无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
専門家からの解読:香港・珠海・マカオ大橋は東莞に新しいチャンスを持ってくる
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-10-30 [このページを印刷]    [クローズ]

香港・珠海・マカオ大橋は今日正式に開通して、長期にわたり港深の放射に恵まれた東莞にとって、チャンスであるかそれとも挑戦であるか。取材を受けた専門家は香港・珠海・マカオ大橋の開通は、広東・香港・マカオ大湾区との間に更に連結して、これは東莞にとって、チャンスであると表した。
しかし同時に、大湾区内部間の資源要素の移動が加速することに従って、都市間の産業シフトと競争は次第に明らかになる。珠江河口西岸都市からの競争は東莞が深センからの産業シフトを受けることに新しい挑戦を持ってくる。
専門家は、香港・珠海・マカオ大橋の経済効果はまだはっきりと現れてきていないで、これは東莞に奮い立って追いかける時間差を残され、東莞は締めてチャンスをつかむべきで、産業構造調整と新旧エネルギーの転化に更に力を入れて、より多くの起業家に進駐するように吸い寄せて、都市品質を高め、再度の地区競争発展で先行チャンスを占拠するべきと表した。

専門家点評 東莞にとって害より利益が大きい
前世紀80年代来、東莞は香港からの産業シフトを受けて、「三来一補」などの協力モデルは東莞制造業に足を踏み入れて急速に発展する道を開いた。数年来、莞港協力の深さと広さにおいてより高い水準に達した。
現在のところ、香港は東莞の外資吸収の第1出所だけではなく、わが市の企業が海外で投資する第一選択である。香港商人は東莞にとって投資家だけではなく、東莞外資の「使者」と啓蒙者でもある。莞港双方はすでに単純な製造の一環から更に多元化の協力まで延びて、手を繋いで大湾区のチャンスをつかみ出す。
「短期的に見るとから、香港・珠海・マカオ大橋の開通は東莞経済に対する持上げ作用は明らかではなくて、現在のところの香港・珠海・マカオ大橋は珠江東岸地区に恩恵を与える」広東財政経済大学商業貿易流通研究院の院長である王先慶は記者に教えた。
もしも1つの更に遠い未来に立って、広東・香港・マカオ大湾区全体の歩調を合わせて発展するには、東莞またはその他都市に対して経済の持上げ作用は次第に明らかになる。
商務部研究院国際市場研究所の副所長である白明は記者に教えて、香港・珠海・マカオ大橋の開通によって、広東・香港・マカオ大湾区の間に更に聯合して、これは東莞にとってチャンスである。
中山大学嶺南学院経済学部の教授であるの林江は、現在のところ、珠江河口上で虎門大橋しかない。しかし香港・珠海・マカオ大橋の開通に従って、これは珠江東両岸のまたまったく新しくなる動脈になると考えた。

発展のチャンス 産業提携はさらに協同する
取材を受けた専門家は、大橋が開通した後の典型的な特徴は、大湾区内部間の資源要素の移動が加速し、都市間の産業シフトと競争は次第に明らかになることだ。
「香港・珠海・マカオ大橋の開通は広東・香港・マカオの経済連絡に絶えず引き上げ、これは大湾区発展のために新しいチャンスを持ってきて、三つの地方経済と貿易の付き合い、発展開放に積極的な推進作用がある。」白明は記者に教えた。もしも広東・香港・マカオ大湾区の相互が隔離して、それでは東莞の機会は少なくて、しかし今大橋の開通に従って、広東・香港・マカオ大湾区の「ケーキ」が更に増大して、広州・香港・深セン経済回廊の中央に位置している東莞はより多くの発展機会に直面する。
林江からみると、経済発展で珠江東岸は珠江西岸に比べて先に優位を出した。現在のところ、珠江東岸はすでに出会って空間の不足する発展のボトルネックになって、香港・珠海・マカオ大橋の開通従って、珠江両岸の連絡は更に緊密、これも深セン、東莞などの都市の発展を広く開拓する。
「香港・珠海・マカオ大橋の開通に従って、深セン、東莞などの都市の産業と経済の放射力がさらに増大し、深セン、東莞は技術と革新の優位があって、珠江西岸都市は広大な市場があって、両地間のインタラクティブを強めて、産業協力はいっそう協同になる。」林江は分析した。
どんなの業界は真っ先に利益を受けるのか。王先慶は、今香港・珠海・マカオ大橋の開通に従って、香港の金融業、情報物流業、サービス業などの生産要素はもっとすばやい方法で珠江沿岸とマッチングして、積極的な影響は明らかになると思っている。

挑戦に直面し 協力は競争より大きい
東莞にとって、香港・珠海・マカオ大橋の開通は多くの発展チャンスに直面する。しかし事実に基づいて真実を求めて、東莞は港深産業シフトの優先に選択される都市地位として、間もなく挑戦にも直面する。
白明の分析によると、大橋が開通した後、大湾区の内部間の資源要素の移動が加速し、都市間産業シフトと競争が次第に明らかになる。珠江河口西岸の都市からの競争、東莞のために深センの産業シフトを受ける新しい挑戦を持ってくるす。同時に、深セン、広州などの周辺センターの都市は産業の高地と革新センターとして、輻射能力を動かすことは日に強くなる。東莞にとって、必ず香港・珠海・マカオ大橋が開通後の発展仕組みの変化を正視しなければならない。
取材を受けた専門家は、このような挑戦も動力に変わることができると考える。「大湾区の各都市の間の発展は更に協力し合って、それぞれの都市優位が異なって、全体的に、協力は競争り大きい。」白明が語った。東莞は熟している産業を持って、優良品質の経営関係と巨大な市場、これは東莞の優位である。東莞は自身の競争力を強調して、大湾区を利用して協力を絶えず深くなって、再度の産業モデルチェンジアップグレードを加速する。
林江も指摘して、香港・珠海・マカオ大橋が開通した後、香港とマカオとの協力に頼り、珠海は千載一遇の発展のチャンスを迎え、これは東莞に対して一定影響がある。このような挑戦に直面して、東莞にとって同時に奮い立って追いかける時機である。
「今、香港・珠海・マカオ大橋の経済的効果はまだはっきりと現れてきていないで、これは東莞に奮い立って追いかける時間差を残された。東莞は締めてチャンスをつかむべきで、産業構造調整と新旧エネルギーの転化に更に力を入れて、より多くの起業家に進駐するように吸い寄せて、都市品質を高め、再度の地区競争発展で先行チャンスを占拠するべきだ」と林江が表した。

ヴァイオス
香港・珠海・マカオ大橋の開通は広東・香港・マカオ大湾区との連動がさらに深くなって、これは東莞にとってチャンスである。大湾区の各都市の間の発展は更に分業提携で、それぞれの都市優位が異なって、全体的から見ると協力は競争より大きい。
――商務部研究院国際市場研究所の副所長である白明
今、香港・珠海・マカオの大橋の経済効果はまだはっきりと現れてきていないで、これは東莞に奮い立って追いかける時間差を残された。東莞は締めてチャンスをつかむべきで、産業構造調整と新旧エネルギーの転化に更に力を入れて、より多くの起業家に進駐するように吸い寄せて、都市品質を高め、再度の地区競争発展で先行チャンスを占拠するべきだ。
――中山大学嶺南学院経済学部の教授である林江
短期的から見ると、香港・珠海・マカオ大橋の開通は東莞の経済持上げ作用が明らかではない。もしも広東・香港・マカオ大湾区の全体に立って歩調を合わせて発展して、東莞やその他都市に対して地区経済の持上げ作用が次第に明らかになる。

出所:東莞時間網

无标题文档