无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
新しい高地の建設は今年の開放重点になって、自由貿易圏は「開拓する」
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-03-22 [このページを印刷]    [クローズ]

新しい高地の建設は今年の拡大開放重点になる

自由貿易圏は「開拓する」

今年の政府活動報告によると、全面的に自由貿易圏の経験を複製・普及し、自由貿易港の建設を探求し、改革開放の新しい高地を創建するとの指摘があった。改革開放の新しい高地を創建するのは、多くの地域の今年の重点的な仕事の一つになって、四川、安徽などは全国両会の際に自由貿易圏または自由貿易港を建設する提案を提出した。

業界の予想によると、第3陣の自由貿易圏が1年成立した今日にとって、自由貿易港を新しい改革開放の高地にすることは現れた。サービス業を開放重点にする再度の開放において、自由貿易圏と自由貿易港も真っ先に新しい開放領域を探求し、我が国の改革開放の先駆者に引き続き責任を持っている。

 

自由貿易港は今年現れる見込みがある

今年の両会の際に、自由貿易圏、自由貿易港は再度にプームになった。四川などは代表団の名義で自由貿易港の建設を探求する提案を提出し、安徽などは自由貿易試験地域を設立する望みも提出した。

沿海地区はこれまでと少しも変わらないで積極的である。例えば、数名の全国政協委員は連名で提案を提出して、大連に支持して全国第1陣の自由貿易港を建設する。委員達は、大連の自由貿易港を建設して、国家の地区平衡がとれている発展戦略の実施、東北アジアの全面的に開放する新しい構造、引き上げの東北の古い工業基地の国際競争力を創建する重要な戦略の意味があると考えている。

全国人民代表大会代表、天津市市長である張国清は表して、天津は積極的に「北京・天津・河北の自由貿易港」を申告している。張国清からみると、この自由貿易港は天津の自由貿易港だけではなく、全体の北京・天津・河北のためにサービスし、全体の北京・天津・河北地区の対外開放のプラットフォームである。

それ以外に、安徽代表団が両会の際に国家が安徽に自由貿易試験地域を支持する提案を提出した。安徽代表団は、安徽はすでに17国家級経済開発と高新区、3つの総合保税区がたくさんの熟している開放するキャリヤーを持っていて、自由貿易試験地域を建設する条件と基礎があると考えている。

四川代表団の全体会議で、四川省に内陸自由貿易港の建設を探求する提案を討論して通過した。その外、四川は天府新区に立脚し、内陸開放型経済の高地を建設する。

現在のところに至って、すでに上海、浙江、天津、広東、四川などの沿海と内陸の10数省の自由貿易港を競い合っている。『経済参考報』の記者は以前から聞かれて、遼寧省政府はすでに正式に大連自由貿易港の方案を国務院に申告して、そして相関部門に提出した。青島も青島港と青島港の所在する青島西海岸の経済新区に頼り、積極的に自由貿易港の創建を努力して、現在のところ、青島自由貿易港の方案はすでに一応備えて、そして商務部と疎通を行っているところである。

 

自由貿易区は積極的に革新の突破を探求している

我が国の既存の11個は自由貿易試験地域も積極的に新しい突破を求めている。例えば、はじめとして自由貿易試験地域である上海はすでに2018年自由貿易圏を重点的な改革開放にすることを明確にした。国際最高標準、最も良いレベルを照らし合わせて、自由貿易試験地域の「31堡」を創建し、開放型経済体系のリスク圧力テスト区を建設する。

それ以外に、上海は、上海自由貿易圏は自由貿易港の建設などを探求する方面に新しい突破があると表した。自由貿易港の建設に新しい突破を探求し、方案の整理をしっかり行い、合理化している多国籍通販の経営環境において新しい突破があって、港の費用を下げて、港の時間消耗を圧縮する。

上海社会科学院の副院長である張兆安は『経済参考報』記者に対して、上海自由貿易試験地域は4年運行して、現在のところはすでに明らかな効果を得たと語っていた。改革を深める方面に、投資、貿易、金融、管理制度などを含んで、すでに100多くの項目を探求して複製できる経験ができた。開放規模を拡大する方面に、マイナス面の明細書を含む外資管理制度などは、税関などの貿易の便利化した方面もあり、すべて多くの経験も総括できる。これらはすべて更に開放規模を拡大するためにより良く基礎を提供する。現在、改革を一層深化させ、開放規模に対する要求も拡大している。上海自由貿易圏はずっと前を歩いて、すでにとても大きい1歩を行って、自由貿易港の試験でも、全国の前列を歩いて、改革開放の先頭兵、革新発展の先駆者になりたい。

一方は革新突破の探求であり、もう一方は、更に広い範囲において経験を普及・複製することである。国家発展と改革委員会の副主任である寧吉喆は、「マイナス面の明細書」の条目は更に減らす見込みがあり、この制度も全国まで拡大すると語っていた。

商務部は関連責任者は、次に、開放的なプラットフォームを構築することであると語っていた。各類の開発区の水準を高めて、自由貿易試験地域により多くの改革自主権を与え、自由貿易港の建設を探求して、改革開放の新しい高地を創建する。開放配置を合理化させる。西部開放の力度を増大して、滞りがなく通路を開放して、きわめて新しい開放の増加を推進して、西部を開放の端末から開放の最前線にさせる。東部の開放レベルを高めて、中部の開放発展を推進する。

 

新しい高地を開放し新しい賞与金を釈放する

今年の政府活動報告によると、全面的に一般制造業を放し、電気通信、医療、教育、養老、新エネルギー自動車などの領域の開放を拡大するとの指摘があった。秩序的に銀行カードの清算などの市場を開放し、外資保険ブローカー会社の経営範囲制限を開放し、銀行、証券、基金管理、先物、金融資産管理会社などの外資投資株式の比例制限を開放またはキャンセルし、中外銀行の市場準入基準を統一する。

業界の予想によると、サービス業を再度開放の重点にして、自由貿易圏と自由貿易港は真っ先に新しい開放領域を探求する見込みがあって、例えば金融業の開放は「リスクのテスト」を行って、我が国の改革開放の先駆者に引き続き責任を持っている。

専門家は、自由貿易港が貿易試験地域の次にした後、我が国の開放レベルがより高く、経営環境が更に優れている、放射作用の更に強い開放新しい高地があり、これは我が国の開放型経済の革新発展に重要な意味があるとの指摘があった。

対外経済貿易大学の教授である桑百川は『経済参考報』記者に対して、我が国は自由貿易の試験地域を設立して、その自身は複製・普及できる経験を創造し、それでは今数年の運行を経て、上海自由貿易試験地域を代表にして、11自由貿易試験地域はいくつかの改革開放と発展を実行する良い経験で創造して、全く全国で広めることができて、それによって我が国の開放、改革と発展を動かすと語っていた。

自由貿易港の創立を探求することについて、桑百川は、中国の海岸線が長くて、離島資源が豊富で、自由貿易港の発展も開放的な新しい高地を創建することであり、各地は自由貿易港の設立について高い関心を与えて、極めて大きい興味を展示したと考えている。未来過程で自由貿易港を探求し、いくつかの新しい貿易業態を形成し、例えばオフショア貿易、オフショア金融、港貿易などのにおいてより大きな進展がある。国際上の自由貿易港はすでに熟している実践経験があって、我が国は開放を深化する間に、自由貿易港の創立を探求することは我が国の開放的情勢に更に豊富にならせて、新しい開放する高地も創建できる。

社会科学院世界経済政治研究所の研究員である東豔は『経済参考報』記者に対して、自由貿易試験地域は普通の自由貿易圏だけではなく、改革開放を進める重要なモデル・ケースを積載し、自貿易試験港はたぶんより大きな開放程度を与える地区になると語っていた。彼女からみると、「自由貿易港はその地域優位なとを結び付けて、香港、海南のような独特な機能のある田畑を創建する」。

 

出所経済参考報

无标题文档