无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
政策引率 東莞多国籍通販の発展が急激になっている
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-06-01 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞時間網のニュース 経済新常態の下で、伝統的制造業はモデルチェンジアップグレードの切実な需要に直面している。東莞で、多くの製造型企業は電子商取引のビジネスチャンスをねらって、インターネット優勢を生かして革新発展を行っている。巨大な製造企業群体、整っている産業チェーン、強大な物流配送能力、優良品質の経営環境、いくつかの電子商取引の巨頭が増資するように引きつけた。去年、東莞電子商取引は加速で発展した。政策で電子商取引を引率することに新政策があって、伝統製造企業が電子商取引の応用に新しい突破があって、農業に係る電子商取引の発展に新しい効果があった。

 

多国籍電子商取引生態圏がますます成熟になっている

東莞多国籍電子商取引センター園区に位置している東莞国際郵便交換局で、知能ロボットは秩序的にメールを分類して転送していて、現場では多忙な光景である。国内のリードする「電子申告、自動的区別、知能検査」の通関モデルを採用し、1日あたりに30万件のメールがここで通関され、直接に全世界200余り国家と地区へ郵送されている。

「以前東莞多国籍電子商取引企業が国際郵便を郵送した場合、広州から通関しなければならず、今、ここで直接に通関することができ、配達期間は半日~2日間短縮することができる」と中国郵政東莞支社のマーケティング部のマネージャーである余賽群が語っていた。

東莞交換局は去年に9月に正式に運行営業し始めて、未来において華南地域の郵政国際包みの点検交換機能を開通する。交換局のスタートは、大幅にわが市の多国籍電子商取引産業の発展における競争力を強める。東莞交換局の前段階の設計によって、1日あたりの処理能力は最高で80万件に達し、2期建設が完了した後、処理能力は最高で200万件/日まで上回ることができる。2018年の第1四半期、共に国際郵便2315.4万件を処理して輸出した。

これは東莞多国籍電子商取引の急速に発展する鏡像の一つである。2017年、全市多国籍電子商取引の輸出入額は143億元に達して、同時期と比べて680%増加した。東莞から郵送した国際速達は8821万件で、同時期と比べて24.3%増加して、総量は全国の第4に位置した。

現在のところ、東莞多国籍電子商取引の生態圏は次第に熟している。東莞3C、服装、靴と帽子、おもちゃなどの製品の需要が大きくなって、配送しやすく、更新が速い優位をもって、多くの有名な企業は東莞で多国籍電子商取引を発展していて、例えば敦煌網、浩方、啓盈、遞四方、銀盈通、阿里菜鳥などの有名な企業は次から次へと定住し、いくつかの本土の多国籍電子商取引も次々と大量に出現して、たとえば倍増試験点企業である広東尚睿ネットワーク技術有限会社など。大量な「東莞製造」日用品、家電製品などは多国籍電子商取引ルートを通じ、世界各地へ販売して、次第に「東莞製造が全世界で売る」という外国貿易の新しい発展モデルを形成している。

 

伝統的製造企業は電子商取引巨頭の愛顧を受ける

近日、東莞有名な下着企業である都市麗人はテンセント、京東、唯品会などの会社は株主になって、資本は約5.1億香港ドルを募った。取引した後、京東、テンセント、唯品会はそれぞれに都市麗人の2.48%0.83%0.83%の株式を持っている。

伝統的な服装企業、どうして電子商取引巨頭達の愛顧を受けるか。都市麗人の理事長である鄭耀南は、これは都市麗人が中国最大のブランド肌につける衣類の企業であるおかげで、その上電子商取引ルートの発展が急激であると思いがっている。聞くところによると、この会社はオンライン・オフラインの経営モデルを確立して、電子商取引の売上高は毎年倍増して、2014年の0.7億元から去年の8億元まで上回って、今年の目標は12億元である。

トップクラスの流量、入口を持つテンセントは株主になって、都市麗人は頼る資源が倍増し、特に電子商取引領域である。426日、この会社の開催した20周年の流行ショー、唯品会、今日頭条、テンセント動画、サンショウなどの多数のプラットフォームより放送して、300万人がオンラインで観覧した。実は、有名な電子商取引プラットフォームはブランド商に対してマーケティング、ビッグデータ、供応チェーンなどの総合的能力を実現することができる。同時に、急速に新しい細分市場を開拓することができ、若い消費層を捉えて、その一流都市での販売を拡大できる。

巨頭がしきりに値上げすることを除いて、在来産業もプラットフォームを建てることにより製造と販売を作り直している。国内販売を広く開拓するため、常平に位置する東莞市聖旗路ファッションは、PC端、モバイルサイドと実体店鋪などの複合モデルで販売する以外、聚愛美という電子商取引と創業を一体化したプラットフォームを建て、服装、靴類、革製品などの製品を主にして、オンラインで1000社の供給商が駐在している。

1985年に成立した文華縫製工場は、ここ数年来工業4.0インテリジェント化の生産を方向誘導にして、自主的に自動紙様子生成システムとAPP特許研究開発注文システムを創建し、みごとに大規模生産の産業化注文の発展を実現した。所属の「BILANG比朗」メンズファッションのブランドは、関連システムによって、消費者に個性化、自主的設計のメンズファッション注文総合ネットでのショッピングを提供する。

 

本土の垂直電子商取引巨頭は大量に出現してきた

東莞は巨大で熟している製造産業チェーンを持っていて、各類業界の垂直電子商取引領域において、多くのプラットフォーム型企業は位置付けが見つかっていて、この「富鉱」を掘り起こしている。

つい最近の加博会で、盟大グループ所属のプラットフォームである大易有塑は、多くのパートナーと共に「ブラックテクノロジー」製品を持ってきて、たとえば、水に溶けるビニール袋、引き裂けない袋、刃物に強いかばん、3D人像印刷など、各大手メディアの広範な関心を受けた。

盟大グループは東莞模範の電子商取引であり、2017年の全省の電子商取引の模範企業で、今年は市レベルの倍増試験点企業として認定された。この会社の所属する環球可塑化ネットはすでに業界のユーザー量とアクセル量の前列に位置する業界情報プラットフォームになった。オンライン取引を主にするプラスチック原材料プラットフォームである大易有塑の取引額は累計で300億元を突破した。「2018年に大易有塑は大きな支払と新しい取引、新素材技術、知能仕入・販売において重点的に突破し、オンラインでの取引規模は600億元を突破し、業界を引率してアップグレードすることを加速する」と盟大グループの総裁である李実が語っていた。

消費領域で、東莞は「ユニコーン」型の革新会社が現れた。今年3月、東莞市金融関係仕事局深セン証券取引所、深創投の指導者と一緒に被東莞企業である健客網を訪問して、発売の足並みを加速して調査研究を展開している。聞くところによると、2006年の健客はすでに国内のオンライン医薬先頭企業であり、所属の健客網は国内の最大規模のオンライン薬屋の一つであり、艾瑞諮詢に業界第1の「ユニコーン」企業と評価された。

健客CEOである謝方敏の紹介によると、健客は2016年にAランク融資1億ドルを獲得して、2017年にまたA+ランクの5000万ドルを獲得した。現在のところ、会社の主要な業務はオンラインでの薬品購入、モバイル医療、実体病院と連鎖薬屋など、会社は現在5社の実体病院、20ぐらいのオフライン連鎖薬屋および、DTP薬局を持っている。

 

リンク

去年に全市の電子商取引の取引額は13.5%増加した

ここ数年来、東莞電子商取引はめざましく発展している。市商務局からのデータによると、2017年、東莞全市電子商取引の取引額は4202億元に達して、13.5%増加した。同時に、政策引率電子商取引において新しい措置があって、伝統製造企業が電子商取引の応用に新しい進展があって、多国籍電子商取引の発展は新しい突破があって、農業に係る電子商取引の発展は新しい効果があった。

その中、政策で、去年東莞は新しく登場した『東莞市更に電子商取引の発展を加速する実施意見』と『東莞市電子商取引特定項目資金管理方法』を改訂し、『東莞市電子商取引特定項目資金申告ガイドブック』を作成した。2017年に共に40社の部門の51プロジェクトを受理して、その中の35社部門の46プロジェクトは申告条件に合致して、特定項目資金2315.05万元を支給した。

同時に、東莞電子商取引産業の発展環境は日に整っている。20165月、東莞市は国家開放型経済の新しい体制の総合試験点都市になって、外国貿易の新業態を発展して特に多国籍電子商取引などの大領域で先に試みることを行う。現在のところ、全市は東城、南城、常平、沙田の四つの多国籍電子商取引通関区、清渓と虎門港の2つの大きな保税区構造を形成した。去年11月、市商務局は正式に国家商務部に第3陣の国家多国籍電子商取引の総合試験地域の報告書を提出し、全国範囲で東莞特色のある多国籍電子商取引の新パスを探求することに極力努める。

政策と産業環境のサポートで、国内外多くの電子商取引プラットフォームは次から次へと東莞で配置する。去年3月、東莞市人民政府とアリババグループは戦略的協力枠組み合意を締結して、未来において多国籍電子商取引B2B、重鎮出撃、中国質造などの8つの領域で全面的協力を展開し、去年9月、市役所は京東グループと協力協議を締結し、去年に、東莞はアマゾン、eBayなどの国外の有名な多国籍電子商取引プラットフォームと共に、20場以上の交流イベントを開催し、国外の多国籍電子商取引プラットフォームが全面的に東莞製造とマッチングすることに基礎を築いた。

 

出所時間網

 

无标题文档