无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
中集智谷産業園はチャンスを奪い取り、広東・香港・マカオ大湾区の科創センターの建設に取り組む
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-05-30 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞時間網のニュース 現在、広東香港マカオ大湾区の計画は間もなく発表し、広深科技革新回廊の建設は加速して推進し、東莞は習近平総書記の重要演説精神を全部の仕事の総則として、今年も品質よく発展するラッパを吹き鳴らして、全力で新型の一流都市へ挺進する。

このような背景で、ハイエンド制造業の巨頭である中集グループ所属の中集産城は松山湖で中集智谷産業園を建造し、厚くて新しい優位をもって、「中国製造2025」国家戦略の発展大勢に順応して、広東香港マカオ大湾区と広深科技革新回廊の建設という歴史的なチャンスを奪い取り、革新で駆動し、技術で引率し、広東香港マカオ大湾区の科創センターの創建に取り組んで、東莞の品質よく発展する前衛になって、広東が「4つの全国前列」を実現するために自分の貢献を作り出す。

 

世界レベルな巨頭が護衛し、中集産城が全力で創建する

中集智谷産業園は松山湖高新区に位置して、世界のリードした物流とエネルギーの巨頭である中国百強企業中集グループが180億元を投資して東莞で創建する四大産業基地の一つである。園区は重点的に知能装備、電子情報などのハイエンド産業クラスターを導入し、「中国製造2025」の模範園区を目指して創建し、未来において更に東莞乃至中国の産業モデルチェンジ・アップグレードに協力する。

全世界のリードする物流装備とエネルギー装備の供給商として、中集グループはコンテナ、道路運送車、エネルギー化学工業と食品装備、海洋工事、物流サービス、空港設備、金融、産業城及びモジュール化建築などの9つの業務プレートを建てる。300余り家のメンバー会社が所属し、研究開発センターと製造基地は全世界20近くの国家と地区に分布して、産業チェーンの上下流の協力企業は1000社を上回って、全世界範囲において長期取引先は10000社を上回った。中集グループという巨大戦艦は強大な産業資源と優位を集め、中集智谷の飛躍的発展に巨大な推進作用を持ってくる。

調査によると、中集コンテナ本部、中集知能、中集新素材、中集複合輸送、中集物流研究院などの入園企業は、中集グループ自身の所属企業である。彼らからみると、中集智谷に進駐して、中集グループの協力発展をより良く発揮し、園区が絶えず熟していることに従って、より多くの中集グループからの革新業務と上下流企業が進駐して、中集グループの強大な産業資源のクラスター効果を総合する。

中集産城発展グループは中集グループの重点的に発展する業務プレートとして、十分に中集グループの資金、ブランド、産業協力などの優位を利用して、ここ数年来積極的に産業園区の開発と運営に身を投じて、産城融合を主導にして、企業の需要を核心にして、「産業興城、産業興国」の発展理念を堅持して、力を尽くして産城発展の専門家になって、20162018年度は3年連続して「中国産業園区キャリア30強」を獲得した。中集産城は強大な総合開発能力、産業資源導入能力、金融資本統合能力、持続的に運営サービス能力を持っている。中集智谷産業園は中集産城の開発して運営している模範プロジェクトであり、これはまさに中集智谷が「産業人が作る産業園」の独特な優位と言える。

 

国際化した視野の計画、生態事務新標本を創建する

今年、東莞市役所「1号文」の「美しい東莞の建設を推進する」をねらって、都市品質を高め、現代化した産業体系を積載し、人民生活を保障・改善し、共同建設・共同管理、共同享有の社会管理構造の重大措置にして、簡略で効率と品質が高い発展する新パースを計画する。

中集智谷産業園は「生態事務、緑色生活」の設計理念をもって、松山湖国家級高新区と4A級景勝地「両生態」の環境に頼り、超低密度で全係製品形態を構築し、時代の息のある生態環境保護、低炭素の健康な産業園区を創建し、企業の科学研究員のために自由且つ開放的で、心地良い事務とレジャー交流空間を提供する。

記者は聞かれて、中集智谷は総用地は502ムーで、建築面積は50万㎡を上回って、その中で産業園区の建築面積は33万㎡で、関連住宅施設の建築面積は約18万㎡である。生態勤務、レジャー商業、人材住宅を一体化させ、製品の計画は定製本部、中小企業独立本部、多/中高層研究開発ビル、関連住宅及び商業の施設がある。

現在のところ、園区の12期はすでに進駐するハイテク企業160社を上回って、みごとに中集コンテナ本部、邁威科技、邁科リチウム、中集知能、中集新素材、愛協科技、威科達科技、博思杜爾、合通科技、普密斯精密、利和興智能装備、艾福思オートメーション化、美爾美、中匯機械、松湖機械、川崎ロボット、微智ロボットなどの大量の優良品質の企業を導入した。進駐した企業は知能装備、電子情報業界を主にして、新素材、新エネルギーなどのその他業界を含む。園区全体ができた後、進駐した企業は500社を上回って、年産価値は約200億元を実現して、ハイエンド人材15000人以上を引きつける。

 

全産業チェーンサービスをもって企業の革新発展を護衛する

習近平総書記は今年全国「両会」広東代表団の審議に参加したときに指摘して、新しくより大きな行為で「4つの全国前列」を実現する。経済の品質よく発展する体制構造を推進するとともに、東莞は習近平総書記の重要演説精神を貫徹して、広東・香港・マカオ大湾区と広深科技革新回廊の建設というチャンスをとらえて、新旧動能の変更を加速し、革新高地を建設し、経済の品質よい発展を推進する。

東莞が広東・香港・マカオ大湾区と広深科技革新回廊の建設に溶け込むには、中集智谷も重要な効果を発揮した。去年、中集智谷園区はみごとに東莞科学技術プロジェクトデータベースに入選され、プロジェクトの建設に従って、「人材、産業、資本」などのハイエンド要素の集まりを加速する。

その他産業園区と異なっているのは、中集智谷は重点的に知能装備、電子情報の革新科学技術企業クラスターを導入して、これらの企業のために産業チェーンの統合、生産性サービス、商務生活施設と革新文化を一体化した全方位の生態環境と革新雰囲気を提供し、産業のクラスターによってコア競争力と創造能力を形成して、地域の産業最適化のアップグレードと都市価値の向上を促進する。

邁威科技は深センから中集智谷園区に引っ越した国家ハイテク企業であり、華為、海思、比亜迪、法雷奥などの国内外の百余り家のハイエンド取引先はワンストップサービスを提供している。その企業の責任者は「深センから中集智谷園区に進駐するのは、主に園区の生態、と革新運営サービス能力を期待して、ここで執務するコストは深センより低く、中集グループの全世界取引先資源価値ネートワークを享有することができる」と語っていた。

中集智谷の社長である陳平は紹介して、中集グループの資金、ブランド、技術、金融と全世界取引先資源の強大な優位に頼り、中集智谷は国内産業園区の創始するクラウド創業サービス・プラットフォームを創建し、「クラウド創業、科技通、金融宝、、経管易、クラウド事務、政策通、楽生活」などの7つのクラウド創業生態サービス圏を構築する。園区企業に対して創業補習、科創サービス、金融サービス、ベンチャーキャピタルなどの全産業チェーンの付加価値サービスを提供して、革新する智谷モデル園区の発展を引率して、進駐する企業が加速して革新発展を護衛する。

中集智谷は「産業で創業を動かし、サービスで革新を支持する」のサービス理念を堅持して、「ほほえみの曲線」の両端に立脚し、それによって「4全」と「4新」の発展モデルをやり遂げて、進駐する企業のために「全産業チェーンで支えて、全ライフサイクルで支持、全要素資源の統合、全方位のサービス」と「新産業を育成して、新技術を孵化して、新しいモデルを製造して、新しいプラットフォームを作り上げる」という全方位のサービス体系を提供する。

陳平は総括して、中集智谷は蛇口効果のDNAを誘発して、中集グループの護衛、華為に隣接する先天的な優位、中集智谷が産業人として、産業人の考え方で企業を考えて、企業の必要を了解し、「中国製造2025戦略」の努力を実現して、更に政府の全力で支持して協力した模範リードのおかげである。

2016年~2017年、中集智谷は相前後して国家級衆創空間、国家級科技インキュベーターの2つの「国級」の称号を得て、企業孵化、産業クラスターにおいて国家の認可を獲得した。それ以外に、2016年~2018年、中集智谷は3年連続して「東莞で勝つ」という科学技術創業大会に名前を付けて、積極的に東莞の創業事業の革新と発展に協力して、そして2017720に「広東省小型微型企業創業革新模範基地」の栄誉称号を獲得した。園区は「革新」で駆動し、「技術」で引率し、広東・香港・マカオ大湾区の革新創業培育基地の建設に取り組んでいる。

 

全世界の資源とリンクし、国際化の発展を加速する

現在、東莞は全市開放型経済の品質よく発展することを推進して、全面的に開放する新しい構造を形成することを推進し、東莞は積極的に国際経済協力と競争の新優位を育成している。東莞模範性産業園区として、中集智谷は中集グループの強大な全世界資源に頼り、それは国際協力ですでに初めて効果が現れた。

記者は聞かれて、去年以来、中集智谷は中集グループの海外資源に頼り、強力に国外機関の深さと協力を進めて、園区は更に東莞企業のために全世界資源とマッチングして、園区の発展を加速して国際化を推進する。

20176月、中集イギリス海外革新センターはイギリスロンドンで開業して、これは中集所属の革新センターが海外に踏み出したことを示して、孵化器の国際化する発展を推進する。中集海外革新センターは全世界の革新するプラットフォームを建てることを目指して、中集所属産業園企業に協力して歩いて出て行って、全世界優良品質プロジェクトを国内に取り入れることを目指している。

20171121、中集智谷とドイツ中独工業4.0連盟は『中独先進製造ソリューション革新センターの共同建設』という戦略的協力協議を締結して、中独先進製造ソリューション革新センターは正式に起動して、これは中集智谷は中国制造業がドイツの革新技術と資源とマッチングする全く新しい石段に踏み出すことを示している。

実は、中集グループは今まで「全世界運営、地域の知恵」のグローバル化理念を堅持して、ドイツですでに3社の持株企業を持っていて、これは中集海外のメンバー企業比重の最高な地区の一つである。中集智谷とドイツ中独工業4.0連盟は共に中独先進製造ソリューション革新センターを創建し、東莞製造業のモデルチェンジにソリューションと交流マッチングプラットフォームを提供する。未来において更に中集グループの全世界協力資源の優位と経験を発揮して、中独先進製造ソリューション革新センターの実現を推進して、全面的に東莞制造業が知能創造の新時代へ進む。

記者は聞かれて、この革新センターは先進制造業の300社のソリューション会社をセンターにして、東莞本土企業のアップグレードに対して調査して研究し、異なる産業、異なる段階のアップグレードに対して、企業に協力する互いにマッチングするソリューション会社を探して、当地企業のために新しい業務の成長点を探し出して、持続的に実現、孵化と発展する。

 

新しいチャンスを奪い取り、広東・香港・マカオ大湾区の革新高地を構築する

現在、広東・香港・マカオ大湾区の計画は間もなく発表し、東莞は全力で品質よい発展を進めていて、新型の一流都市へ挺進することを加速している。改革開放40周年のノードにおいて、東莞は習近平総書記の重要演説精神を全部の仕事の総則として、広東・香港・マカオ大湾区と広深科技革新回廊の建設という歴史上のチャンスを奪い取り、力の限りを尽くして品質よい発展の道を歩き出して、全省の「4つの全国前列」の実現のために東莞の力を貢献する。

松山湖は国家級ハイテク区として、東莞が革新駆動発展の主要戦場、主陣地であり、同時に東莞が地区競争に参与する戦略支えである。松山湖は絶えずに新しい優位を発展して、革新アップグレードを探求して、品質よい発展を実現して、松山湖を持続的に東莞の経済社会発展を引率する実験区、先行区、模範地区に建設する。

325、重量級情報が伝来され、国の宝物である中国スポーリング中性子源プロジェクトは検収され、スポーリング中性子源プロジェクトが正式に作り上げたことを示して、東莞が広東・香港・マカオ大湾区に参与して建設することにより大きな意欲を加えた。中性子科学城の製造は、松山湖が革新エネルギーの重大なきっかけになる。スポーリング中性子源、シンクロトロン放射光源、材料科学と技術広東省実験室などの科学的な装置に頼り、東莞は高規格中性子科学城の建設に計画を立てることを進めて、未来の革新発展の為に戦略的支持を提供する。

このシリーズは重大な有利情報は中集智谷産業園の発展に新しいきっかけを提供した。中集智谷、「中国製造2025」模範園区、つきあいは数年のみごとに運営して、蛇口効果のある強大な遺伝子を持っている。未来、広東・香港・マカオ大湾区と広深科技革新回廊の建設という歴史上のチャンスに頼り、中集智谷も新しい発展を迎える。

広東ハイテク産業商業会議所の事務総長である王理宗からみると、中集智谷は松山湖のコード位置の優位をもって、そして松山湖の華為端末本部などの蛇口プロジェクトの建設が使用し始めることに従って、深莞間の革新要素の流動は全面的に加速して、中集智谷は中集グループのハイエンド制造業の実力と全世界の豊富な資源条件に頼り、より多くの優良品質のプロジェクトと革新チームを園区に定住させ、深莞革新融合の探路前衛になる。

記者は聞かれて、現在のところ、中集智谷の1期プロジェクトはすでに運行営業し始めて、2期プロジェクトの火のように熱い企業誘致で、3期は間もなく企業誘致をスタートさせて、続々と周辺の華為端末本部、スポーリング中性子源などの大型プロジェクトが試用し始めることに従い、より多くの全世界各地からの優良品質企業とプロジェクトが名を慕ってきて、園区に定住して発展したい。

未来、中集智谷は「中国製造2025」国家戦略的発展の大勢に順応して、中集グループの強大な制造業実力と松山湖のとりわけ恵まれている位置優位に頼り、広東・香港・マカオ大湾区と広深科技革新回廊の建設という歴史的なチャンスを奪い取る。

園区に進駐した企業の発展にとって、交通位置環境、政策低地の効果、革新要素の集まりにおいて、中集智谷で良好な基礎条件と発展のチャンスを得られて、企業はここでの発展の見込みが計り知れない。未来、中集智谷は広東・香港・マカオ大湾区の科創センターになって、珠江デルタ、特に深セン科技企業が革新して発展する理想地になる。

 

出所時間網

 

无标题文档