无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
新疆図木舒克市と広東紡織服装産業チェーン企業との座談交流会が行われた
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2018-01-09 [このページを印刷]    [クローズ]

20171228日午後、新疆図木舒克市と広東紡織服装産業チェーン企業との座談交流会が行われた。広東前指駐師市アシスタントキャプテン、図木舒克市の副市長である寧康は図木舒克市の投資環境を紹介し、あとで関連要員は最新の優遇政策を紹介した。

調査によると、2017年に図木舒克市の生産総値は82.3億元を実現すると予想して、同時期と比べて10.3%増加した。市街区の固定資産投資は52億元を完成すると予想して、同時期と比べて21.5%増加した。

寧康の表示によると、図木舒克市は「発展を最重要に、投資本位、工業を最優先に、企業誘致を重んじる」という仕事理念を堅持して、絶えずに園区のインフラを完備させ、園区の総合支持力を高めて、持続的に企業を誘致し資金を導入するサービス仕事をしっかりと行って、産業の発展環境を合理化させ、三大主導産業を蛇口にして、三大関連産業を支持にして、四大育成産業を遠景にして、積極的に現代工業産業体系を作り上げる。その中、図木舒克市は強力に三大主導産業の発展を支持して、重点的に紡織(混紡を含む)、化学繊維、織り布、編み織、染色、家庭用紡績品、既製服を一体化した紡織服装の産業チェーンを発展する。

寧康は、図木舒克市役所はこれから紡織アパレル産業の発展をめぐって、より多くの優遇政策を発布し、より多くの紡織服装企業が図木舒克市に定住するように励まして、みんながより多くの利益を儲ける同時に、産業発展により就業を動かして南疆地区の人民生活を改善する目的を果たすと語っていた。

 

出所時間網


无标题文档