无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
工信部副部长:5Gと実体経済の深度融合を推進する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-03-21 [このページを印刷]    [クローズ]

中新網北京321日のニュース(記者の劉育英) 中国工業と情報化部副部長である陳肇雄は、5G応用の発展を加速することについて、多業界にまたがる協力を推進し、開放的な産業生態と共同革新クラスタを作り上げ、5Gと実体経済の深度融合を推進し、5Gと交通、医療、環境などの公共サービス領域との融合応用を革新すると語っていた。

中国情報通信研究院とIMT2020(5G)推進チームが共同開催した「開放カップ」5G応用募集コンテスト業界応用検討会は21日に北京で開催し、正式にコンテストのシリーズイベントを起動した。陳肇雄は検討会で上記講演を行った。 

陳肇雄は、5Gは新世代のモバイル通信技術の主要方向として、4Gを基礎にしてモバイル・ネットワークの業務を強め、モノのインターネット業務へ広げ、万物のインターネット、深度融合、変革を引率する発展の新段階に入ると指摘した。今回の5G応用募集コンテストの開催は、全社会に向かって広範に5Gの特色応用を募集し、我が国の5G応用の発展に積極的な影響を与える。

陳肇雄は検討会で3つの提案を提出した。1、地域にまたがる協力を強化し、応用を革新する。多業界にまたがる協力を推進して、開放的な産業生態と共同革新クラスタを作り上げ、5Gと実体経済の深度融合を推進し、5Gと交通、医療、環境などの公共サービス領域との融合応用を革新する。2、政策支持を強化し、応用にサービスを提供する。領域にまたがる標準の戦略的協力を推進し、新興応用領域の法規制度の建設との融合を加速し、各領域情報資源の開放的な応用を促進する。3、試験点の模範作用を強化し、応用を広める。工業インターネット、車ネットワーク、知恵医療などの重点領域において先に試みて、5Gとクラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能などと結び付ける総合ソリューションを探求し、複製でき広めることができる経験と方法を形成する。

今回の業界応用検討会はコンテストシリーズフォーラムの第1駅であり、組織委員会は20183月~4月に続々とを北京、重慶、広州、鷹潭などで都市で無線医療、クラウドVR、車ネットワーク、工業インターネット、モノのインターネットの開源プラットフォームなどのイベントを開催する。(終わり)

 

出所:中国新聞網

无标题文档