无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞:加博会は初めて可塑化産業マッチング会を開催する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-03-20 [このページを印刷]    [クローズ]

可塑化産業マッチング会の開催は業界が品質よく発展の推進に利益がある。当該写真は去年の加博会で、盟大グループ「大易有塑」取引プラットフォームでは大勢の観衆を体験するように引き寄せた。記者である孫俊傑より撮影。

可塑化業界の巨頭として、産業最前線技術と製品を展示する。記者は近いうちに第10期中国加工貿易製品博覧会(以下は「加博会」と略称する)の組織委員会から聞かれて、今年の加博会に、第1期「中国可塑化産業イノベーション発展大会生産と販売マッチング交流会」を開催し、これは加博会が初めて開催する可塑化産業のマッチング交流会である。会議では可塑化業界専門家学者、産業上下流企業、第3者測定機関、研究所、協会、金融機関などを招待し、共に可塑化業界が品質よく発展を推進する。その時、大量の可塑化業界の発展傾向の新技術、新製品は集中的に登場する。

 

可塑化業界が品質よく発展することを推進する

1期の「中国可塑化産業イノベーション発展大会・生産と販売マッチング交流会」は加博会組織委員会と中国合成樹脂供給と販売協会が共同で主催し、広東省プラスチック工業協会と盟大グループは共に引き受ける。プラスチック原材料供給商、添加剤、生物プラスチック、顔料とカラーマスターバッチなどの生産企業を招待し、一連の新素材と新科学技術を展示する。

紹介によると、現在全国のプラスチックの産業規模は2兆元を超え、広東省は4000億元に達し、東莞は800億元に達し、広東の5つの大型プラスチック原料市場の3つは東莞にある。盟大グループの総裁である李実は記者に教えて、現在のところ、盟大グループ「大易有塑」取引プラットフォームのメンバー会社は65万社あり、このプラットフォームはプラスチック原料を主にする大口商品の現物取引プラットフォームであり、それは通用材料、工事材料などを主要な対象にしてオンラインで現物取引を実行し、同時に金融、物流、倉庫、保税、輸出入代行などのすべての産業チェーンの関連サービスを提供する。

業界未来の発展傾向に言及して、李実は、未来数年、東莞を含める広東の新素材産業の高速成長はアクティブにして、迅速に発展する状態に入ると表した。新素材産業は東莞という制造業の発達している都市にとって、きっと有利で甚だしきに至っては重大な推進補助器と言える。

「われわれは加博会でこのような生産と販売のマッチングを組織するのは、市場と業界の発展する需要に順応し、いくつかの高分子新素材の優良品質企業、業界の専門家学者、第3者測定機関、研究所、協会などを集め、マッチング交流を行って、共に可塑化業界が品質よく発展することを推進する。」と李実が語っていた。

 

業界巨頭を新製品の研究開発展示に参加するように招待する

東莞市基爍実業有限会社はこのイベントの展示業者の一つであり、この会社はPETカラーマスターバッチ(携帯電話の保護膜、太陽光発電の背板線などの領域に応用されている)と高性能変性材料(新エネルギー自動車、高速鉄道などの領域に応用されている)を展示する。この会社の社長である王勇は、現在のところ、会社は21項の特許をもっていて、近いうちに高速鉄道リチウム電池材料が世界的認証を得て、国内の空白を埋めたと漏らした。現在のところ、会社は8条の生産ラインを持っていて、月間の生産と販売は1500トンに達する。

李実は、イベントはいくつかの業界内の専門家を招待して、新材料領域の専門家である彭先彧はチームの新しく研究開発したポリビニール・アルコールプラスチックを持っていて展示に参加し、3種類の新品種を含む。その中、通用型水溶薄膜はお湯あるいは冷たい水などの特定条件で完全に溶解し、医療用器材、電気器具素子、服装と靴などの包装に利用される。

 

数場のヘビー級イベントを開催し、産業のマッチング交流を促進する

可塑化産業交流会というイベントは、以前の何期かの加博会でも行ったことがある。たとえば2016年の加博会で、東莞本土企業である都市麗人は国内初のコンサート形式の下着ブランド発表会を開催しただけではなく、数千人規模の販売店大会を開催した。この加博会で、国際スマートフォンとモバイル端末の産業チェーンのトップ会議を開催して、講座を担当する客人はみんな重要人物である。トップ会議の特別テーマはスマートフォンとモバイル端末の産業チェーンがどのようにアップグレードし合理化させ、産業チェーンの協力を促進し、この新興産業の健康な発展を推進することを研究討論する。

正に産業マッチング会が業界の発展に果たす推進作用を見たので、今年の加博会で、組織委員会は特に数場のヘビー級イベントを手配して、第10期中国加博会テーマのフォーラム、2018世界知能モバイル端末産業サミット、2018中国真珠や宝石アクセサリ業界の革新発展トップフォーラム、2018中国加博会の第1期バッグ革製品設計全世界募集大会、2018おもちゃと赤ん坊用品業界の発展傾向トップフォーラムなどを含む。

調査によると、世界知能モバイル端末の産業サミットでは『2018知能モバイル端末産業の発展リポート』を発表して、全面的に知能モバイル端末産業の発展状況を分析して、科学的に業界が未来における発展の動きを判断する。真珠や宝石アクセサリ業界は発展トップフォーラムとバッグ革製品デザインコンテストを開催し、重点的に伝統加工貿易企業ブランド、設計方面に対する発展を体現していて、イベントは効果的に業界の資源を集め、産業の健康な発展のために動力を提供する。

 

出所:南方日

无标题文档