无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
国産携帯電話の国内販売量は267000000台に達し、アイフォン、サムスンをはるかに上回った
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-24 [このページを印刷]    [クローズ]

「青緑兄弟」と言われた東莞「現地」2つの携帯電話ブランドであるOPPOvivoは去年における売上高はアイフォン、サムスンなどの国際実力者を上回って、この2社の総販売量はサムスンの国内販売量の14倍、アイフォンの3倍に相当している。

 

 

国内のスマートフォンの6割は東莞製造

そろそろ年末になって、各市場調査研究機関は携帯電話メーカーの「成績簿」を次第に発表し始める。20日、記者は国際調査機関であるGFKから聞かれて、東莞製造の携帯電話ブラントであるファーウェイは1.02億台の販売高をもって2017年中国携帯市場の首位になって、東莞の本土ブランドであるOPPOvivoはその次になった。

このランキングにおいて、OPPOvivoは東莞現地の携帯電話企業であり、ファーウェイとジオニーは東莞で大型の生産基地を設立していて、そのため、当該4社の企業はみんな東莞製造の携帯電話ブラントと総称されている。統計によると、当該4社の総販売量は2.67億台で、60%を占めていて、つまり国内市場で10台のスマートフォンに6台は東莞製造である。

更にデータを分析して、ファーウェイは去年において中国市場での販売量は累積で1.02億台で、この中にオーナーが含まれている。全体の販売シェアは22.82%で、2016年の次に、首位を保持してきた。OPPOの販売量は7756万台で2番目に位置していて、3番目はvivoであり7223万台になって、アイフォンとシャオミはその次である。

評論によると、「青緑兄弟」と言われたOPPOvivoの販売高は併せて1.5億台近くで、その所属する「歩歩高係」は業界の親分である。同時に、この販売量はサムスンの14倍、アイフォンの3倍に相当している。

 

 

去年において東莞のスマートフォンの営業収入は28%増加した

ここ数年来、東莞スマートフォンは国内市場において急激に発展し、国際市場においても同様にすばらしい。データによると、全世界において5台のスマートフォンに1台は東莞製造である。

業界の観察者からみると、国産携帯電話は急速に市場を占領するのは技術の進歩に離れられない。再度の科学技術革命が開始することに従って、ファーウェイ、OPPOvivo、ジオニーなどの国産スマートフォンの技術は絶えず革新していて、曲面スクリーン、全セラミック機体、両ウェブカメラなどの外観形態からモジュール化、高速充電、超音波の指紋識別などの技術突破まで、東莞携帯電話はハイエンド化へ進むのは大局の赴くところである。

スマートフォン産業の発展に頼り、東莞ではファーウェイ系工業企業と歩歩高系工業企業この2つの「千億ランク」のビッグマックが決起していて、ここ数年来、産業の「星しか見えず、月が見えない」という局面を変えて、製造生態がいっそう合理化になって、改善し続けている。

更に重要なのは、スマートフォン産業の急激発展は東莞という製造業都市の足どりを加速している。

 

 

先日、東莞「両会」で発表した『東莞市政府活動報告』によると、去年において東莞全市の生産総値は7580億元を実現した見込みがあり、同時期と比べて8.2%ぐらい増加し、全国全省を上回って、4年近くの最高値になった。東莞の5つの支柱産業には4つが二桁増加を実現した。去年のスマートフォンの販売高は3.56億台で、主要業務の収入は28%増加し、ファーウェイ、OPPOvivoの販売高は全世界のトップ6に位置している。

 

2017年中国スマートフォン市場のランキング

 

ブランド

販売高(万台)

1

ファーウェイ(オーナーを含む)

10255

2

OPPO

7756

3

VIVO

7223

4

アイフォン

5105

5

シャオミ

5094

6

メイズ

1681

7

ジオニー

1494

8

サムスン

1107

9

百立

467

10

レノボ

179

11

その他

4583

 

総計

44944

 

出所:南方日


无标题文档