无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
去年の東莞電子商通販の取引額は4202億元で、巨頭はみんな来た
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-18 [このページを印刷]    [クローズ]

南城に位置する東莞国際速達便センターの税関監管区で、東莞税関速達便業務監管科のCT機はコンピュータより抜き出された車両に載せた品物を検査している。検査完了後、品物は再度貨車に入れて、通関手続きを終えた後、貨車は施錠され、直接に香港空港へ運送して、飛行機で全世界の各地に運ばれる。

去年の815日から、このような情景は毎日に東莞国際速達便センターで上映している。税関の統計データによると、東莞税関と税関沙田事務所によって出国する多国籍通販の貨物は140億元を上回った。以前、東莞の国内税関が多国籍通販貨物の通関業務を開始する前に、東莞企業の多国籍通販の貨物は広州と深センによって通関しなければならず、大幅に電子商取引企業の時間と物流コストを増加した。

通関環境の改善は東莞電子商取引の生態が日に整っている縮図であり、整っている電子商取引の生態に頼り、東莞は大量な電子商取引の巨頭を引きつけて、電子商取引は東莞の産業発展の新しい運動エネルギーになった。

 

税関は日ごと通関させる電子商取引の貨物は200トンを上回っている

先日に終えた東莞電子商取引連合会の年次例会で、東莞市商務局副局長である黄朝東は、2017年に東莞全市の電子商取引の取引額は4202億元に達して、13.5%増加し、多国籍通販の輸出入額は143億元、680%増加し、東莞郵政の国際速達は8769万件、日ごと28万件で、前年同期比べて23.6%増加したと語っていた。

美しいデータの背後、東莞の電子商取引の生態変化である。

111日、記者は上述の監管区で、税関の従業員はとても忙しいことを見た。積み荷を下ろし、包装箱を開いて、検査して、荷積みして、一連の流れは密接している。多国籍通販の貨物はほとんど東莞税関管理監督する宏遠多国籍通販産業園から来た。

宏遠多国籍通販産業園は去年8月から多国籍通販の輸出業務を運営して、5ヶ月以来、この産業園の電子商取引の貨物量は日ごと10トンから200数トンまで増加して、現在のところ園区はすでに順豊速達、UPSDHLなどいくつかの優良品質の速達会社が園区に定住するように引きつけた。輸出商品は天猫国際、京東ショッピングセンター、唯品会などの大型電子商取引プラットフォームから来て、輸出目的地は欧米、中国香港などの多数の国家と地区を含まれる。

東莞市巴幣電商有限会社は宏遠多国籍通販産業園の速達会社の小包が税関での通関業務を担当している。会社の従業員である劉慧は記者に教えて、業務の高速増加は東莞税関の提した高速通関サービスのおかげである。巴幣電商有限会社の担当する品物は主に香港空港から水上運輸を通して国外に運送し、時間の制御にとても厳しくて、東莞税関は企業のために「365日無休暇」と「電子商取引商品が申告後24時間以内に通関手続きを処理する」という作業モデルを提供して、電子商取引の輸出車両に対して優先処理する。飛行機に間に合わない情況がほとんど現れない。

劉慧は記者に教えて、東莞税関が多国籍通販の通関業務を展開する前に、商品は広州、深センから通関しなければならず、とても便利ではなく、しかも物流コストを増加してしまった。今、東莞から通関でき、非常に便利で、だから業務の発展がとても速い。

 

整っている電子商取引生態チェーンによって、企業が次から次へと東莞でレイアウトする

東莞は商品の供給源という優位を除き、物流、通関、金融などの電子商取引の必要な生態は東莞で急速に発展していて、電子商取引の巨頭を引きつけて東莞でレイアウトする重要な分銅になった。現在のところ東莞はすでに東城、南城、常平、沙田などの4つの多国籍通販通関区、清渓と虎門港の2つの大きな保税区の構造を形成した。去年11月に東莞市ビジネス局は正式に国家商務部に第3陣の国家多国籍通販総合試験地域のリポートを手渡して、全国で東莞特色の多国籍通販の発展する新しいパスを探求することに極力努める。それ以外に、東莞はまた『東莞市の更に電子商取引発展を加速する実施意見』と《東莞市電子商取引特定項目資金の管理方法』を発布して電子商取引の発展を促進する。

整っている発展の生態、電子商取引が次から次へと東莞でレイアウトするように引きつけた。去年、京東は東莞で2つのプロジェクトを配置した。去年1月、京東アジア一号東莞麻湧プロジェクトは正式に施工し始めた。このプロジェクトは電子商取引運営センター、知能物流模範基地、地区仕入れセンター、電子商取引聚集園区および、O2Oモデルの全国第1陣試験点を設立する。未来は総合物流園区になって、注文書生産物流センター、大型の分配センターと大型の運送センターなどの機能がある。京東の計画の中で、ここは東莞電子商取引基地と物流中枢センターを作り上げ、2018年に正式に生産に入る計画がある。

去年825日、東莞市役所と京東グループは戦略的協力協議を締結して、京東電子商取引、知能製造、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどの領域において東莞と全面的協力を展開して、東莞を京東の未来における南方配置核心と利潤センターに建設する。

電子商取引の巨頭であるアリババは、以前すでに多数プロジェクトの基礎で、去年2月、東莞市役所とアリババは電子商取引の建設について正式に協力枠組み合意を締結した。合意によって、双方は多国籍通販、企業与信、展会O2O、「重鎮出撃」、立体化した電子商取引、電子商取引ブランドの建設、淘宝大学育成訓練学院、およびクラウドコンピューティングとビッグデータなどの8つの方面で協力を展開する。

 

電子商取引の発展は東莞の在来産業を作り直す

巨大な製造企業群体、整っている産業チェーン、強大な物流配送能力、優良品質の経営環境、これはインターネットの巨頭が東莞市場を奪い合う主要な原因である。これらの巨頭のがしきりに値上げすることに従って、東莞インターネット産業の発展を推進しただけではなく、いくつかの在来産業も作り直されている。

文華製衣工場は改革開放後の東莞第1陣の中国と外国の合弁企業であり、1985年に東莞厚街で創立された。現在のところはすでに開発、設計、生産、運営を一体化した専門のワイシャツ生産会社になった。

ここ数年来、この会社は「インターネット+」のモデルチェンジアップグレードすることに力を尽くして、効果が良い。会社の関連責任者は記者に教えて、工業4.0インテリジェント化の生産を方向誘導にして、自主的に自動紙様子生成システムとAPP特許制定システムによって、みごとに大規模生産の産業化発展を実現した。所属する「BILANG比朗」メンズファッションは、関連システムによって、服装DIYのためにO2Oマーケティングを行って強大なシステム支援を提供し、消費者のために個性化した自主的に設計するメンズファッションネットショッピングセンターを提供して、オンラインとオフラインの融合サービスを提供する。

常平に位置する東莞市聖旗路ファッション有限会社(以下は「聖旗路」という)は、国内販売を開拓するため、PC端、モバイルサイドと実体店鋪などのたくさんの複合モデルで販売する以外、また聚美という電子商取引プラットフォームを建設し、「東莞製造」の服、靴、かばんなどの製品を販売している。

会社の責任者は記者に教えて、聖旗路は主にOEM業務を行い、聚美は聖旗路の全力で製造する電子商取引の創業一体化したプラットフォームであり、服装、靴類、革製品などの製品を経営して、自主的な研究開発のプラットフォームを持っている。オンラインですでに1000社の供給商が駐在している。

東莞で、文華と聖旗路のような電子商取引に頼り発展する会社がたくさんあって、たとえば広東都市麗人、すでに唯品会の下着ブランドの第1位と重点的大型戦略商店になった。

 

出所:南方日


无标题文档