无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
松山湖は全国ハイテク区の順位において上位23位に上がった
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-09 [このページを印刷]    [クローズ]

■ 松山湖の鳥観図 松山湖より写真を提供する

 

広深科技革新回廊の建設に協力し、国家科技革新の発祥地を創建する

先日、科技部のたいまつハイテク産業開発センターは2017年度国家ハイニューテク産業開発区の評価(試行)結果を発布し、松山湖ハイテク区の総合的実力は以前の上位26位から上位23位まで上がった。総合的実力の向上は、松山湖が1年以来、革新駆動発展の得た実り多い成果を明らかに示した。

2015年、松山湖ハイテク区は珠江デルタ国家自主革新模範地区の建設に入選された。今のところ、多くの革新要素が園区に集まって、松山湖は東莞の革新駆動発展においてエンジン効果を発揮することは日にはっきりと示している。現在、広深科技革新回廊の10つのコア革新プラットフォームの一つとして、松山湖は全球性科技園区、国家科学技術革新の発祥地になるように努力している。

 

園区のハイテク企業の数量は250社に達した

科技部たいまつセンターの公表したデータによると、松山湖は全国ハイテク区の中で総合順位は上位23位で、全省ハイテク区の中で上位3位で、地級市の中でトップワンに位置した。その中、単項順位はそれぞれ:国際化と全国競争能力は昨年の上位22位から上位15位に上がって、産業アップグレードと構造の合理化能力は上位21位である。2016年、松山湖の総合的実力の順位は上位26位で、総合的実力の向上は、実際には数量化した経済データの向上である。

東莞鉅威動力技術有限会社は園区におけるハイテク企業であり、長年にわたる技術蓄積と市場開拓により、今のところ、鉅威動力はすでに国内における電池管理システムの「ステルスのチャンピオン」になった。2017年、鉅威動力は業績の爆発期を迎えて、販売収入は2億元に達して、2016年の8956万元に比べて123%増加した。2018年、鉅威動力は急速な発展を維持する見込みがある。

2017年、松山湖が国家ハイテク企業という「牛の鼻」をつかんで、国家ハイテク企業の育成は新たなレベルに達して、年間共にハイテク企業145社を申告して、ハイテク企業育成データベース126社を申告し、ハイテク企業の総量は250社に達して、ハイテク企業育成データベース115社で、ハイテク企業の保持量は全市のトップワンに位置した。

同時に、松山湖は「4+1」産業体系をめぐって、強力に研究開発型、本部型企業を発展し、知能装備と生物医薬産業を強くさせ、現代サービス業の発展を加速して、強力に新エネルギーなどの戦略的新興産業を発展して、それぞれに大産業とハイエンド電子情報産業「両者に優劣がない」の生き生きとしている局面を形成している。

東莞市の高レベルの人材として、蒋永東は松山湖で数年間居て、現在のところ、彼の清華東莞革新センターの科学研究プロジェクトは順調に進めている。「米国から松山湖に来て、生態環境それとも創業環境もすべてとても良い。」蒋永東が従事しているのはナノ材料の研究開発であり、松山湖で、彼は迅速に協力企業を見つけて、さらにここで市場ルートを開拓している。同時に、特恵人材激励政策、整っている企業インキュベーション構造と十分な産業化した資本などは、高レベルの人材を引きつけて松山湖に定住する創業革新の優位である。

統計によると、松山湖は現在26社の新型研究開発機関がある。2016年、松山湖は省レベルの人材発展改革試験地域になった。201712月まで、園区は「千人計画」専門家34名、省革新創業将才7名、市革新創業将才60名、市特色人材139名、同時に、オーバドクター研究生の科学研究のプラットフォーム30個を作り上げ、院士と専門家ワークステーション5社、国家と省市エンジニアリング研究センター45個がある。

2017111月、園区は省レベルのインキュベーション3社、省レベルの大衆革新空間4社、市レベルのインキュベーション5社、国家級のインキュベーション8社の見込みがあって、園区のインキュベーション体系は次第に改善している。

去年4月、国雲科技株式有限会社は全国中小企業株式譲渡システムセンターの開幕式を開催して、正式に新三板に上場した。この会社は中国科学院クラウドコンピュータセンターの孵化した初企業であり、未来自主的にクラウドコンピューティングの産業生態を製造する。新三板で上場した後、国雲科技は松山湖の急速発展の軌道に入った。

2017年、園区は6社の新三板企業、4社の東莞市上場予備企業が新たに増やした。現在のところ、園区は上場企業3社、全国株式譲渡システム開業企業26社、市予備上場企業24社があり、全市の首位に位置している。

 

創業革新生態体系は次第に整っている

革新要素が集まる背後で、革新創業生態体系の創建に離れられない。2017年、絶えずサービスを強化し、堅固に新型研究開発機関と孵化器の建設を進め、絶えず科学技術革新体系を建設し、園区の自主的創造能力が著しく向上した。

科技革新政策の環境を合理化し、科学技術資金の発給管理機能を改善し、科学技術プロジェクト、プラットフォームの管理とサービスを強化し、知的所有権のサービス能力を高めて、科学技術の改善プラットフォーム体系を革新して、積極的に重大なプロジェクトとプラットフォームの建設を追跡し、松山湖は科学技術管理とサービス体系を合理化した。

去年、松山湖の第1社の公共実験プラットフォームである運動制御精密測定実験室は正式に開業し、これは園区の初て財政より出資して企業より運営する公共技術サービスプラットフォームであり、今なお実験室はすでに200数回のテストサービスを展開した。園区は運動制御精密測量実験室に頼り、未来においてより多くの公共サービスプラットフォームを建てて、実験室経済を育成して、園区企業のために強力な技術支持を提供する。

革新要素の集まりは金融の支持に離れられない。20179月末まで、園区の各支店はすでに累計で企業のために110.03億元の銀行ローンを提供して、その中で信用貸付17.79億元、ハイテク企業のローンは27.99億元である。区内3社の科学技術支店は園区で企業にローン29.39億元を発給して、その他区外の企業にローン24.34億元を発給して、とても良い放射作用を果たし、科技金融サービスの体系を建て始めた。

20174月、松山湖基金小鎮はスタートした。11月末、松山湖基金小鎮は重大なプロジェクト調印式は開催し、第1陣の30社の基金は正式に基金小鎮に定住し、現場は110億元のプロジェクトを締結した。松山湖基金小鎮は松山湖の地域位置と関連施設の優位に頼り、広東香港マカオの優位資源とマッチングし、「基金チェーン、科技チェーン、産業チェーン、人材チェーン、教育チェーン」の融合を特色基金業生態圏になる。

同時に、園区は積極的に新型研究開発機関の科学技術の成果を導いて転化させる。一方、新型研究開発機関の市場化手段を通して科学技術インキュベーターを創立して、社会資本を取り入れて基金を創立して、科学技術インキュベーターを共同して各類革新大会に参加し、科学技術成果の転化を推進する。一方、新型研究開発機関が自主的にコア技術を導入して直接転化させることを推進する。

革新創業体系の支持に頼り、松山湖の多くの産業は集まりを実現した。例えば、園区のロボット産業は大衆革新集まり式の発展態勢を実現し、2017年、園区のロボットと知能装備産業企業は50余り社が増加し、国家ハイテク企業18社を導入し、ハイテク企業が業界企業を占める比重は25%に達して、平均で4社のロボット企業に1社のハイテク企業がある。

 

新しい革新駆動発展の幕を開く

松山湖の総合的実力の向上は、革新駆動発展の効果を明らかに示すことを除き、今後園区がより大きな重任を担い始めることを意味している。2018年、松山湖は党の第19期代表大会精神を学習、宣伝、貫徹して持続的に深め、広東・香港・マカオ大湾区、広深革新科技回廊の建設のチャンスを取って、革新駆動発展の幕を開く。

東莞市の計画によって、松山湖は広深革新科技回廊の東莞段の建設における2つの革新コアの1つである。松山湖の位置付けについて、東莞市はそれを全球性科技園区、国家科学技術革新の発祥地になるように建設する。総合的実力の向上は、広深科学技術革新回廊の建設に融合することに、松山湖は更に十分な意欲がある。

園区の計画案配はわが市が積極的に広深科学技術革新回廊の建設に融合する支点であり、松山湖片区はわが市の園区の計画案配の先行区である。松山湖は全市の革新コアエンジンとして、週間地帯の町の革新資源を統合して、片区の重大な科学技術のプラットフォームとインフラ共有を推進して、人材、技術、資金、情報などが要素の自由流動、融合を促進して、松山湖片区を広東省国家科学技術産業イノベーションセンターの前衛地区になるように極力努める。

スポーリング中性子源を拠り所にして、東莞は中性子科学城を創建している。中性子科学城の創建過程において、松山湖は「関係の近いものが得をする」の優位を利用して、いくつかのビッグサイエンス装置を実現し、いくつかの研究開発プラットフォーム、いくつかの企業研究開発センターと産業化基地の集まり、スポーリング中性子源のハイエンド最前線技術を本土の企業に注ぎ込んで、戦略的新興産業の発展を動かした。

2018年は党の第19期代表大会精神を貫徹開局の年であり、松山湖は十九大精神を徹底的に実行して園区の実際と結合して、革新を園区の発展する第1動力に引率して、確固不動として革新駆動発展を進める。力を入れてコア技術の掌握、革新成果の転化、革新融合発展において突破を実現するように努力して、十分に松山湖が全市の革新駆動発展における支え性、引率性、模範性の効果を発揮する。広深科学技術革新回廊の建設という歴史上のチャンスを捉えて、強力に発展戦略革新を高めて、松山湖を広深科学技術革新回廊の中部背中、国家科学技術革新の発祥地になるように建設する。

 

出所時間網


无标题文档