无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
今年初の2ヶ月間に中国財政収入は15.8%増加した
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-03-21 [このページを印刷]    [クローズ]

中新社北京321日のニュース 中国財政部は21日に統計データを公表して、今年12月累計で、全国一般公共予算収入は36553億元(人民元、以下同じ)で、同時期と比べて15.8%増加した。その中、税収収入は32952億元で、同時期と比べて18.4%増加し、非税収入は3601億元で、同時期と比べて3.5%下がった。

12月、中国の主要な租税種類の中で、国内増値税の収入は12952億元で、同時期と比べて22.3%増加し、国内消費税の収入は2936億元で、同時期と比べて29.5%増加し、企業所得税の収入は7468億元で、同時期と比べて14.8%増加し、個人所得税の収入は2841億元で、同時期と比べて0.3%増加し、輸入品物の増値税、消費税は収入の2818億元で、同時期と比べて21.5%増加し、関税収入は476億元で、同時期と比べて10%増加した。

土地不動産に関する税収の中で、不動産収得税の収入は821億元で、同時期と比べて28.4%増加し、土地増値税の収入は959億元で、同時期と比べて10.1%増加し、不動産税の収入は502億元で、同時期と比べて17.5%増加し、耕地占用税の収入は118億元で、同時期と比べて31%下がって、都市土地使用税の収入は428億元で、同時期と比べて7.6%増加した。

それ以外に、自動車取得税、印紙税、資源税などの租税種類の収入もわりに速い増加を実現した。

12月累計で、全国一般公共予算支出は29062億元で、同時期と比べて16.7%増加した。財政部によると、12月に一般公共予算収支に関するプロジェクトの増幅変動はわりに大きく、12月の財政収支は主に春節休みの影響を受ける程度がわりに大きく、一定的な特殊性があって、財政収支の運営態勢は後期の分析に頼る。

財政部の公表した統計データによると、今年12月累計で、全国政府性基金予算収入は9671億元で、同時期と比べて33.3%増加した。その中、国有土地使用権の譲渡収入は8499億元で、同時期と比べて38.9%増加した。(終わり)

 

出所:中国新聞網

无标题文档