无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
2018海糸博覧会が開幕 57か国と地区の1732社の企業が展示に参加するように申し込んだ
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-10-30 [このページを印刷]    [クローズ]

展示業者は展示館で展示を用意している

海外の展示業者は展示物をレイアウトしている。

2018広東21世紀海上シルクロード国際博覧会(以下は「海糸博覧会」と略称する)は今日東莞市厚街鎮広東現代国際展覧センターで開幕し、展会の前2日間は専門観衆日であり、その後2日間は公衆開放日であり、全部で4日間である。24日、記者は現場で取材する際に、多くの展示業者は展示をレイアウトしていて、彼らは展会に対して期待を満たして、新しいパートナーを探したい。5大コーナー15場の関連イベントも準備が終わって、続々と登場する。

欧米商工業会は70社の企業を組織して展示に参加する

記者は現場で全部の3番館が忙しくて、企業の展示に参加する人員が急いで最後時間で最も良い展示の効果に達するようにレイアウトしている。

「もっと中へ」、「え、たいていそのまま」。モンゴルからの貿易会社の従業員は製品の放置位置をレイアウトしている。この国商工業会のエイヘイザヤ氏は記者に教えて、今回全部で7社の企業を組織して展示に参加しに来て、すべてカシミヤ製品の貿易に従事している企業で、海糸博覧会によって新しい代理店を探して、新しい市場を開拓したい。

エイヘイザヤ氏は「東莞は南方に位置しているが、今の天気も次第に冷たくなって、だから私達はカシミヤ製品の販売に対してとても自信がある。」と語った。

ルーマニアからの赤ワインと木製品、ベルギーのチョコレートとなど特色の製品はすでに続々と展台を振った。欧米商工業会の広報部主任である王暁蘭は記者に教えて、今年欧米商工業会は70社の企業を組織して展示に参加しに来て、そして組織してルーマニア、ベルギー、モンゴル、ポルトガル、オランダの5つの国家館を設立して、去年は1つしかなかった。国家館の増加は主に海糸博覧会組織委員会が現地で開催したプロモーションのおかげである。これらの国家政府と企業がプロモーションから海糸博覧会を了解した後、たいへん興味を持って、だから次から次へと参加しに来た。

王暁蘭は、欧米商工業会はすでに連続して何度も海外の企業を組織して海糸博覧会に参加して、企業は展会の効果に対して自信満々であると語った。

電子情報と知能ハイエンド装備の展示コーナーを新しく設ける

広東省投資促進局の局長である孫斌の紹介によると、今期の海糸博覧会では展示に参加する57カ国と地区から1732社の企業があって、その中、海外企業1221社、70.5%占めて、国内企業511社、29.5%占めていて、展示場所2560個で、その中、海外企業の展示場所1405個、およそ55%占めて、国内企業の展示場所1155個、45%占めている。展示に参加する国と地区が全部で57で、去年に比べて1カ国増加した。前回と比較して、今期の海糸博覧会のコーナーも最適化に調整され、展示に参加する企業の品質が着実に高める4つの輝点がある。

調査によると、今期の海糸博覧会の展示面積は7万㎡で、2560展示場所を設ける。前回と比較して、今年コーナーは「1+6」から「1+4」に調整され、「1」は海糸沿線国家(地区)の総合展であり、主要に海糸沿線国家の特色製品を展示する。「4」は4つの専門展であり、電子情報と知能ハイエンド展、住まい日用消費財展、観光文化展と特色食品と茶文化展が含まれる。海糸沿線国家の特色を調整して、いっそう十分に広東産業の優位を体現している。その中、電子情報と知能ハイエンド装備展は今期の海糸博覧会で新しく設立するコーナーであり主に「一帯一路」沿線国家と地区の工業化、情報化の需要に迎合する。

了解によって、今年の海糸博覧会の観光文化コーナーは海上シルクロード沿線国家と地区の観光に深くなってと協力して交流し、去年の基礎で、特にアフリカ、サバなどの特色コーナーを増加した。調査によると、今年積極的に海糸博覧会の観光文化コーナーに参与する400社の海糸沿線の30余り国家と地区の観光局、旅行社、航空会社と郵便配達の船会社などの展示業者と専門の仕入商がある。

15場の関連イベントは仕入のマッチングを促進する

孫斌は、今期の海糸博覧会は展示に参加する国と地区は共に80カ所で、去年に比べて1カ国増加した。1732社の展示に参加する企業の中で、海外企業1221社、70.5%占めている。これは海糸博覧会の展示に参加する企業の国際化程度がとても高いことを表明して、これは主に海糸博覧会組織委員会の海外提携ネットワークが絶えず広く開拓するおかげである。今年の展会準備期間において、海糸博覧会事務局(以下は「事務局」と略称する)が3ラインの9つの国家に向かって企業誘致ロードショーを展開し、その中、オランダ、フランス、ベルギー、ポルトガル、フィリピンなどの国は事務局が初めてプロモーションを行い、現地の商協会と協力協議を締結して、効果が良好であった。

それ以外に、いくつかの優良品質の有名な企業は積極的に展示に参加して、たとえば格力、中車、中国聯通、中国鉄建、大族激光など、更に展会の品質を高めた。

東莞展会の現場で、組織委員会は2018自貿協定と広東「外資10条」(改訂版)政策の宣伝・説明会、東莞―インドネシア企業の貿易投資会、マレーシアの展示に参加する企業の製品展示会、『莞香に出会う』新本の発行記念式、2018全世界社交新小売りトップ会議、タイビジネスが交渉会、欧米商工業会「一帯一路」一連の活動の西欧と経済と貿易交流会などをの15場の関連イベントを開催し、更に仕入れのマッチングを促進すると語った。

孫斌は、商務部は海糸博覧会の時に、現場で自貿協定の関連する宣伝・説明を行い、これは海糸博覧会が2013年から、影響力が次第に大きくなることを証明する。

了解によると、広大な旅商人の観展に便宜を図るため、事務局はネット上で予約登録システムを開通した。登録予約は海糸博覧会のウェイチャット公衆号に登録し、「私は見学する」のメニューをクリックして、予約べージに入って登録する。専門仕入商は「仕入商の名刺撮影登録」をクリックして、関連情報を記入してください。「普通観衆の入口」は102618時に登録できる。登録を予約した後に、身分証を携帯してQRコードで入場する。

■関連情報

東莞税関は海糸博覧会を「護衛」する

記者は黄埔税関隷属東莞税関から聞かれて、展会準備期間、税関が積極的に参与して、能動的に展会主催者とマッチングし、展示に参加する企業の通関需要を了解して、通関1科で専門窓を設立して、展示品の入国手続きを取り扱う。展会期間、この税関は豊富な経験を持っているスタッフを派遣して、現場で展示に参加する企業、旅商人のために、全行程で税関政策の問い合わせなどのサービスを提供する。

展示品が直ちに入国することを確保するため、東莞税関は展示品に対して通関予約を実行し、企業の時間とコストを節約する。現場に運送しにくい展示品について、税関スタッフは「現場検査」を実施する。

「一帯一路」の沿線国家は海糸博覧会の重要な参加者である。調査によると、広東(石竜)鉄道国際物流センターは現在のところで「石竜―阿拉山口―中央アジア5国」の「中央アジアクラス」と「石竜―満洲里―ロシア―ヨーロッパ」の「中欧クラス」を開通して、大量の通信設備、家具、家電、電子情報製品などの広東省の優位商品の供給源はいつまでも絶えないでカザフスタン、モンゴル、ロシア、チェコ、トルコ、ドイツ、スウェーデンなどの「一帯一路」沿線国家へ運送している。

「一帯一路」を支持して、企業のためにより良くサービスを提供する為に、東莞税関は企業のために通関現場で鉄道貨物輸送専門窓を開通して、国際専用列車の品物に対して通関予約を実行し、品物の通関手続きの取り扱いを確保し、最大限度に専用列車の品物の通関時間を短縮する。検査課は毎週の水曜日から金曜日までスタッフを派遣して石竜鉄道ヒープ場で検査、施封と通行を実施して、専用列車の品物「当日検査して通行させる」ことを確保する。

「今年19月、東莞税関は共に国際貨物輸送クラス88列回を通行させ、合計で7703検定器、貨物輸送量5.8万トン、商品価格18.4億元人民元になった。」東莞税関の副関長である魏林第は記者に紹介した。

出所:南方日


无标题文档