无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞「倍増計画」が容量拡張・アップグレードし、知能製造はチップを強めチェーンを補い、現代化経済体系の建設に協力する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-05-30 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞時間網のニュース 2017年、全市経信部門は全面的に党の第19期代表大会精神を貫徹して、習近平の新時代の中国特色社会主義の思想を指導にして、徹底的に習近平総書記の重要演説精神を実行し、「倍増計画」を重要な取っ手にして、供給側の構造的改革を深め、工業の着実に増加することを進めて、より多くの成果を得た。

去年以来、「倍増計画」の実施効果は省級指導者の高い認可を得ただけではなく、その中の大量な突破的政策は、省、市「実体経済10条」に吸収され参考された。同時に、全国で真っ先に知能製造全生態チェーン戦略を提出し、わが市の産業足並みを加速し、そのため東莞も全国15都市の「工業安定増加とモデルチェンジの効果が明らかな都市」として国務院の顕彰と肯定を獲得した。情報インフラ建設は著しい効果を見せて、東莞は

「ブロードバンド中国」模範都市の最優秀実践賞を得て、新興産業の企業誘致の成果が実り多くて、成功に紫光、京東、藍思科技などの科学技術含有量の高いプロジェクトを導入した。

すべてつきあい、全て序文の章である。習近平総書記は13期の全国人民代表大会一次会議広東代表団の審議に参加した時に強調して、広東は現代化経済体系などの領域の建設は全国の前列を歩いている。市経信局は徹底的にこの重要演説精神を実行して、経信機能に立脚して、企業の高い品質「倍増計画」を取っ手にして、経信新構造を創建し、現代化経済体系の建設に協力し、東莞が全省の「4つの全国前列」を実現する先頭兵になるように重要な支持を提供する。

市委員会の手配によって、市経信局は『東莞市の現代化経済体系の建設に関する行動案』を起草し、体系供給の品質を高めることを重点方向にして、実体経済、科学技術、現代金融、ヒューマンリソースの協力して発展する産業体系を重要内容にして、市場メカニズムを作り上げて、ミクロ主体の活力、マクロコントロール調節経済体制制度を保障して、発展のアンバランスが十分ではない問題を加速して解決し、全面的に現代化経済体系を作り上げる。

 

強い力度で維度を開拓する

全面的に企業の品質よい発展を推進する

全面的に東莞「倍増計画」前段階の成果基礎を総括する上に、今年、東莞「倍増計画」は引き続き容量拡張して、アップグレードして、「倍増新10条」を発表した。試験点企業286社を増加しただけではなく、同時に1000社以上の企業を倍増企業データベースに組み入れて、企業の最も関心を持つ産業、人材、資本、土地、サービスなどの重点領域において、いくつかの高純度かつ成熟して普及できる補助政策を発布し、点で面を動かす品質よく倍増発展のプームを形成する。

聞くところによると、今年、わが市は力度を増大して、供給体系を合理化させ、全面的に「工改工」をゆるめて、現地で倍増「グリーンチャンネル」を開通する。更に措置を強め企業サービスを高めて、市指導者の試験点企業を10社へ拡大し、試験点企業の主要な責任者に対して「倍増カード」を発給する。更に厳しい要求して政策が地面につくことを推進して、政策双方向のフィードバックメカニズムを創立して、各関連部門に「倍増新10条」の発表する2ヶ月以内に全部の操作規定、申告ガイドブロックを発表する。

去年以来、市委員会市役所は最大気迫と最も強い決心で「倍増計画」を進めて、扶持構造の雑多化問題、要素配置のバランスが取れない問題と企業サービスへの効率が悪い問題を解決する。市経信局はリードして全省で真っ先に企業の問題処理、特定項目資金の申告、サービス資源のマッチング、経済運営監視測定などの機能の倍増政府サービス・プラットフォームを作り上げる。現在のところ、このプラットフォームはオンラインで累計で市鎮両レベル「倍増計画」試験点企業の需要問題1054条を収集して、正常な推進率は96.3%に達して、満足率は96.1%に達した。

更に試験点企業の発展パスを探し、わが市は革新需要方向誘導型構造を創立し、優良品質サービス機構を選別して、シンクタンク資源専門資源池を構築して、資源池内の機関が企業を診断して企業需要の明細書を並べて、企業に協力してボトルネックを解決する。専門サービス資源池の「外部人材登用」効果が明らかで、データによると、専門診断サービスを受ける企業は、診断報告内容に対する認可度は82%に達して、72%の企業はリポートが「とても良い」と思っている。

様々な扶持措置のもとで、2017年、214社の「倍増計画」試験点企業の主要営業は6000億元を実現して、増加速度は20%を上回って、利潤245億元を実現して、利潤倍増が38社、企業総計の19.5%を占めている。中図半導体は、搜于特、領益科技を含めて、去年合計で17社の倍増試験点企業が早めに倍増を実現した。

 

全生態チェーンを改善して、

雁行型で智能製造のモデルチェンジを推進する

現代化経済体系を建設して、現代化産業体系を改善するのは肝心な点である。これは増分上で大きくして強い新興産業をするだけではなくて、また保存していて量の在来産業がモデルチェンジアップグレードすることを実現する。知能製造を発展して、東莞新興産業が発展と在来産業を育成してアップグレードの有機結合の有効な道を改造することを実現する。この領域で、東莞市経信局は全生態チェーン戦略で知能モデルチェンジを進めて、強力に制造業の中ハイエンドへの邁進を推進する。

「こちらから進料して、あちらで完成品を出来上がり、この生産ラインは一人で監視するだけで、たとえばモーター生産ラインは少なくとも70%の人工を節約した」と黄江鎮領益精密工場地区で、マジックハンドが何度も往来が頻繁で旋盤の低い声とどろきに伴っていて、領益会社の説明係は紹介して、生産設備の高いオートメーション化のおかげで、アップル、華為などの大きな取引先の注文書を勝ち取るために先行チャンスを創造した。

オートメーション化のアップグレードにおいて、強力に企業に先進設備を利用して工程と引き上げを合理化して効率で製造するように支持して、2017年度は共に477オートメーション化のインテリジェント化改造プロジェクトを申告して 総合投資は約60億元で、新たに15123台の設備を増加して、その中で東莞設備は17.4%占めている。広東勁勝国産化の知能仕事場を見本にして、わが市はまた経済適用型、普及型の知能生産ライン318条を製造して、長盈精密、華貝電子を国家級知能製造プロジェクトに入選されるように推進する。オートメーション化からインテリジェント化まで、ガンのフォーメーションが知恵がアップグレードをつくりを進めると言える。

企業のインテリジェント化の改造は何から手に入れるのが分かるか。これに対して、市経信局はリードして知能製造資源サービス池を創建し、財政補助で助けて、供給と需要の自由は形式をドッキングして、シーメンス工業のソフトウェアなどのいくつかの高レベルのプロバイダーを支持し、300社の重点企業のために知能分析製造診断及び具体的な青写真を作成した。企業は普遍的に反響が積極的で、94社の企業は答礼訪問の見本で、56社の企業はサービス機構を診断していて後続協力を展開した。

高額投資の敷居にしっかりと遮られたか。急ぎでないでください、東莞は強力に省市設備共同建設ファイナンスリースを展開して利子を補給して、2017年に合計は企業のために融資コストの1.37億元を下げて、「智造東莞」プラットフォームを動かしてファイナンスリースの業務の記録に載せる業務の数量の2000口近くを行って、融資総額は44.5億元超えた。もとは活発にわが市のファイナンスリースの機関で、同じく23年の前からの10社足らずの増加は140ぐらいになった。

サービス需求に頼り、勁力、長盈精密、拓斯達などのいくつかの企業がモデルチェンジしてシステムサービスソリューション供給商になった。同時に、全市知能装備産業が急速に発展する態勢を維持して、知能装備企業は163社に達して、2017年に工業増加額63.25億元を実現して、同時期と比べて30%増加して、主要業務収入は182.65億元を実現して、同時期と比べて20%を増加した。

 

関連ニュース

十九大精神を導きにして党の建設を進める

奮い立つ経信チームを創建する

数月以来、市経信局は迅速に学習を展開して、ありのままに党の第19期代表大会精神、習近平総書記が13期全国人民代表大会一次会議広東代表団に参加して審議した時の重要演説精神を学習し、積極的、徹底的に新時代党建設の総要求を実行して、全面的に党の政治建設を強化して、当該局は市委員会組織部に2017年度の下部党建設活動総合評価優秀市の優秀党組織と評価された。

聞くところによると、当該局は仕事に関連する方案、実施意見を印刷配布して、3場の十九大宣伝・説明会を展開し、党組織会と党組織センターチームを組織して特別テーマ勉強会21回を開催し、機関党委員会、党支部は共に428回の交流会を組織して、「初心を忘れないで、使命をしっかりと心に刻む」というテーマ教育を組織した。実際な仕事中に、強力に深い調査研究を展開して、新発展理念をめぐって、最適化供給体系を展開し、「倍増計画」を進め、知能製造、企業誘致構造などのいくつかの重点特定研究を発展する。

同時に、全面的にクリーン政治防衛と制御体系を作り上げる。ここ数年来、市経信局は厳格に中央8項規定を実行して、広範に紀律の学習教育を展開して、深く突っ込んで検査して「4風」問題を是正して、「3公」経費が年々下がることを推進する。早期警報の評価システムを改善して、特定項目資金の全チェーンが全行程で管理監督することを実現して、権力賃貸空間を根絶する。法に基づいた行政を全面的に推進して、政務仕事の標準化は、公然と透明化することを実現して、企業サービス満足度は更に上がった。

それ以外に、当該局は懸命に革新して、チーム責任者の効能を高めた。たとえば、公然と透明な課室審査制度を創立して、仕事講演の方法によって課室の仕事成果を展示して、仕事業績が幹部賞罰と連結することを実現した。人材の評価ルートを革新して、講演方法で若い幹部の風采を展示して、更に下部幹部の活力をアクティブにした。重点的な仕事の審査と監督を強化して、任務完成率は100%に達した。

 

出所:東莞時間網

 

无标题文档