无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
5月に東莞制造業PMIは51.5まで反落した
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-06-05 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞時間網のニュース 昨日、市経信局は『東莞日刊』と共同して最新の東莞市制造業マネージャー仕入れ指数(重点企業PMI)を発表した。5月、わが市の制造業PMI指数は51.5で、先月より2.2パーセント反落して、工業経済が引き続き拡張する態勢が現れたが、拡張幅はある程度縮んでいくことを示している。

5項の重要指標の中で、生産指数、新規注文書指数、原材料在庫指数、従業員指数は皆50.0臨界線以上に位置している。その中、生産指数は53で、先月より1.4パーセント反落して、12ヶ月連続して50.0臨界線以上に位置して、生産量が引き続き増加しているが、増幅は縮んでいくことを示している。新規注文書指数は53で、先月より1.7パーセント反落して、27ヶ月連続して50.0臨界線以上に位置して、取引先からの注文数量は増長しつつあり、増幅は縮んでいくことを示している。

原材料在庫指数は50.3で、先月より1.4パーセント反落して、主要原材料の在庫が増加しているが、増幅は縮んでいくことを示している。従業員指数は50.2で、先月より4.6パーセント反落して、3ヶ月連続して50.0臨界線以上に位置して、労働者量は引き続き増加しているが、増幅は縮んでいくことを示している。それ以外に、供給商送達時間指数は48.5で、先月より2.2パーセント反落して、先月から栄枯線以上に帰った後、また50.0臨界線以下に反落して、供給商配送時間が先月より明らかに短くなったことを示している。

 

データの解読

PMI指数の特約専門家、東莞理工学院の教授である李伝志は、細分からみると、5月に供給商配送時間指数が栄枯線以下に反落したことを除いて、その他の4項目の重要指標はすべて栄枯線以上に位置して、特に指数和と新規注文書指数は皆53で、供給と需要の両側が協力して力を出したことを表明して、市場は依然としてわりに高い活発度を維持していると指摘した。しかし、注意する必要があったのは、指数構造からみると、重要度指数であろうと非重要度指数であろうと、購入価格指数が依然として上昇する以外、皆ある程度反落して、企業の生産は、販売の圧力はある程度増大することを表明して、経営原価特に原材料原価は絶えず上昇して、その上今年に入ってから工業投資があまり理想的でなくて、外部市場の不確定な原因が増加して、工業経済の反落リスクに注意しなければならない。

李伝志は、現在、人工知能チップの製造は電子情報産業の高地を占領していて、国際国内の競争力の取っ手を勝ち取る。ここ数年来、わが市は産業モデルチェンジアップグレードの推進に著しく効果を得て、更に電子情報などの支柱産業に対する扶持力度を増大する基礎で、できるだけ早く計画と配置、特に電子情報などの産業チェーンの肝心な点と重点の戦略的新興産業をねらって、より多くの発展に対して引率性効果があり、コア技術の新しい企業、新しい産業を育成して、東莞産業構造の高い水準へのモデルチェンジを推進し、多元化した発展へ推進して、産業経済体系のリスクを抵抗する能力を高める。

 

出所時間網

 

无标题文档