无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞:金融革新を推進し、「金融強市」へ進む
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-06-01 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞時間網のニュース 東莞は加速して品質よく発展する過程を進めて、品質よく発展するには改革革新に頼るものであり、金融革新は次第に経済活力を強め、金融リスクを防止するキーポイントになって、革新駆動における地位と貢献も次第に重要になっている。しっかりと金融革新という重要な取っ手をつかんで、更に東莞経済を活性化させ、都市競争力を強める必要な措置である。

以前、東莞は2020年まで全市の金融業増加額のGDPを占める比重は8%以上に達することに取り組んでいる、現在、東莞は金融革新発展を全面的に推進していて、「金融大市」から「金融強市」への邁進を加速している。

 

金融業は全力で実体経済のために「輸血」する

今まで、東莞市金融業は東莞戦略的新興産業、先進制造業、現代サービス業、科学技術革新、緑色経済と小微企業、「三農」など実体経済の発展における重点領域とウィークポイントの金融サービスの需要をめぐって、金融の「水」により良く実体経済の「木」を注がせて、東莞経済社会のモデルチェンジのために全方位の金融支持を提供して、実体経済の発展を促進する同時に、金融業自身にも発展するより大きな空間を創造する。

去年、わが市は企業「倍増計画」を提出し、それ以後、多くの金融機関は行動し始めて、次から次へと新興金融領域へ業務プレートを広く開拓して、重点の産業経済に協力して「倍増」発展を実現する。

たとえば、東莞金融持株グループと深創投グループ、粤科グループ、鎮街(園区)と協力して50億産業投資母子基金群を創建し、100億粤莞科技革新株権投資親基金、10億倍増優選株権投資基金などが成立して、新興産業のために輸血し、産業分布のために助力し、東莞銀行、東莞農業商銀行、東莞証券は融資発売、自由貿易試験地域で支店機構などを開設する方法によって資本実力を強めて、そして重点企業とマッチングしてシリーズ買収合併基金を設立し、投資連動融資サービスを普及する。

去年、東莞は市財政の毎年9000万元の貸付利子補給資金を運用して18社の試験点銀行で「倍増貸出」「クラウド税貸」などのいくつかの抵当なし信用貸付品種を広めて、累計で900社近くの中小科創企業に60億元以上のローンを発給し、制造業の貸出マイナス成長の態勢を転換させた。

東莞市人民政府金融関係仕事局は本新聞に提供したデータによると、2017年末まで、全市の倍増企業の貸出残高は285.1億元、年初に比べて19.1%増加して、成長率は同時期の全市の各貸出残高の成長率の2.84倍になった。倍増試験点の企業の中で新たに7社の企業が増加し、店頭市場で開業する企業4社、直接に52億元近くの融資を実現した。

今年に入ってから、東莞市金融業は依然として全力で実体経済に「輸血」する。「倍増計画」の推進に従い、科学技術、金融、産業は東莞で高速に社会の活発要素になっている。東莞市金融関係仕事局のデータによると、昨年末まで、東莞で153社の株権投資機関が登録し、387社の基金が登録し、華南地域の地級市の首位になった。つまり、金融は科学技術に対する支えは絶えずに強めていく。

 

わが市では27社のA株上場企業がある

328、東莞は第27社のA株上場企業が誕生した。当日、広東宏川智慧物流株式有限会社は深セン証券取引所で発売典を開催して、正式にA株の中小板にログインした。

ここ数年来、企業が資本市場を利用して発展し、加速に成長して、わが市は一連の激励措置を発表して、企業の発売に対して資金奨励を与え、企業発売の「グリーンチャンネル」などを開通して、企業社会の直接な融資ルートは明らかに広げた。

去年、わが市は新たに国内外の発売企業10社が増加し、例年の極みに達して、増分は華南地域の地級市の第1になって、店頭市場で開業する企業は202社、華南地域の地級市の首位になって、全国地級市の第三位になった。地域性株権取引市場で開業する企業は500社を上回った。それ以外に、衆創金融街、松山湖基金小鎮のなどキャリヤーの集まる効果を発揮して、153社の基金管理機構を動かして定住して、いくつかの制造業企業のスピード・アップ発展に協力した。

東莞市昔に登場した規定によって、国内外の証券取引所で新規公開株で発売し正式に受理された予備企業に対して、1回限りの200万元の奨励金を与え、全国株式転換システム(また「店頭市場」と言う)で開業する企業は資金奨励を獲得し、最高で50万元の奨励を与える。その中、みごとに開業する店頭市場の企業は1回限り20万元を獲得でき、店頭市場の革新層に入った企業に対して1回限りの30万元の奨励を与える。

企業の発売情熱を奮い立たせるため、東莞は発売後の企業に対して奨励を与える。たとえば、国内外の証券取引所でみごとに発売する企業、初めて発行する募集資金の金額いよって0.5%の奨励を与えて、最高で500万元の奨励を与える。みごとに全国株式転換システムの企業に対して、直接な融資方式によって融資を実現した場合、初めての融資金額によって1%の奨励を与えて、最高で100万元の奨励を与える。

政策的ボーナスが十分に釈放し、東莞企業は資本市場の最も良いチャンス期を迎える。市役所金融関係仕事局は本新聞へのデータによると、現在のところに至って、東莞市の国内外で発売する企業は45社に達して、その中で国内で発売する企業は27社で、国外で発売する企業は18社で、すでに証監会に申請を提出した企業は3社で、広東証監局で記録に載せた企業16社で、そしてすでに累計で発売予備企業182社を認定して、合理的な発売順次の構造を形成した。

記者は聞かれて、市役所金融関係仕事局は広範に各界の意見を収集していて、新しい補助政策を制定することに馬力をかけて、企業の発売する案内とサービスの仕事を引き続きしっかりと行って、より多くの東莞の優秀な企業に資本市場の発展を利用して強める。

 

全面的に金融の革新発展を推進する

現在のところ、東莞は金融科学技術産業の総合融合試験地域の建設形勢は良好的に推進して、金融大市から金融強市に転換することを促進する方面に初めて効果が現れた。市役所金融関係仕事局は記者への書面返答で表していて、続いて、この局は習近平総書記の重要演説精神を学習し貫徹して十九大精神としっかり結合し、中央駐莞金融管理部門と高い水準の新型金融を作り上げて供給に力を入れて、現代金融サービスの能力を強める。

革新は発展を引率する第1動力であり、東莞市は未来において金融の革新発展を全面的に推進する。計画通りで、2020年まで極力努めて、全市の金融業の増加額はGDPを占める比重は8%以上まで達して、金融機関と類金融機関の数量は300社を上回って、金融機関の総資産は2兆元を上回って、上場企業の「東莞プレート」を形成する。東莞は「金融大市」から「金融強市」へ邁進する。

人民銀行東莞市中心支店は表して、東莞は実体経済の発展を立脚点にして、広深科学技術革新回廊、知能装備の製造、緑色生態の発展などの戦略的計画をめぐって、金融機関の貨幣政策、産業政策を方向誘導にして、産業金融、科学技術金融、緑色金融で共有する金融などの領域は金融製品とサービス方式を革新して、実体経済領域の金融供給不足の問題を解決する。同時に、各類金融革新のリスク評価に対して管理監督して登記することを強化して、効果的に金利裁定取引を管理監督に用心する。

市政府金融関係仕事局は表して、しっかりと広深産業と資本の外方拡散へ傾向を加速して、園区統籌片区の計画の配置を結び付けて、重点的に衆創金融街、龍湾梧桐資本小鎮、松山湖基金小鎮を位置をずらして、機能性強い基金業集聚区へ発展させ、高い効率を作り上げて融資を投げて構造をドッキングして、「苗木畑―孵化―加速」の異なる発展段階の企業のために順次の金融サービスを提供する。

その他に、東莞は各方面の資本市場を利用して更に際立っている位置に置きに発展し、システム計画を作成し、資金支持、基金体系を導く主体運営する各方面の政府の支持のもっと多い優良品質の企業が発売することによって、増資は株と債券発行などを拡張して直接な融資を実現する。

それ以外に、東莞は広東最前方の陣地として、良い自身コード位置の優位を利用して、広東・香港・マカオ大湾区などの戦略配置をめぐって、深く突っ込んで開放型経済の新しい体制を作り上げて試験的活動を総合することを進めて、積極的に金融の対外開放に深くなって、自発的に学んで貿易の試験地域の経験の方法からドッキングして、先行政策を試みて、金融サービスの開放型経済の発展する新しい体系を作り上げて新しく支えに力を入れて、東莞に協力して広東自由貿易区の模範発展区に作り上げる。

 

数読

東莞の金融発展

2017年末まで、全市の倍増企業の貸出残高は285.1億元、年初に比べて19.1%増加して、成長率は同時期の全市の各貸出残高の成長率の2.84倍になった。

昨年末まで、東莞は153社の株権投資機関が定住して、387社の基金が定住して、華南地域の地級市の首位になった。

今年3月末まで、東莞市の国内外で発売する企業は44社に達して、その中で国内で発売する企業は27社で、国外で発売する企業は18社で、すでに累計で発売予備企業182社を認定した。

奨励:東莞は国内外証券取引所で新規公開株の発売を申請して、正式に受理され発売予備企業と認定された場合、1回限り200万元の奨励を与え、店頭市場で開業する企業は最高で50万元の奨励を与える。

 

出所時間網

 

无标题文档