无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
松山湖でPCBラミネーター業界のユニコーンが台頭 国内市場占有率の6割を占める
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-06-05 [このページを印刷]    [クローズ]

松山湖でPCBラミネーター業界のユニコーンが台頭

国内市場占有率の6割を占めて、思沃は今年において業績の倍増を実現する

東莞時間網のニュース  松山湖に定住して3年、広東思沃精密機械有限会社(以下は「思沃」と略称する)はすでにロボットの細分化した領域の「ユニコーン」となった。PCBラミネーターという細分化業界において、思沃は国内市場占有率の6割を占めて、全世界でもリードしている。

自主的な創造能力と市場の深く開拓に頼り、思沃は過去の数年間においてずっと急速な発展を維持してきた。2017年、思沃の営業収入は6500万元近くで、今年は1.2億元を突破する見込みがある。松山湖園区級「倍増」企業として、思沃もその自身の「倍増」過程を推し進めている。

 

市場占有率は全世界でリードしている

2008年、思沃のCEOである王建勳は友達と話し合い中に聞かれて、PCBラミネーターはその時にまだ外資ブランドがいっぱいであった。彼は鋭く市場のチャンスを見つけて、そこで迅速にチームを統合して、新しい創業の過程を始めた。チームはその時に深センの東北地方で工場建物をレンタルして、専念して研究開発を始めた。そこから23年経った。

数年後、王建勳はチームを率いて製品の研究開発が成功になって、そして展会で広範な認可を獲得した。あとで、王建勳のチームは続々といくつかの注文書を受け取って、企業も次第に正しい軌道に上がった。

企業規模の絶えず強大に従って、王建勳は改めて思沃の発展に計画を立て始めた。2015年、彼は企業をロボット産業が集まった松山湖に引っ越して、そしてプロフェッショナル・マネジメントチームを招聘して、より高い段階で思沃を新しい発展段階へ連れる。

記者は聞かれて、思沃が自主的に研究開発した設備は、真空ラミネーターと全自動ラミネーターシリーズがあって、具体的にPCBIC積載板、太陽エネルギーと半導体などの業界にサービスを提供し、国外の似ている設備と比べて、思沃の研究開発した設備は製品生産サイクルが短く、サービス度がより周到で、価格性能比がわりに高い優位を持っている。

「思沃は専門的にPCBラミネーター、ラベル剥離機、予熱器、露光機などの一連の目玉品目を生産している。PCBは電子工業の母親であり、中国はすでに世界一のPCB製造国になって、全世界60%以上の市場占有率を持っていて、われわれはPCBラミネーターの市場占有率はずっと国内第1である。」と王建勳がこのように表した。

取引先からのフィード・バックからみると、思沃の研究開発した設備は企業のために相応する一環でインテリジェント化の改造を行うことができ、人工コストを下げて、製品の良率を高めて、更に今まで精密PCBの生産は輸入設備に頼るという問題を解決して、PCBラミネーター市場のために国産新製品を持ってきて、国内外市場は認可を広く受けている。ます。

 

去年の営業収入は6500万元近くになった

目前の思沃の業務プレートからみると、全自動ラミネーターは思沃の売上高の70%を占めていて、真空ラミネーターは15%20%を占めていて、このおかげで、思沃の過去3年の業績は倍増傾向を実現した。2017年、思沃の経営収入は6500万元近くに達して、今年の営業収入は1.25億元を実現する見込みがある。

松山湖「倍増計画」企業になった後、王建勳のチームは「倍増」をめぐって早めに配置して、自身企業の「倍増」計画を立てた。まず、思沃は大規模な研究開発計画を開始して、人材と設備の研究開発を増大して、研究開発の力を強める。その他に、思沃は会社全体の発展戦略を調整して、取引先の需要に応じて、1台設備の生産からシリーズ設備の生産へ変えて、同時に取引先のために全体ソリューションの提供を探求している。

現在のところ、思沃の60%の市場は珠江デルタ電子情報産業に集中していて、市場占有率も絶えず上がっている。王建勳は、思沃はいくつかの企業と違って、価格戦をもって国外ブランドと競争しなくて、製品とサービスに頼り、日本などの数十年の優秀なブランドに学んで、製品品質とサービスで市場を勝ち取ると表した。

王建勳は松山湖に来て発展することに喜んでいて、彼は思沃が松山湖に来た後、このような発展するスピードを得られるのは、政府からの政策扶持のおかげであると表した。思沃は松山湖のために有利な政策を利用して、顧客のために気に入る製品とサービスを提供して、中国電子工業の発展に貢献を作り出すと表した。

この前に、松山湖は『松山湖ロボットと知能装備産業の発展を促進する暫定方法』を発表して、そのうち、初めての重点技術装置プロジェクトと関連奨励は今回の政策の輝点であり、思沃も受益者になった。

松山湖今回の重点技術装置プロジェクトと関連奨励について、王建勳はたいへん期待していて、彼からみると、これは松山湖ロボット企業に励まして勇敢に開拓し、知能製造の引率を実現する実務に励む措置であると考えている。

 

出所時間網

 

无标题文档