无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞で百社近くの無人機の研究開発と製造企業が集まり、無人機協会を創立する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-25 [このページを印刷]    [クローズ]

先日、東莞市無人機協会準備活動の記者会見が東莞水郷国際科技革新センターで行われた。記者は聞かれて、東莞が無人機協会を創立する予定で、無人機業界機関と先導企業と共同して、無人機の設計、研究開発、ブランド創建と応用精度の要求を増大して、共に無人機事業の発展を進める。

 「東莞は中国の‘製造の都’であり、実力のある無人機の研究開発の基礎と生産能力を持っていて、すでに百社近くの無人機研究開発と製造に関する企業が集まった」と東莞市無人機協会準備活動グループのリーダー、翼航東昇東莞航空実業グループ有限会社の代表取締役である李旭紅の紹介によると、現在のところ、我が国の無人機産業はすでに盛んになっていて、軍用、民間用の無人機技術応用市場は絶えず拡大している。今回のいくつかの無人機先導企業は東莞市で無人機協会を創立するのは、業界の凝集力、地区優位を発揮して、資源を統合して、科学技術の創造能力を高めて、軍民融合産業の発展を促進して、東莞地区ないし広東・香港・マカオ大湾区の航行産業の手本を創建し、無人機業界における技術、人材と市場の発展交流のプラットフォームを創建して、共に無人機事業の発展を進める。

聞くところによると、東莞市無人機協会(準備中)の各メンバー企業・事務所は無人機システムからの関連設計、研究開発と生産企業から構成され、その製品が軍隊と警察のパトロール、電力パトロール、農業植物保護、環境サーベイ、国土測量と製図、森林護衛などの各業界において幅広く応用されている。今後、協会は積極的にパトロール及び航行産業のアップグレードを促進して、地区の産業凝集力のコア優位を十分に発揮して、無人機知能領域の革新を引率して、無人機院士ワークステーションと無人機科学技術研究院を創立する予定がある。

 

出所時間網


无标题文档