无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
易事特はベトナムの太陽光発電製造資産を買い付ける予定がある
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-18 [このページを印刷]    [クローズ]

■易事特電源株式有限会社の生産ライン

 

5カ月近く営業停止した後に近日に上場復帰し、グローバル化太陽光発電産業チェーンのレイアウトを加速する

海外資産の買付と更生のために5カ月近く営業停止した東莞上場企業である易事特は先日に上場復帰した。

129日、易事特は公告を発表して会社取締役会の第13回会議では『<易事特グループ株式有限会社の重大資産買付報告書()(改正案)>及びその要旨についての議案』などの議案を通過して、会社は29億元の現金で寧波江北宜則新エネルギー科学技術有限会社の100%株権を買い付ける予定である。寧波宜則生産基地はベトナムに位置していて、その2社の子会社であるベトナム太陽光発電およびベトナムバッテリーはベトナムないし東南アジア地区において規模のわりに大きな太陽光発電システム及び太陽光発電バッテリーを生産する企業であり、主要な取引先は全世界知名な太陽光発電メーカーである。

 

グローバル化のレイアウトを加速する

今回の買い付けた標的である寧波宜則は太陽能エネルギー業界において有名な企業であり、その子会社であるベトナム太陽光発電の主要業務は太陽光発電モジュールの研究開発、生産、販売であり、現在のところは太陽光発電モジュールの委託加工に従事していて、すでに4.0GW太陽光発電モジュールの設計生産能力をもっていて;もう一つの子会社であるベトナムバッテリーは主に太陽光発電バッテリーの研究開発、生産、販売に従事していて、すでに1.1GWの太陽光発電バッテリーの設計生産能力をもっている。

調査によると、寧波宜則はベトナムで1.1GWバッテリーチップの設計生産能力と4.0GWモジュールの設計生産能力を持ていて、明らかな規模優位がある。易事特は、標的会社の製品構造が豊富で、単結晶バッテリーと多結晶バッテリー、PERC単多結晶バッテリー、ブラックシリコン多結晶バッテリー及び相応する太陽光発電モジュールの生産能力をもっていて、技術からみて、業界においてわりに高い技術レベルをもって、製品の光電気転化効率は業界のトップ水準である。同時に、長年の発展を経て、豊富な海外取引先の資源も蓄積していて、会社の海外業務を開拓するのに利益があって、グローバル化ののレイアウトを加速する。

易事特は国家たいまつ計画の重点的なハイテク企業と全世界の電気エネルギーの品質ソリューションの仕入先であり、国内市場において256取引先センターと7つ地区のサービスセンターを設立して、海外では5つのマーケティングセンターを設立した。現在のところ、易事特は強力に知恵都市とビッグデータ、知恵エネルギー、軌道交通などの3つの戦略新興産業の研究開発、製造とマーケティングとサービスの業務基礎の上で、更に太陽光発電産業チェーンを配置して、会社の太陽光発電業務のアップグレードを促進する。

 

主要業務産業チェーンを合理化させる

易事特グループの代表取締役である何思模は、今回の買付けは易事特が国際化への重要な一里塚であり、易事特の発展にとって意義が重大である。

何思模は指摘して、今回の買付けは会社の国際業務の綜合競争力を強めて、思模が「一帯一路」沿線国家での配置を促進して、そして欧米ハイエンド市場に進出するために頑丈な基礎を築いた。一方、会社の各主要業務の産業チェーンを合理化させた。何思模は表して、買い付けは上場企業を太陽エネルギーのバッテリー板とモジュールの生産販売業務の領域に入って、会社の元からある太陽光発電業務とシナジー効果を形成して、インバータは取引先のためにワンストップシステムのソリューションを提供して、会社の太陽光発電業務の総合的実力の向上に利益がある。

同時に、今回の買付けも易事特が国際新エネルギー技術の交流と生産能力の協力を促進する。易事特は、会社がこれをきっかけにしてこのプラットフォームに頼り、絶えず太陽光発電の国際生産能力との協力を増大して、全世界に自主的に研究開発した高周波スイッチ電源技術、太陽光発電逆変技術、分布式発電技術、知能マイクロ電力ネットと充電杭、蓄積エネルギー技術などの国際的な先進水準のコア技術を輸出して、グローバル化の太陽光発電技術の革命と産業モデルチェンジアップグレードをリードする。その他、今回の買付けも易事特の国際ブランドのコア競争力を高める。

 

出所時間網


无标题文档