无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
海糸博覧会は東莞外国貿易経済のために新しい活力を注ぎ込んだ
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-10-30 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞陽光網のニュース ブランドの知名度の向上に従って、海糸博覧会は次第に多くの海糸沿線と相関国家の認可、肯定と参与を得た。学者は思って、展会は「‘一帯一路’を推進し、沿線国家との産業協力を促進」の推進補助器として、東莞の対外貿易バランス発展に対して効果が次第にはっきりと示している。。
今年に海糸博覧会に参加する国と地区は全部で57か所で、その中、39国(地区)館を設立して、国内外の影響力は年々上がって、展会は「商売、商談、広東に着く」のテーマを体現していて、効果的に広東と沿線国家の経済貿易協力、文化交流などを促進した。学者は、国際経済情勢がより複雑なの状況で、海糸博覧会は広東地区と海上シルクロード沿線国家の産業協力の契約点を深く堀て、国際市場を広く開拓して、変えすぎ発達している経済体の局面に依存して、国際協力の新しいプラットフォームを創建すると思った。
東莞理工学院経済と管理学院国創学部の主任である楊建清は、現在のところの国際経済情勢はより複雑で、海糸博覧会のプラットフォームを利用して市場を開拓・発展して、外国貿易に対してとても大きな効果があって、東莞の経済の安定な発展を保証することに利益がある。
統計によると、全市は「一帯一路」地区の輸出入貿易総量が2013年の1271億元から2017年の2099.9億元に上がって、65.2%増加して、全市を占める比重は13.4%から17.1%まで上がった。その中は輸出額は641億元から1275.2億元に上がって、98.9%増加した、輸入額は630億元から824.8億元まで上がって、30.9%増加して、2018年1~9月、全市は「一帯一路」地区の輸出入貿易総量は1872.5億元で、同時期と比べて22.6%増加した。
今期の海糸博覧会の海外企業の展示場所は1405個、およそ55%占めて、国内企業の展示場所は1155個、45%占めている。学者は、現在のところ、国家は積極的に輸出貿易と輸入貿易のバランスのとれた発展を提唱して、海糸博覧会は正式に貿易のバランスのとれた発展の良好なきっかけであると思った。
東莞理工学院経済と管理学院の教師である石碧涛博士は、適切に輸出を拡大する同時に、同じく国外の製品、特に優質製品を増加して、民衆の高品質製品の需要を満足させ、一方では輸出の合理的な増長速度を維持して、一方では輸入するスピードと規模を増大して、貿易のバランスのとれた発展を維持すると思った。

出所:東莞陽光網

无标题文档