无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
石竜は中科情報ポートをビジネスプラットフォームに創建する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-05-08 [このページを印刷]    [クローズ]

10社の境界線の外機関を継いで真っ先に入って駐在した後に、石龍鎮中科情報ポート産業孵化有限会社(以下は「中科情報ポート」と略称する)はまた新しい動作があります。57、記者は石龍鎮から知って、統合して駐在する商業会議所、機関、企業などに入るでしょうを抑えるべきで、共に1社の合弁会社を構成して、それによって1つの大きいビジネスのプラットフォームを製造して、資源の共有は、団結して発展を実現します。現在のところ、この事項は更に中を進めています。

 

進駐する機関の国際化程度が高い

「これは私達が初めて広東に進駐するのです。」近日、ドイツ国際企業家の商業会議所駐中国代表所の首席が雨を代表して建ててマイクロエレクトロニクスの方面の材料を準備するのに忙しくしていて、もしもみごとにこのプロジェクトを導入することができて、東莞でしょうに対して、更には広東の関連産業は積極的な影響が生じます。

4172018広東(東莞)の―ヨーロッパの科学技術の商業貿易の文化は協力するのは交渉会と中科情報ポートが園を開いておよび、国際科学技術のビジネスのプラットフォームが式典に進駐して中科情報ポートで盛大に行って、イタリア、ドイツ、アイルランド、ポーランドのなどヨーロッパ7国と国連は社部を通じて(通って)すべて代表を派遣して参加します。

交渉会の上で、多い国代表団はそれぞれ舞台に上がってプロジェクトを行って推薦・紹介して、面談するプロジェクトが医療のシリコンバレー、土壌を独占して修復する、高校の科学研究が協力する、医療の先端設備、スーパー食品、ギリシア中国城、健康の観光、教育計画など科学技術、商業貿易、文化のなど方面の内容。その中、雨を建てるのと土壌を持ってきて、MGB内視鏡、ドイツの被動式の建物、マイクロエレクトロニクスなどのプロジェクトを修復して、人を引いて関心を持ちます。

当日にイベントは”‘一帯一路’で中欧の新しい未来をつないで、創業を革新するのは共生新しい時代」に解け合うテーマで、そしてフランス、ドイツ、チリ、アイルランド、ギリシア、ポーランド、イタリアなどの7つの国家代表団、18社の企業に30のプロジェクトに参与しに来て協力で面談するように招待しました。

紹介によると、東莞は全世界の重要な国際製造基地として、200の国家と地区を上回りといくつか、緊密な経済と貿易の協同関係、導入外資企業の1.149社の世界の500強の企業の投資項目の100個近くを創立しました;12万家工業企業を上回って電子情報、機械の装備、服装の家具、金属の鋳型などの産業を覆って、30余り業界と6万の多種の製品に関連して、完全に近い制造業の体系を形成して、当地の産業の組み合わせてセットにする率は90%まで達します。同時に、松山湖と水際の海湾の新区の発展は企業のためにもっと多いチャンスを持ってきます。

当日、会議に出席する代表は次から次へと表して、東莞は広東・香港・マカオの大湾区の主要な核心都市の中の一つとして、1つの活力あふれたのが新型の都市を作るので、快適に位置する国際花園の都市に適するのです。

 

2号プロジェクトは年内に使用し始める

ここ数年来、石竜は石竜港と広東(石竜)の鉄道の国際物流基地の道路、水路、鉄道の交通のネットワークの資源に頼って、みごとに物分かりが良い中央アジアクラスが並べて、”は広東の新しいヨーロッパ」は”はおよび、広東のいっぱいなロシア」中欧クラスが、中韓の快速線などの国境を越えるクラスを並べて並べて、広東(石竜)の国際複合一貫輸送の中枢も今年に3月に使用し始めて、広東省が自発的に”一帯一路」の建設する重要なプラットフォームの中枢を溶け込むのです。

中科情報ポートは石龍鎮人民政府と東莞中国科学院のクラウドコンピューティングの産業の新技術の開発と育成センターの共同建設する国家級の科学技術のインキュベータープロジェクトで、位置を測定して広東省の初になります”一帯一路」現代情報サービス園。

去年、第一号のプロジェクトはすでに使用し始めて、2号のプロジェクトは今年完成を改造してそして使用し始めると予想します。プロジェクトの目標は”一帯一路」に基づいて需要にサービスするのとチャンスに発展するのを建設して、重点的にクラウドコンピューティング、ビッグデータ、知恵の都市、電子商取引、ハイエンド電子情報産業、近代的サービス業などの新興産業に向かって、教育の育成訓練、大衆に集まって空間を作って、加速などの一環を孵化して、アイデアに解け合って生活して、革新サービスと創業の事務などの創業の生態の要素の革新創業センター、努力して国家に作って”が両」基地と石竜の都市の更新する輝点のブランドを作ります。

石竜の際立っている交通の優位に頼って”一帯一路」プロジェクトなどとチャンスに発展して、中科情報ポートは国際商を創立してできる有効なドッキングに力を合わせるでしょう、プラットフォーム化、常態化、多様化の疎通の形式が必要で、現代互いに技術を連ねるのを基礎にして、共に国際科学技術商を製造して力を合わせる資源の共有のプラットフォームができます。

調査によると、中科情報ポートの内に雲サービスセンター、金融のメディアサービスセンター、科学技術孵化サービスセンターなどの七大サービスセンターがあって、しかし企業のために雲のコンピュータを提供してサービス・プラットフォーム、知的所有権の保護、株権の投資、財産の法律、ヒューマンリソースなどを革新してサービスして、企業に進駐して創業の出資援助を獲得して、かなり高い程度を保持して認定してかなり高い程度を保持して出資援助、ニュース商の創業の補助金、人材の補助金、園区の企業の子女の入学などの八大優遇政策を育成して支持することができます。

「私達は更に資源を統合するの、を団結して発展します。」石龍鎮の関係する責任者は記者に教えて、続いて、中科情報ポート計画は駐在する各国の商業会議所、機関、企業などに入って一つの合弁会社を創立するのを統合して、それによって1つの大きいビジネスのプラットフォームを製造して、共同発展を実現します。同時に、このプラットフォームに基づいて、更にプロジェクトがドッキングして地面につきを進めます。

この責任者は表して、中科情報ポートの方面はすでにいくつか代表、企業と深く突っ込んで疎通を行って、みんなはすべて強烈な協力の願望を表現します。現在のところ、プラットフォームの関連について協力していて条項探求します。

それ以外に、中科情報ポートは国際科学技術のビジネスを計画して建設して協力しプラットフォームと中欧ブランド取引センターを交流するのを探求していて、国際商が力を合わせてサービスの基準と体系ができるのを探求して実現して、国際商を建てて会と政府、サービス機構のドッキングに力を合わせて、全世界の国際商を創立して力を合わせて陣地をつなぎます。

 

出所:南方日

 

无标题文档