无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
千モデルの東莞のお茶は国際茶博会で登場
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-05-08 [このページを印刷]    [クローズ]

展会は繰り上げて61日~4日に開催し、東莞国際会議展示場の「カーテンコールにこたえる展」である

7日、記者は東莞国際茶生産業博覧会組織委員会から聞かれて、今年68日~11日に東莞国際会議展示場(以下は「会議・展示センター」と略称する)で開催する第11期の東莞国際茶生産業博覧会(以下は「国際茶博会」と略称する)は、くり614日に開催まで()繰り上げるでしょう。先日、組織委員会は声明を発表して、市関連部門の知らせを受け取るため、市役所は6月からに来年初めまで会議・展示センターに対して閉鎖形のアップグレードを改造して、下半期からすべての展覧会はキャンセルされ、今期の国際茶博会は今年の会議・展示センターの最後の展覧になる。

 

100モデルの良いお茶は現場でお茶を入れる

2008年から2017年まで、東莞貿易促進会の主催した東莞国際茶博会はすでにみごとに10期開催して、東莞の最も権威のある、最も規模を備える、最もブランド性のある茶界の盛会になっている。10期の国際茶博会の中で、8期が東莞国際会議展示場で行われて、この施設は東莞の茶界盛会の地面水平標識と言える。

東莞茶倉、お茶コレクションの都、お茶の好きな都で、この都市ではすべてお茶と関係がある名声は会議・展示センターから誕生され、有名になっている。大益茶業、瀾滄古茶などの銘茶企業にとって、ここは国内外のお茶が好きな人が集まって、プーアルの最優秀エージングを求める場所であり、双陳プーアル、楽人谷などの東莞本土ブランドによって、ここは国内外茶市を開拓し、茶界で有名になる場所である。大部分の東莞市民にとって、会議・展示センターは毎年1期の国際茶博会は品物が全国各地の良いお茶の銘茶を飲んで、中国の茶文化「お茶祭」の「お茶カーニバル」を理解する場所である。

計画通りで、東莞国際会議展示場の今回のアップグレード改造した後にその他用途をして、いかなる業界展覧会を開催しない。今年、第11期の国際茶博会は心をこめて東莞良い御茶展示コーナーを行い、1000モデルの東莞倉庫からの古いお茶は展示され、100モデルの良いお茶を現場でお茶を入れて、広大な市民は無料で飲むことができる。この「千モデルの東莞お茶が登場し、百モデルの良い茶の現場品物」イベントは、国際会議展示場のの「華麗にカーテンコールにこたえる」と言える。

コーナーによって、今期の国際茶博会は共にプーアル茶、茶器、千モデルの東莞お茶、お茶と生活する四大コーナーを設けて、緑茶、黄茶、白茶、青茶、紅茶、黒茶、ハーブティー、再加工茶などに分けられる。その中、茶器区は紫砂陶磁器、金属ガラス、竹木茶器を含んで、お茶と生活区は各類の竹木、金属、赤木製の茶卓、茶台、茶器を展示し、及びお茶の服、お茶の空間、お茶の包装、お茶の科学技術などはお茶の製品とサービスがあって、範囲がそろっていて、展示物はすばらしいものが数多くある。

 

東莞特色茶産業チェーンに延びる

組織委員会は、今回の茶博会は展示に参加する300社の企業があると予想して、その中はプーアル茶の大益、雨林古茶坊、瀾滄古茶、今大福、プーアル茶グループ、老馬帮、黎明茶工場、勐庫戎氏、湖南黒茶の白沙渓、雲上茶業、四川藏茶の雅安茶工場、福建白茶の中茶白茶、緑雪芽、喬製白、東莞本土ブランドの双陳プーアル、老茶匯、名軒茶倉、厨心熟茶、豊普茶倉、金栄茶業などは銘茶企業がある。それに、宜興市陶磁器業界協会の強力な支持を受け、多くの紫砂一工場の紫砂大家も宜興から東莞へ今回の盛会に参加する。

展会は同時期に千モデルの東莞茶品の評価、《莞邑茶事》の新本の発布会、加盟商大会、茶企業新品の発表会などの専門イベントを開催して、全国更には全球のお茶の好きな人々のために有名企業、東莞お茶の鑑別評定、貿易文化交流が集まるプラットフォームを創建し、東莞特色のお茶産業チェーンに延びて、都市品質と人文内包を高める。

 

出所:南方日

 

无标题文档