无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞港―連雲港の直航航路が正式に開通!
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-05-10 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞時間網のニュース 先日、「順海9」ラウンドは東莞港で停泊し、東莞港―連雲港の直航航路が正式に開通したと示している。連雲港は第2ユーラシア大陸橋の起点であり、シルクロードの経済重要なノードであり、この航路の開通は、東莞港は新たに「一帯一路」とマッチングする通路が増加したと示している。

記者は聞かれて、この航路は信風海運と郁州海運が共に運営し、前段階は2隻の1.8万トンコンテナ船を投入し週に2クラスを実行し、後期に情況によって増加する。

ここ数年来、東莞港事務グループは絶えずチャンスをつかんで、多くの処置を進めて、積極的に「一帯一路」とマッチングして、東莞に協力して開放型の新構造を作り上げている。「11鉄」の創建によって「一帯一路」モデルとつながって、「一帯一路」の重要ノード港を作り上げる。重点は石竜鉄道の国際物流基地とマッチングし、東南アジア諸国の近海航路を切り開いて、東莞商品のために東南アジアに向かって便利を提供するとともに、東南アジア諸国が中央アジア、ロシア、東ヨーロッパへ輸出する品物を東莞港で集まり、内陸河川の水路を通じて石竜鉄道国際物流基地とつながる。同じで方法に逆らいをとって、中央アジア、ロシアと東ヨーロッパの品物は東莞港によって東南アジアへ運送して、21世紀の海上シルクロードとシルクロード経済を東莞でマッチングすることを実現する。

同時に、東莞港事務グループは積極的に「1港多数ライン」物流ネットワークを創建して、広東香港マカオ大湾区の関鍵貨物輸送の支え港を作り上げる。「湾区快線1番線」の基礎で、香港港「湾区快線2番線」を開通し、次第に大湾区のそれぞれの都市湾区への直航快線を開通し、品物が東莞港で集散し、東莞港湾区の快線水上運送システムによって遠洋定期船へ運送し、世界各地まで到着できるように実現する。

 

出所時間網

 

无标题文档