无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
対ドル人民元仲値レートは229ベーシスポイント上昇し、3週間以来の最高上げ幅となった
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-03-22 [このページを印刷]    [クローズ]

中国新聞社北京322日のニュース 人民元仲値は3週間以来の最大上げ幅を迎えた。22日、中国外国為替取引センターが公表した対ドル人民元仲レートは6.3167で、前日より229ベーシスポイント上昇し、2018227日以来の最高上げ幅となった。

当日朝、米連邦準備制度理事会は25ベーシスポイントの金利を増加することを宣言し、すぐドル指数は下落し、90上線から89.5ぐらい下がって、2211時まで、オファー値は89.56となった。

対ドルのオンショアとオフショア人民元レートは小幅に上昇し、2211時まで、それぞれ6.31806.3139となった。

興業研究アナリストである郭嘉沂は、今回の米連邦準備理事会の決議から見ると、年内の3回の金利を引き上げるパスを維持していて、市場予想を超えることないので、短期において、ドル指数は下落する圧力に直面すると語っていた。

中長期から見ると、未来2年において米連邦準備理事会の金利を引き上げるパスは更に険しかったけれども、現在のところはまだ検証できず、市場からの反応はより落ち着いている。米連邦準備理事会はインフレ反発に対する判断が成立となった場合、未来2年において米国の経済は恐らく 周期後部の「スタグフレーション」の状態になって、非米経済体のインフレがより遅くなって、あまねく貨幣政策緊縮の初期において、この状況ではたとえ米連邦準備理事会が連続して金利を引き上げてもドルの退勢を救うことができない。

郭嘉沂は、人民元にとって、ドル指数の反落および中国中央銀行が小幅に公開市場における操作利率を上昇させることにより、人民元に対して一定的な価値上昇の能力を与えたが、再度傾向市況の動機がまだ見ていなく、短期において対ドル人民元レートは依然として低い変動を維持していると語っていた。(終わり)

 

出所:中国新聞網

无标题文档