无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞は知能製造の肝心な一環を加速して強める
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-05-10 [このページを印刷]    [クローズ]

2018インテリジェント端末の発展大会が開催した

東莞は知能製造の肝心な一環を加速して強める

東莞時間網のニュース 昨日、市科学技術協会の主催した「2018インテリジェント端末発展大会」は虎門で開催した。イベントは華為、神州数碼、広東工業大学などの企業と高校からの専門家を招待して、共に東莞のインテリジェント端末産業の融通発展するパスを探求し、5G、無線充電、工業モノのインターネットなど最前線の傾向を分かち合った。市委員会常務委員、統一戦線工作部の部長である駱招群はイベントに出席して挨拶をした。駱招群は、ここ数年来、東莞は十分な制造業の基礎とプレビューの発展の理念に頼って、知能製造領域は全国の前列にいて、特にインテリジェント端末産業の発展が急激であると表した。2017年、東莞市スマートフォンの商品量は3.56億台で、主要営業収入は28%増加し、華為、OPPOvivoなどの携帯電話の商品量は全球の第6位になった。

「スマートフォン巨頭の効果はによってわが市のために多くの重大なプロジェクトを持ってきて、たとえば、全世界チップ設計会社において収入がトップテンになった紫光グループと東莞市役所は戦略的協力枠組み合意書を締結して、東莞で投資して紫光グループのチップクラウド産業城プロジェクト及び紫光グループ華南区本部プロジェクトを建設することを予定した」と駱招群が語っていて、続いて、東莞はよりいっそう知能製造の重点領域を突破し、知能製造の発展ボトルネックを突破し、チップ、ハイエンドのスクリーンなどの肝心な一環を強めて、いくつかのインテリジェント化の総合ソリューション供給商を育成して、知能製造の全生態チェーンの形成を加速する。

 

出所時間網

 

无标题文档