无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
厚街展示会産業は2018年にすでに36場を確定し10日ごとに1場が開催する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-19 [このページを印刷]    [クローズ]

近日、筆者は広東現代国際展覧センターから聞かれて、2018年厚街展覧計画は発布され、現在のところでは36プロジェクトは展覧期間を決めた。その中の5つのプロジェクトは北京から厚街に「移動」して開催し、世界レベルの有名展を含んで、今年の厚街鎮の展覧はたくさん新しいハイライト、輝点を加えた。

聞くところによると、今年新たに増加する5つの展覧の中で、5月に開催する北京・エッセン溶接と切断展覧会(以下は「エッセン溶接展」という)は、全世界の2つの大きな専門展覧の1つであり、国内の同類展覧中で第1に位置している。その時国内外の千社近くの企業が展示に参加し、世界の機械製造、自動車製造、鉄道機車、石油パイプ、船舶、航空・宇宙など業界の最新溶接、切断技術を展示する。

注目するのは、エッセン溶接展は中国機械工学溶接分会、中国溶接協会、中国溶接協会溶接設備分会、ドイツ溶接学会、ドイツエッセン展覧会社が共同開催し、現在のところの世界で最も権威のある2つの大きな専門展の一つ(ドイツエッセン溶接と切断展覧会に次ぐ)であり、我が国の一番早い対外合作の工業展覧会である。2002年から北京で「双年展」を開催し、上海で「単年展」を開催し、現在のところはすでにみごとに22期開催した。ピーク期、展覧規模は10万㎡に達して、展示台は5200余りを設けた。これは初めての「南下」して展覧を開催し、全世界の第2大の印刷展示会が北京から南下して厚街で開催したあと、もう1つの全世界の第2大専門展が首都から厚街で開催する。

9月に開催する2018(東莞)中国国際金属成形展覧会は、本部が北京に位置する中国鍛造型押協会が主催して、前回は北京あるいは上海で開催し、南方市場を開拓するため、今年初めて厚街鎮に移動して試行する。同様に北京からの中国原子力協会も厚街で原子力展を開催して、以前、当該協会はよく海外で原子力展を開催し、今年初めての厚街を選定して国内で原子力展を開催する。同様に北京で展覧機関の催したのは2018中国国際自動車元工場アップグレード車積展覧会があり、聞くところによるとこの展示会は北京ですでに影響力があった。それ以外に、新たに増加する展覧プロジェクトは第2期環球磁気電磁覧会即ち第2期環球電源トランスがと線巻展覧会、第2期環球磁性部品と生産設備展覧会が含まれる。。

今年の厚街鎮「年始めの第1展」は依然として316日~20日に開催する「中国家具業界年始め第1展」の名家具展である。この第39期の全球前三大専門家具展、今期の展覧規模は77万㎡、新しい事態、新しい突破を実現する。展示場所の供給が需要に追いつかない現状を解決するため、組織委員会は独立だ大店ブランド街、3号館広場で特色コーナーを設置する方法によって、もっと多くの優秀なブランドと融合して展示に参加して、この展会のためにもっと多くの新鮮血液を注ぎ込む。

 

出所:南方


无标题文档