无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
両会視点:商標客に「誘拐」された商標法は早速に変革が必要
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-03-15 [このページを印刷]    [クローズ]

現在のところ、1700万件以上の有効な登録商標はすでに商標用語の極限に接近していて、企業が新しい漢字を探して商標登録しにくくなっている。

6日、中華全国商工業連合会の業界別チーム討論会で、委員はそろって突っ込んでいる。「商標を占拠して登録する問題は依然として存在している」「私の企業も‘商標登録を占拠された’という問題に遭遇した」「商標客は憎らしすぎる」と企業家達は次から次へと告発している。

長い間、我が国の商標登録占拠の実例は次々と現れて、たとえば王陽明に関する商標はすべて占拠されていて、王陽明は最も忙しい古代人だと言われている。時には、怖い笑い話も珍しくない。たとえば「マイクロソフト」を登録した企業は生理用ナプキンの販売に従事していて、「星光大道」を登録した企業は床板の販売に従事していて、「神舟5号」を登録した企業は園芸製品であり、その占拠された商標はいい値段を得るためである。

全国政協委員、中関村智恵造大街の社長である程静は両会で相関部門は商標の登録、使用、取消制度を改革する必要があると呼びかけていた。

統計データによると、2017年末まで、我が国の商標登録案件は累計で2784.2万件に達して、累計で1730.1万件を登録して、全世界の40%を占めていて、有効な登録商標量は1492万件、連続17年世界一に位置していて、すでに名実ともに備わる商標の大国になった。

商標大国の商標は主に何をしたのか。解答は遊ばせておくことである。

程静は、大量な登録済の商標は遊ばせておいて、多くの商標所有者は「重く登録し、軽く利用する」との傾向がある。統計によると、全国の登録商標の遊ばせておく率は意外にも30%に達して、一部の分類の商標の遊ばせておく率は50%に達すした。多くの企業と個人は自分の商品あるいはでサービスに利用される目的の為ではないで大量に商標を登録して、買いだめして、高価格で譲渡する。このような行為は商標法の立法目的に違反した。

全国政協委員、三胞グループの理事長である袁亜非はこれに対しても深く感銘を受ける。彼は:「われわれは国家の商標法があり、先に申請する原則を採用していてて、誰が先に申請して、誰が先に登録して、商標の所有権はその人に帰属するので、いくつかの専門的に他人の商標のを登録する「商標客」がいる。彼らはこの商標を使わないで、そこで潜んでいて、これに頼り訴訟して、合い金を儲ける。」と袁亜非は思って、我が国の商標法はある程度で「商標客」の投機的行為を励ました。

登録したい企業は登録できない現状で、どうして遊ばせておいた商標を取り消さないのか?

「これで我が国の商標取消制度に関連している。」と程静は表して、我が国の商標取消に多くの難題が存在していて、その上取り消されても、同じくその他商標申請者に早めに登録されていて、取消申請者は最終的に利益を得られない。

登録できず、取り消せないで、委員達は現有する政策を改革する呼びかけがあった。袁亜非は、商工業総局は特殊な商標の共存性の審査構造を手配するよう望んでいる。程静は、本当に商標の盲目的占拠、繰り返す占拠、悪意での占拠との問題を解決するには、肝心なのは商標の強制性使用制度を設立することである。たとえば3年ごとに使用証明を提出することなど。

その外、程静はまた2つの簡略化を実施するように提案し、即ち商標の取消手続きを簡略化させ、商標譲渡手続きを簡略化させることである。

委員達からの問題に対して、国家商工業総局の副局長である劉俊臣は「商標の占拠登録もわれわれにとって悩む問題であり、現在のところは、商標の使用情況を法律範囲以内に組み入れることについて研究している」と語っていた。

 

出所:科技日報

无标题文档