「英雄駿馬」を競売した。王柱銘は表して、今年は彼らの3回目に海糸博覧会に参加するので、国内外の飲茶習慣が異なっているかもしれないが、彼は中国の茶文化を広めたくて、より多くの人々にプーアル茶を了解させたい。
王柱銘の紹介によると、東莞はプーアル茶の「第2故郷」であり、特殊な地理と気候の優位に頼り、東莞のプーアル茶の茶保存量はが極めて大きくて、倉庫経験と標準は全国において最も発言権を備えて、彼も2000トン以上のお茶を保存している。(記者の張欣儀)

関連ニュース
今年観光文化展はアフリカ、サバなどの特色コーナーを増加した
2018広東21世紀海上シルクロード国際博覧会は10月25~28日に東莞で行われた。2018海糸博覧会の4つの専門展として、観光文化展の輝点が十分であった。

アフリカ、サバなどの特色コーナーを増加した
今年海糸博覧会の観光文化コーナーは海上シルクロード沿線国家と地区の観光と協力交流を深めて、去年の基礎で、特にアフリカ、サバなどの特色コーナーを増加した。調査によると、今年積極的に海糸博覧会の観光文化コーナーに参与する海糸沿線の30余り国家と地区の観光局、旅行社、観光地区、航空会社と郵便配達の船会社などの展示業者と専門の仕入商が400社ある。
海糸博覧会の観光文化コーナーの展示場所分布図から見ると、2018海糸博覧会の観光文化コーナーは共に179特展示場所を設置し、全体の観光文化コーナーは広東観光イメージ展団、東莞観光イメージ展団、海外国家観光局展団、海外観光企業展団、特色観光区展団、観光逸品商品展団、観光特売区展団などの7つの部分に分けられ、すべての展示館は特別に設置する。
その中、東莞観光イメージ展示ホールは「東莞―広東・香港・マカオ大湾区の特色多元旅行目的地」をテーマにして、中国近代史始編の文化旅行、嶺南古村文化旅行、全域旅行、田舎旅行、都市観光など五大プレートに分けられ、画像塗装、動画放送、実物展示、プログラム、現場インタラクティブと製品販売など形式によって、海糸沿線国家と地区の展示業者と観衆の多次元度、各方面に東莞の特色の多元の観光のイメージが現れる。

環球旅行特売などがあなたを待っている
今回の海糸博覧会の観光文化コーナーは観光恵民理念を体現している。
調査によると、今期の海糸博覧会の観光文化展はそれぞれ展示業者、観光企業、旅遊商を統合して、観光のクラブなどいろいろと資源の交流のインタラクティブ、現場の取引に力を合わせる以外、展示業者達は次から次へと特色プロジェクト、特色旅行用品などと観衆を持ってきてゼロ距離で接触できる。タイのすばらしいプロジェクトのタイ式のマッサージ、古思図の旅行するバッグ、雲の上の郵便配達の船、米国のフランスの赤ワインなどはすべて非常に期待されている。
環球の観光特に売場の現場の観光の人気発売のイベント、珠江デルタ市民に意外な喜びに持ってくる。環球旅行特売区展団は珠江デルタ各旅行社は全世界観光局、旅行社、観光地区、航空会社、郵便配達の船会社などの展示業者から構成される。各参展旅行社は1万の定員の特恵での旅行する製品を上回って珠江デルタ市民に現場を行って争って買うように供える。現場の人気発売特価旅行製品の数量、恵民値下げ幅、製品特恵の形式は往年を上回る。

出所:東莞時間網

无标题文档