无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
「東莞製造」は南アフリカの家々に入った
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-25 [このページを印刷]    [クローズ]

広東省商務庁は先日に海外一流商品展示即売センターの育成プロジェクトの名簿を公表した。広東省の入選企業は4社であり、東莞商品南アフリカ展示即売センターは東莞が唯一に入選された「一帯一路」、「歩いて出て行って、導入してくる」の海外育成プロジェクトである。

東莞商品南アフリカ展示即売センターは20167月初めに正式に運行営業し始めた。このセンターの運営側は東莞莞非実業投資有限会社であり、20159月に創立され、東莞市環彩技術輸出入貿易有限会社と南アフリカ富来登国際貿易有限会社より共に投資して創設された会社である。

南アフリカの商人にとって、中国市場を了解するには東莞から始める。ここ10年来、東莞製造は南アフリカ市場で突然新たに現れた。「南アフリカ市場の購買力はアフリカその他国家をはるかに上回って、同時に製品に対する品質要求もより高い」と東莞莞非実業投資有限会社(以下では「莞非実業会社」という)の代表取締役である方錫波が表して、「東莞製造の製品は南アフリカ人の好評を受け、東莞製造は中国優質製品の代名詞になって、華為、歩歩高携帯電話はその代表である」と語っていた。

 

 

方錫波は表して、現在のところの莞非商品センターは全部で6社の支店あり、南アフリカのヨハネスバーグ、ダーバン、プレトリア 、ポロクワネなどの大都市に分布され、総面積は合計で1万㎡である。既に50社の東莞企業が進駐して、唯美陶瓷、玉蘭壁紙、華爾泰アルミプラスチック板、以純服装、百分百電気などの中国有名ブランド企業で、展示する製品は家具、イルミネーション、建築材料、自動車部品、服装、おもちゃ、靴・かばんなどが含まれる。

莞非商品センターの創立は、東莞製品がこのプラットフォームに頼り南アフリカの家々に入った。南アフリカで、莞非会社は莞非商品センターに頼り、ヨハネスバーグ、ダーバン、プレトリア 、ポロクワネなどの6つの都市支店の物流、送達とアーフタサビスなどの資源をもって、ネット商とオンライン・オフラインの協力を展開している。2017年、展示即売センターの売上高は2000万ドルを突破した。

莞非商品センターは広東企業「歩いて出て行く」に協力する以外、広東の知恵製造業の成果をアフリカへ輸出して、南アフリカの優良商品の資源を「導入してくる」。現在のところ、莞非商品センターのプラットフォームを通して、南アフリカの優良資源、例えば材木、海洋漁業製品、果物、赤ワインなどの製品は続々と広東へ輸入している。

 

出所:東莞開放型経済試点探索


无标题文档