无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
商務部:1~2月に実際に使用された外資は1394億元で、前年同期比0.5%増
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-03-15 [このページを印刷]    [クローズ]

中新網315日ニュース 商務部のウェブサイトの情報によると、315日、商務部外資司の責任者の紹介によると、12月に全国において新たに外国投資企業8848社を設立し、前年同期比129.2%増加し、実際に使用された外資は1394億人民元で、前年同期比0.5%増加した。

この責任者は、201812月に全国の外資導入は4つの主要な特徴があると指摘した。

新たに開設した企業の増幅は高く、実際に使用された外資は小幅に増加した。12月に全国において新たに外国投資企業8848社を設立し、前年同期比129.2%増加し、実際に使用された外資は1394億人民元で、前年同期比0.5%増加した。

ハイテク制造業は増加の態勢を維持している。ハイテク産業の実際に導入した外資の前年同期比27.9%増加し、占有比率19.5%に達し、ハイテク制造業の実際に使用された外資は145.3億元で、前年同期比89.7%増加した。その中、医薬制造業、電子と通信設備制造業、医療器具設備と計器器具制造業はそれぞれに前年同期比129.6%72.6%321.8%増加した。ハイテクサービス業の実際に使用された外資は127.2億元になった。

中西部地区の外資導入は大幅に増加した。中部地区の実際に使用された外資は110.7億元で、前年同期比35.3%増加し、西部地区の実際に使用された外資は106.2億元で、前年同期比76.3%増加した。

主要投資国のうち、シンガポール、韓国、日本、米国、イギリスなどの投資増幅がわりに高い。12月、主要投資国のうち、シンガポール、韓国、日本、米国、イギリスの実際に投入した金額はそれぞれに前年同期比62.9%171.9%10.2%56.8%10.5%増加した。アセアンの実際に投入した外資金額の前年同期比76.9%増加し、「一帯一路」の沿線国家の前年同期比75.7%増加した。

 

出所:中国新聞網

无标题文档